“八方美人”に見られているかも? 6つの特徴&抜け出す方法!

コクハク編集部
更新日:2020-11-20 06:00
投稿日:2020-11-20 06:00
 誰だって、「人から嫌われたくない」と思うもの。たとえ、相手が好きな人ではなかったとしても、「良く思われたい」と、つい思ってしまいますよね。しかし、その気持ちが大きくなってしまうと、気づかぬうちに“八方美人”になってしまうことも……。そこで今回は、八方美人に見られる特徴や、抜け出し方についてご紹介します。

八方美人に見られる人の6つの特徴!あなたはいくつ当てはまる?

笑顔で振るまっているけど(写真:iStock)
笑顔で振るまっているけど (写真:iStock)

 周りから、「あの人、八方美人だよね」なんて言われていたとしても、自分が八方美人になっていることに気づいていない人は多いようです。「私は大丈夫」と思っているあなたも、もしかしたら、周りに八方美人のレッテルを貼られているかもしれません。まずは、八方美人にはどんな特徴があるのか、自分自身と照らし合わせてチェックしてみましょう!

1. 本音は言わない

 基本的に八方美人は、「誰からも嫌われたくない」と思って行動しています。そのため、自分の本音は言わない傾向にあるでしょう。

 職場であれば、状況によって本音を隠さけなければいけないこともありますが、八方美人の人はプライベートでもそのスタンスを崩しません。友達や恋人に対しても、本音を言えずにいる人が多いでしょう。

2. 周りの顔色を伺って行動する

 嫌われたくない気持ちが強い八方美人は、とにかく周りの反応に敏感。「自分の悪口を言っているのでは?」「嫌われていないだろうか?」と、常にアンテナを張っています。

 その結果、周りの顔色を伺って行動してしまいます。不機嫌な人がいれば、「なんとかして、機嫌を取り戻させなければ」と、ゴマをするようなこともあるでしょう。

3. 常に誰かと行動する

 最近では、"おひとり様"なんて言葉も当たり前になってきましたが、八方美人はこのおひとり様行動が苦手。孤立することを極端に恐れ、何をするにも誰かと一緒に行動したがります。

 そして、どこに行くか、何を食べるかなども相手に合わせてしまい、自分の意志を持ちません。

誰とも本音で話していない(写真:iStock)
誰とも本音で話していない (写真:iStock)

4. 頼まれごとを断れない

 仕事でもプライベートでも、時には「面倒だな」と思うような頼まれごとをされることがあります。普通の人は時間や心に余裕がある時であれば快く引き受けることができても、そうでない時には「今は、難しいです」と断るものでしょう。

 しかし、八方美人は嫌われたくないあまり、どんなにいっぱいいっぱいの状況であっても引き受けてしまう傾向にあります。

【あわせて読みたい】「私だけ仕事量が多い…」リモートワークでのトラブル回避術

5. 実は親友といえる存在がいない

 常に誰かと行動している八方美人は、一見友達が多そうに見えるでしょう。しかし、実際には常に本音を隠してしまうため、親友と呼べるような存在はいないことが多いです。

 辛いことがあっても本音で相談できる相手がいませんし、さらに相手も自分が親友だと思われていないことに気づいているはず。それゆえ、ピンチの時に助けてくれる存在もいないでしょう。

6. 人を信用していない

 八方美人の人は、常に相手に合わせて行動しています。極端な話、真逆のタイプの相手と接する際には、目の前にいる相手に合わせることになります。

 嫌われたくないからこその行動ではありますが、それにより「相手も、本音で話していないのでは?」と不安になり、人を信用できなくなってしまいます。

八方美人は疲れる…抜け出す3つの方法

新しい世界に踏み出してみては?(写真:iStock)
新しい世界に踏み出してみては? (写真:iStock)

「私も、もしかしたら八方美人になっているかも」と気づいた人の中には、人付き合いに疲れを感じている人もいるのではないでしょうか。「嫌われたくない」という気持ちは分かりますが、本音を隠し続けるというのは、辛く、苦しいものです。その状況から抜け出すためには、あなたが変わるしかありませんよ!

1. 人の目ばかり気にしない

 人付き合いを良好に築いていくためには、時には本音を隠すことも必要です。しかし、常に人の目ばかり気にして意志を持たずに行動していると、自分自身すら見失ってしまうことになるでしょう。

 八方美人から抜け出すためには、まずは人の目を気にしないこと!「嫌われたくない」と思って接するのではなく、「本音の付き合いがしたい」と本気でぶつかれば、相手だってあなたの魅力に気づくはずです。

2. 思ったことは伝えよう

 思っていることを相手に伝えられないのは、本当に辛いもの。もちろん、思ったことすべてを伝える必要はありませんが、意見が求められた時には「どう思われるだろう?」なんて気にせずに、思っていることを伝えましょう。

 あなたの考えが分かれば、相手だって心を開きやすくなります。そうなれば、自然と打ち解けることができるでしょう。

【あわせて読みたい】素直になれないのはどうして…?5つの原因&素直になる方法

3. やりたいことは自ら行動を起こそう

 八方美人の人は、常に誰かの意見に合わせて行動しているはず。常に受け身でいると、楽ではありますが、いくつになっても自立することができなくなってしまいます。

 そこから抜け出すには、自ら行動を起こすことが大切。前から気になっていたこと、興味を持っていた習い事など、この機会にはじめてみると良いかもしれません。

八方美人をやめたら人付き合いがもっと楽になる!

子どものころのように素直な気持ちで(写真:iStock)
子どものころのように素直な気持ちで (写真:iStock)

 八方美人は、「人に嫌われたくない」という思いが行動に出ているにも関わらず、人からは敬遠されがち。人に合わせることに、「疲れてきた」「楽しくない」と感じている人だっているはずです。

 誰からも好かれるというのは理想的ではありますが、嫌われることばかり気にしていると本当の自分自身を失ってしまうことになります。こちらを参考に、八方美人から抜け出して楽しい人付き合いを目指してみませんか?

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...