愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-24 06:00
投稿日:2020-11-24 06:00
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまいている人も多いでしょう。でも実は、愛想がいい女性は意外と人気がないようなのです……。そこで今回は、愛想がいい女性に対する男性たちの本音をご紹介します!

愛想がいい女性ってどんな人のこと?

いつもニコニコしてるけど(写真:iStock)
いつもニコニコしてるけど (写真:iStock)

 愛想がいい女性とは、「人当たりのいい態度の女性」のこと。どんな人にも好意や信頼感を示すので、話していて嫌な気分になる人は少ないはずです。

 でも実は、辞書によると「愛想」の意味の中には、“相手の機嫌をとるために言う言葉や振る舞い”という意味も含まれています。確かに、相手に好かれるためのお世辞やゴマすりなども、愛想を振りまくのと似た意味を持っているため、中には裏の顔を連想してしまう男性も多いのかもしれませんね。

愛想がいい女性はモテない? 男性たちの7つの本音

合わせるのに疲れる(写真:iStock)
合わせるのに疲れる (写真:iStock)

 男性たちは、愛想がいい女性に対してどのような印象を持っているのでしょうか? 本音をチェックしてみましょう!

1. 八方美人な印象

 八方美人とは、「誰からも悪く思われないよう、要領よく人と付き合う人」のことを指します。いつも相手の意見に同調して流されているように見えるため、優柔不断と思われてしまうこともあるようです。

 男性からすると、愛想よく接してもらうことで「気があるのかな?」と気になりつつも、ほかの人にもしているんじゃ……と、信用できないのかもしれませんね。

2. 裏の顔がありそうで信頼できない

 誰からも嫌われないように振舞っている愛想のいい女性は、本当は嫌だと思っていることがあっても相手の意見に同調してしまいます。そのため、「本音がわからない」という印象を持たれてしまうことも。

 そのため、本心では何を考えているのかが想像できず、「裏の顔があるんだろう」と思われてしまいがち。上辺だけの付き合いなら嫌な気にはなりませんが、彼女にするとなると躊躇してしまうようですね。

3. こちらも気を遣うので疲れる

 人間、時には愚痴を言いたくなる時もあるもの。でも、相手から愛想よくされると、こちらも同じ態度で返さないといけない気分になってしまう人も多いのだとか……。

 疲れていても、愚痴が言いたくても、愛想のいい女性の前では本音をなかなか言えないので、一緒にいると疲れてしまうという男性もいるようです。

4. 頭が悪そうに見える

 笑顔にはとても大きな魅力があるのですが、どんな時にも笑顔だと男性によっては「頭が悪そう」というイメージを持つ人もいるようです。人が悩んでいたり、悲しんでいる時などは、相手の気持ちに同調したり、自分の悩みも打ち明けてくれたりする人のほうが、相手に信頼されるのかもしれませんね。

5. 「自分だけ」という特別感がない

 愛想がいい女性に対して、「誰にでも思わせぶりな態度をとる人」と感じてしまう男性も多いようです。ほかの男性にも同じように接する女性の態度を見て、「自分だけではないんだ」と思ってしまい、一気に警戒心が増すのでしょう。

 基本的に、男性は「自分だけは特別」「自分が一番」と感じたい生き物です。多くの中の一人だと感じさせてしまうことで、恋愛対象から外されてしまうこともあるようです。

6. 人間味が少なくて飽きる

 何があってもニコニコしている女性には、喜怒哀楽のほかの部分が見えないことがあります。泣いたり、悲しんだり、怒ったり、悔しがったりといった人間味を感じにくいので、ずっと一緒にいると飽きてしまうという人も……。

 たまには笑顔以外の表情を見せたほうが、「こんな一面もあるんだ!」と、魅力的に映るようですよ。

7. 友達ならいいけど彼女にはしたくない

 愛想がいい女性と一緒にいると、こちらの意見を否定したりしないので、平和的で穏やかで楽しい時間が多くなります。そのため、女友達にするには最高だと感じる男性も多いでしょう。

 でも、彼女にする場合、多くの人に愛想を振りまいて思わせぶりな態度をとらないかが心配になってしまう男性もいるようです。また、深く付き合うことで裏の顔が見えてくることもあるので、彼女にはしたくないと感じてしまう男性も多いのでしょう。

モテない「愛想がいい女性」から「愛される女性」になるには?

守ってあげたくなる弱さを見せる(写真:iStock)
守ってあげたくなる弱さを見せる (写真:iStock)

 誰からも嫌われたくないけど、好きな男性からは愛されたいと思うのであれば、上記でご紹介した男性の本音を参考にすると良いでしょう。「八方美人で信頼できないこと」や「自分だけは違うという特別感を感じられない」というのがモテない理由でしたね。

 そこで、対策として、好きな男性だけには弱い部分を見せてみるのがおすすめ。「自分だけに本音を伝えてくれた」「ほかの人の前では頑張っているけど、本当は弱い部分もあるんだ」と、男性特有の守ってあげたい本能に火をつけることができるかもしれませんよ。

愛想がいい女性は本音や弱さも見せてみるのがおすすめ!

 愛想がいい女性は、基本的には多くの人に好かれます。ただ、恋愛となると「本音」や「自分だけに見せる顔」「喜怒哀楽などの人間味」が大切になってくるようです。

 頑張りすぎず、時には本音や弱さも見せることで、好きな男性からも愛される女性になれることができるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ
いまだに関白宣言?九州出身男性の特徴&好きな女性のタイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の男性についてご紹介します。九州は、福岡...
彼氏が「キスしたい」と思うのはいつ? 6つの瞬間&サイン
 女性にとって、彼氏からの不意打ちのキスは驚きながらも嬉しいものです。しかし、時には「なぜこのタイミングで?」なんて思う...
恋バナ調査隊 2021-01-15 06:00 ラブ
緊急事態宣言中なのに?マッチングアプリの男性に聞いてみた
 首都圏は再び緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられています。そんななかでも、マッチングアプリで知り...
内藤みか 2021-01-14 06:00 ラブ
彼氏の親に結婚の挨拶!女性の印象が決まる9つのポイント♪
 結婚の挨拶は、人生の中でも特に緊張するイベントですよね。どんな服装をしたらいいの? 会話は? 手土産は? と、疑問と不...
恋バナ調査隊 2021-01-14 06:00 ラブ
気を抜いたら…男性がドン引きするデート中の女性の行動とは
 待ちに待ったデート! 当日はお洒落して1%でも可愛い要素をプラスしてカレに会いたいですよね? 私は会う前、ついつい鏡を...
若林杏樹 2021-01-13 06:26 ラブ
恋の始まり!? 女性が思わず“胸キュン”する男性の行動9選
 恋愛対象として意識したことがなかった男性でも、ふとした行動や言葉で、思わず新鮮さを感じて「胸キュン」してしまうことって...
恋バナ調査隊 2021-01-13 06:29 ラブ
出会いはナンパ!他とは比較にならないほどカラダの相性が…
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-12 06:14 ラブ
喧嘩別れするカップルの5つの特徴! 後悔しないためには?
 恋人ができた時、誰も別れることなんて考えないでしょう。しかし、交際を続けていると思いがけないことで喧嘩になり、別れてし...
恋バナ調査隊 2021-01-12 06:00 ラブ
付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します...
恋バナ調査隊 2021-01-11 06:00 ラブ
友人の“恋愛アドバイス”はどこまで聞く? 困った時の考え方
 アドバイスと言う名のダメ出しを食らったことってありませんか? 正しいことを言われているし、欠点は直すべきなんだろうけど...
七味さや 2021-01-11 06:00 ラブ
尽くされる女性の8つの特徴&彼氏にもっと愛される方法♡
 女性の中には、「男性に尽くす女性」と「男性から尽くされる女性」がいます。尽くし続ける恋愛に疲れてしまう女性もいる一方、...
恋バナ調査隊 2021-01-10 06:00 ラブ
頑張りすぎないで…絶対的に愛される“程よい手抜き”のススメ
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。愛されたい、大事にされたいという思いが強ければ強いほど頑張ってしまうものです...
山崎世美子 2021-01-09 06:00 ラブ
幸せだったのに…わずか結婚1年で妻に出て行かれた夫の困惑
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-01-09 06:00 ラブ
離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しまし...
並木まき 2021-01-09 06:06 ラブ