愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-24 06:00
投稿日:2020-11-24 06:00
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまいている人も多いでしょう。でも実は、愛想がいい女性は意外と人気がないようなのです……。そこで今回は、愛想がいい女性に対する男性たちの本音をご紹介します!

愛想がいい女性ってどんな人のこと?

いつもニコニコしてるけど(写真:iStock)
いつもニコニコしてるけど (写真:iStock)

 愛想がいい女性とは、「人当たりのいい態度の女性」のこと。どんな人にも好意や信頼感を示すので、話していて嫌な気分になる人は少ないはずです。

 でも実は、辞書によると「愛想」の意味の中には、“相手の機嫌をとるために言う言葉や振る舞い”という意味も含まれています。確かに、相手に好かれるためのお世辞やゴマすりなども、愛想を振りまくのと似た意味を持っているため、中には裏の顔を連想してしまう男性も多いのかもしれませんね。

愛想がいい女性はモテない? 男性たちの7つの本音

合わせるのに疲れる(写真:iStock)
合わせるのに疲れる (写真:iStock)

 男性たちは、愛想がいい女性に対してどのような印象を持っているのでしょうか? 本音をチェックしてみましょう!

1. 八方美人な印象

 八方美人とは、「誰からも悪く思われないよう、要領よく人と付き合う人」のことを指します。いつも相手の意見に同調して流されているように見えるため、優柔不断と思われてしまうこともあるようです。

 男性からすると、愛想よく接してもらうことで「気があるのかな?」と気になりつつも、ほかの人にもしているんじゃ……と、信用できないのかもしれませんね。

2. 裏の顔がありそうで信頼できない

 誰からも嫌われないように振舞っている愛想のいい女性は、本当は嫌だと思っていることがあっても相手の意見に同調してしまいます。そのため、「本音がわからない」という印象を持たれてしまうことも。

 そのため、本心では何を考えているのかが想像できず、「裏の顔があるんだろう」と思われてしまいがち。上辺だけの付き合いなら嫌な気にはなりませんが、彼女にするとなると躊躇してしまうようですね。

3. こちらも気を遣うので疲れる

 人間、時には愚痴を言いたくなる時もあるもの。でも、相手から愛想よくされると、こちらも同じ態度で返さないといけない気分になってしまう人も多いのだとか……。

 疲れていても、愚痴が言いたくても、愛想のいい女性の前では本音をなかなか言えないので、一緒にいると疲れてしまうという男性もいるようです。

4. 頭が悪そうに見える

 笑顔にはとても大きな魅力があるのですが、どんな時にも笑顔だと男性によっては「頭が悪そう」というイメージを持つ人もいるようです。人が悩んでいたり、悲しんでいる時などは、相手の気持ちに同調したり、自分の悩みも打ち明けてくれたりする人のほうが、相手に信頼されるのかもしれませんね。

5. 「自分だけ」という特別感がない

 愛想がいい女性に対して、「誰にでも思わせぶりな態度をとる人」と感じてしまう男性も多いようです。ほかの男性にも同じように接する女性の態度を見て、「自分だけではないんだ」と思ってしまい、一気に警戒心が増すのでしょう。

 基本的に、男性は「自分だけは特別」「自分が一番」と感じたい生き物です。多くの中の一人だと感じさせてしまうことで、恋愛対象から外されてしまうこともあるようです。

6. 人間味が少なくて飽きる

 何があってもニコニコしている女性には、喜怒哀楽のほかの部分が見えないことがあります。泣いたり、悲しんだり、怒ったり、悔しがったりといった人間味を感じにくいので、ずっと一緒にいると飽きてしまうという人も……。

 たまには笑顔以外の表情を見せたほうが、「こんな一面もあるんだ!」と、魅力的に映るようですよ。

7. 友達ならいいけど彼女にはしたくない

 愛想がいい女性と一緒にいると、こちらの意見を否定したりしないので、平和的で穏やかで楽しい時間が多くなります。そのため、女友達にするには最高だと感じる男性も多いでしょう。

 でも、彼女にする場合、多くの人に愛想を振りまいて思わせぶりな態度をとらないかが心配になってしまう男性もいるようです。また、深く付き合うことで裏の顔が見えてくることもあるので、彼女にはしたくないと感じてしまう男性も多いのでしょう。

モテない「愛想がいい女性」から「愛される女性」になるには?

守ってあげたくなる弱さを見せる(写真:iStock)
守ってあげたくなる弱さを見せる (写真:iStock)

 誰からも嫌われたくないけど、好きな男性からは愛されたいと思うのであれば、上記でご紹介した男性の本音を参考にすると良いでしょう。「八方美人で信頼できないこと」や「自分だけは違うという特別感を感じられない」というのがモテない理由でしたね。

 そこで、対策として、好きな男性だけには弱い部分を見せてみるのがおすすめ。「自分だけに本音を伝えてくれた」「ほかの人の前では頑張っているけど、本当は弱い部分もあるんだ」と、男性特有の守ってあげたい本能に火をつけることができるかもしれませんよ。

愛想がいい女性は本音や弱さも見せてみるのがおすすめ!

 愛想がいい女性は、基本的には多くの人に好かれます。ただ、恋愛となると「本音」や「自分だけに見せる顔」「喜怒哀楽などの人間味」が大切になってくるようです。

 頑張りすぎず、時には本音や弱さも見せることで、好きな男性からも愛される女性になれることができるはずですよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ