男性が女性に冷める7つの瞬間! 可愛い彼女でいるためには?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-28 06:00
投稿日:2020-08-28 06:00
 あんなにラブラブだったのに、なんだか急に冷たくなった彼。「自分では何をしたのかわからない……」そんな時、もしかしたら彼のあなたに対する気持ちが冷めてしまっているかもしれません。
 そこでここでは、男性が女性に冷める理由をご紹介します。知らないうちに彼の気持ちが冷めるような行動をしていないか、あらためて見つめ直してみましょう。

男性が女性に冷める7つの瞬間

100年の恋も冷めるNG行動とは(写真:iStock)
100年の恋も冷めるNG行動とは (写真:iStock)

 好きな人であれば、多少嫌なことがあっても許せるものでしょう。しかし、あまりにも度を越える言動や行動は、男性の気持ちを冷めさせることにもなりかねません。

 そこで、男性が女性に冷める瞬間を見ていきましょう。後悔につながらないよう、しっかりチェックしてくださいね。

1. 言葉遣いが悪い

 好きな女性が汚い言葉遣いや乱暴な物言いをしているのを見て、好感を持つ男性はいないでしょう。最初からわかっていて、それでも好きだと思ってくれる男性であれば良いですが、多くの男性はこれを可愛いとは思わないはずです。

 男性は見た目だけでなく、中身も可愛らしい女性に惹かれます。彼にとって可愛い彼女でいたいなら、言葉遣いに注意して話しましょう。

2. 束縛が強い

 男女ともに言えることですが、相手に対しての束縛が強すぎると嫌悪感を抱かせる原因となります。多少の束縛は「愛されてる!」と嬉しい気持ちにもなりますが、常に「今、どこにいるの?」「誰といるの?」と縛ってしまうと、どんどん彼を追い込む結果になりかねません。

 特に、仕事中の連絡には要注意。忙しい時期に頻繁に連絡をしたり、仕事相手が女性なだけでヒステリックになったりしては、男性もウンザリして浮気心が生まれてしまうかもしれません。彼のことを信じてどっしりと構えているくらいの方が、彼にとっての「自慢の彼女」になれるはずです。

3. マナーが悪い

 お付き合いをしていると、一緒に食事に行ったり、お互いの友達や家族に紹介したりする機会は増えるでしょう。そんな時、食事のマナーが悪かったり、きちんと挨拶ができなかったりすると、彼の気持ちが一気に冷めてしまう理由になります。

 人は、第一印象でその人のイメージが決まってしまうもの。マナーの良い女性は、「これなら自信を持って親に紹介できる」と、彼に思ってもらいやすくなります。わからないマナーについてはネットなどで調べればすぐに知ることができるため、実践して彼に一目置かれる存在になりましょう。

ポチりすぎにも要注意(写真:iStock)
ポチりすぎにも要注意 (写真:iStock)

4. だらしない

 最初は可愛いと思ったのに、付き合ってみたら「食事の仕方が汚い」「時間にルーズ」「見た目を気にしなさすぎる」など、何事にもだらしない性格だった……ということだと、男性は一気に冷めてしまいます。

 男性は、女性に清潔感を求めています。どんなに容姿端麗でも部屋がゴミ屋敷のようだと、百年の恋も一気に冷めてしまうでしょう。当然ながら、将来を考える対象にはなりません。彼の心を離したくないのであれば、そのような生活習慣を見直してみることも大切です。

5. お金遣いが荒い

 上述した「だらしなさ」にもつながりますが、お金の使い方についても、男性は意外と見ています。普段から高価な物ばかりねだられたり、食事はいつも外食……など、お金のかかる女性は敬遠されがち。

 男性の収入が高かったとしても、金遣いが荒ければすぐに底をついてしまいます。生活を脅かす存在になりかねないため、将来を考える気持ちにはならないのではないでしょうか。

 おねだりするのは、誕生日やクリスマスなど何か記念日になるような時に取っておいて、普段は一緒に料理を作ったり、割り勘でお支払いをするなど、共同で何かを行う習慣をつけると良いかもしれません。

6. 男性への依存心が強い・重い

 ラブラブなのは良いことですが、彼に対しての気持ちや言動が強く依存しすぎると、「重い」と思われてしまいます。いつでもどこでも彼のことを考えて、身の回りの世話やプライベートまで踏み入ると、彼の気持ちが冷める可能性があるので要注意。

 いつも一緒にいる仲でも、良い距離感を保ちながらお互いの気持ちに接することも大事です。彼にとって重い女性にならないよう、自分の時間も大切にするようにしましょう。

7. 元カレの話をする

 何でもオープンにして包み隠さず付き合うのはいいことですが、元カレの話をベラベラと話すのはNGでしょう。過去の恋愛話を聞きたい男性も中にはいるかもしれませんが、基本的に男性は過去の男性遍歴を聞きたがらないものです。

「自分を知ってほしい」という気持ちから悪気なく話してしまうと、一気にあなたへの恋心が冷めてしまうかもしれません。もしも聞かれたら、軽く触れる程度でOKです。彼の気持ちを自分に置き換えて、話すようにしましょう。

男性が冷めるポイントを掴んで可愛い女性でいよう♪

いつまでも愛される女性になろう(写真:iStock)
いつまでも愛される女性になろう (写真:iStock)

 ちょっと前まではラブラブだったのに、彼が急に冷たくなった……そんな時は、あなたの行動に問題があるのかもしれません。

 相手の価値観にもよりますが、「自分に合う女性かな?」「将来、親に紹介できるかな?」と、男性は意外と女性の行動をチェックしているもの。彼の優しさや愛情にあぐらをかかず、言葉遣いやマナー、依存心やお金の使い方を見直したり、自分磨きをして、彼に心から愛される可愛らしい女性になりましょう♪

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ