男性が女性に冷める7つの瞬間! 可愛い彼女でいるためには?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-28 06:00
投稿日:2020-08-28 06:00
 あんなにラブラブだったのに、なんだか急に冷たくなった彼。「自分では何をしたのかわからない……」そんな時、もしかしたら彼のあなたに対する気持ちが冷めてしまっているかもしれません。
 そこでここでは、男性が女性に冷める理由をご紹介します。知らないうちに彼の気持ちが冷めるような行動をしていないか、あらためて見つめ直してみましょう。

男性が女性に冷める7つの瞬間

100年の恋も冷めるNG行動とは(写真:iStock)
100年の恋も冷めるNG行動とは (写真:iStock)

 好きな人であれば、多少嫌なことがあっても許せるものでしょう。しかし、あまりにも度を越える言動や行動は、男性の気持ちを冷めさせることにもなりかねません。

 そこで、男性が女性に冷める瞬間を見ていきましょう。後悔につながらないよう、しっかりチェックしてくださいね。

1. 言葉遣いが悪い

 好きな女性が汚い言葉遣いや乱暴な物言いをしているのを見て、好感を持つ男性はいないでしょう。最初からわかっていて、それでも好きだと思ってくれる男性であれば良いですが、多くの男性はこれを可愛いとは思わないはずです。

 男性は見た目だけでなく、中身も可愛らしい女性に惹かれます。彼にとって可愛い彼女でいたいなら、言葉遣いに注意して話しましょう。

2. 束縛が強い

 男女ともに言えることですが、相手に対しての束縛が強すぎると嫌悪感を抱かせる原因となります。多少の束縛は「愛されてる!」と嬉しい気持ちにもなりますが、常に「今、どこにいるの?」「誰といるの?」と縛ってしまうと、どんどん彼を追い込む結果になりかねません。

 特に、仕事中の連絡には要注意。忙しい時期に頻繁に連絡をしたり、仕事相手が女性なだけでヒステリックになったりしては、男性もウンザリして浮気心が生まれてしまうかもしれません。彼のことを信じてどっしりと構えているくらいの方が、彼にとっての「自慢の彼女」になれるはずです。

3. マナーが悪い

 お付き合いをしていると、一緒に食事に行ったり、お互いの友達や家族に紹介したりする機会は増えるでしょう。そんな時、食事のマナーが悪かったり、きちんと挨拶ができなかったりすると、彼の気持ちが一気に冷めてしまう理由になります。

 人は、第一印象でその人のイメージが決まってしまうもの。マナーの良い女性は、「これなら自信を持って親に紹介できる」と、彼に思ってもらいやすくなります。わからないマナーについてはネットなどで調べればすぐに知ることができるため、実践して彼に一目置かれる存在になりましょう。

ポチりすぎにも要注意(写真:iStock)
ポチりすぎにも要注意 (写真:iStock)

4. だらしない

 最初は可愛いと思ったのに、付き合ってみたら「食事の仕方が汚い」「時間にルーズ」「見た目を気にしなさすぎる」など、何事にもだらしない性格だった……ということだと、男性は一気に冷めてしまいます。

 男性は、女性に清潔感を求めています。どんなに容姿端麗でも部屋がゴミ屋敷のようだと、百年の恋も一気に冷めてしまうでしょう。当然ながら、将来を考える対象にはなりません。彼の心を離したくないのであれば、そのような生活習慣を見直してみることも大切です。

5. お金遣いが荒い

 上述した「だらしなさ」にもつながりますが、お金の使い方についても、男性は意外と見ています。普段から高価な物ばかりねだられたり、食事はいつも外食……など、お金のかかる女性は敬遠されがち。

 男性の収入が高かったとしても、金遣いが荒ければすぐに底をついてしまいます。生活を脅かす存在になりかねないため、将来を考える気持ちにはならないのではないでしょうか。

 おねだりするのは、誕生日やクリスマスなど何か記念日になるような時に取っておいて、普段は一緒に料理を作ったり、割り勘でお支払いをするなど、共同で何かを行う習慣をつけると良いかもしれません。

6. 男性への依存心が強い・重い

 ラブラブなのは良いことですが、彼に対しての気持ちや言動が強く依存しすぎると、「重い」と思われてしまいます。いつでもどこでも彼のことを考えて、身の回りの世話やプライベートまで踏み入ると、彼の気持ちが冷める可能性があるので要注意。

 いつも一緒にいる仲でも、良い距離感を保ちながらお互いの気持ちに接することも大事です。彼にとって重い女性にならないよう、自分の時間も大切にするようにしましょう。

7. 元カレの話をする

 何でもオープンにして包み隠さず付き合うのはいいことですが、元カレの話をベラベラと話すのはNGでしょう。過去の恋愛話を聞きたい男性も中にはいるかもしれませんが、基本的に男性は過去の男性遍歴を聞きたがらないものです。

「自分を知ってほしい」という気持ちから悪気なく話してしまうと、一気にあなたへの恋心が冷めてしまうかもしれません。もしも聞かれたら、軽く触れる程度でOKです。彼の気持ちを自分に置き換えて、話すようにしましょう。

男性が冷めるポイントを掴んで可愛い女性でいよう♪

いつまでも愛される女性になろう(写真:iStock)
いつまでも愛される女性になろう (写真:iStock)

 ちょっと前まではラブラブだったのに、彼が急に冷たくなった……そんな時は、あなたの行動に問題があるのかもしれません。

 相手の価値観にもよりますが、「自分に合う女性かな?」「将来、親に紹介できるかな?」と、男性は意外と女性の行動をチェックしているもの。彼の優しさや愛情にあぐらをかかず、言葉遣いやマナー、依存心やお金の使い方を見直したり、自分磨きをして、彼に心から愛される可愛らしい女性になりましょう♪

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ