【LINEのNGパターン実例集】既読スルーが続く理由3つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-27 06:00
投稿日:2020-10-27 06:00
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてことありませんか? 連絡手段としてはとても便利なLINEですが、場合によっては相手との距離を広げてしまうことにもなりかねません。「人の振り見て我振り直せ」……ということで、今回は恋の終わりを招くLINEのNGパターンをご紹介します。

LINEのNGパターン…盛り上がらないのはなぜ?

質問が多くてしんどい

 LINEを盛り上げるには、空気を読みながら会話のキャッチボールをすることが不可欠。それなのに、このLINEでは一方的に彼のスケジュールの空いている日を聞き続けています。

 このように似たような質問に限らず、「?」で終わる質問攻めが続けば、彼はうんざりしてしまうでしょう。

長文が重い

 LINEの返信文章が長すぎるのも、LINEのNGパターンです。LINEの良さは、気軽に短く会話をやりとりできること。読みづらい長文のLINEが送られてくると、相手も「重い」と感じてしまうでしょう。

 まずは、軽めのやりとりから始めてみましょう。距離が縮まるまでは、相手のテンションに合わせて会話を楽しみ、共通の趣味や話題を見つけることが先決です。

しつこい挨拶LINE

 ラブラブの挨拶LINEは、恋人同士なら成り立ちますが、そうではない女性から毎日送られてくると「怖い」「しつこい」など、マイナスの感情を持たれてしまいます。また、多くの男性は、「なんて返したらいいの?」と面倒に思ってしまうそう。

 もちろん、駆け引きの一つとして挨拶LINEで好意を印象づける方法もありますが、それも相手の空気を読むことができてこそ使える方法です。

返信を催促されてドン引き

 男性の中には、LINEをあくまで道具的なツールとして捉えている人もいます。仕事に没頭したり、ただ返信を忘れているだけなのに、時間が経ってからLINEを見た時に催促LINEがいっぱい来ていたらドン引きしてしまうでしょう。

 返信がない場合は、まずしばらく時間をあける、そして催促するような内容は返さないことが鉄則です。

つまらない女と思われた…? 既読スルーが続く3つの理由

 未読スルーならともかく、既読スルーが続くと相手の気持ちが気になりますよね。そこで、男性の既読スルーを招いてしまう理由をご紹介します。

1. 忙しくてLINEを返す時間がない

 まず疑うべきは、忙しくて返信する時間が取れない可能性について。これが理由なのかを確かめる方法は簡単! 数日待ってみるのです。少なからず「脈あり」の感情があるのであれば、男性は必ずLINEを返信してくれるはず。

 逆に、数日経っても返信がない場合、あなたに対して脈なしである可能性が高いでしょう。

2. 読んで会話が完結したと思われている

 LINEはそれぞれの都合でいつでも返信できるため、会話の終わり方が難しいところがありますよね。特に男性は、読んで満足してしまったり、話が完結したと思ってしまう人が多い傾向にあります。

 もし最後にした会話が完結したようにも受け取れるLINE内容なら、それは既読スルーにはカウントせず、返答しやすい軽いLINEを再度送ってみると良いでしょう。

3. くだらない内容だと感じて困っている

 LINEから恋愛を発展させたいなら、相手が気軽に返せる文章を送ることが大切です。もしあなたが返答に困る挨拶LINEや重い長文LINEなどを送っているなら、すぐにやめましょう。「くだらない内容」だと感じさせてしまい、既読スルーを招いている可能性も考えられます。

LINEのNGパターンを知って恋を長続きさせよう♡

そのまま送っても大丈夫?(写真:iStock)
そのまま送っても大丈夫? (写真:iStock)

 LINEは相手の顔が見えないので、つい気が大きくなったり、自信のなさから積極的になれなかったりしますよね。でも、事前にLINEのNGパターンを知っておけば、危険を回避することができます。ぜひこの記事を参考にして、恋を長続きさせてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ