【LINEのNGパターン実例集】既読スルーが続く理由3つ

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-27 06:00
投稿日:2020-10-27 06:00
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてことありませんか? 連絡手段としてはとても便利なLINEですが、場合によっては相手との距離を広げてしまうことにもなりかねません。「人の振り見て我振り直せ」……ということで、今回は恋の終わりを招くLINEのNGパターンをご紹介します。

LINEのNGパターン…盛り上がらないのはなぜ?

質問が多くてしんどい

 LINEを盛り上げるには、空気を読みながら会話のキャッチボールをすることが不可欠。それなのに、このLINEでは一方的に彼のスケジュールの空いている日を聞き続けています。

 このように似たような質問に限らず、「?」で終わる質問攻めが続けば、彼はうんざりしてしまうでしょう。

長文が重い

 LINEの返信文章が長すぎるのも、LINEのNGパターンです。LINEの良さは、気軽に短く会話をやりとりできること。読みづらい長文のLINEが送られてくると、相手も「重い」と感じてしまうでしょう。

 まずは、軽めのやりとりから始めてみましょう。距離が縮まるまでは、相手のテンションに合わせて会話を楽しみ、共通の趣味や話題を見つけることが先決です。

しつこい挨拶LINE

 ラブラブの挨拶LINEは、恋人同士なら成り立ちますが、そうではない女性から毎日送られてくると「怖い」「しつこい」など、マイナスの感情を持たれてしまいます。また、多くの男性は、「なんて返したらいいの?」と面倒に思ってしまうそう。

 もちろん、駆け引きの一つとして挨拶LINEで好意を印象づける方法もありますが、それも相手の空気を読むことができてこそ使える方法です。

返信を催促されてドン引き

 男性の中には、LINEをあくまで道具的なツールとして捉えている人もいます。仕事に没頭したり、ただ返信を忘れているだけなのに、時間が経ってからLINEを見た時に催促LINEがいっぱい来ていたらドン引きしてしまうでしょう。

 返信がない場合は、まずしばらく時間をあける、そして催促するような内容は返さないことが鉄則です。

つまらない女と思われた…? 既読スルーが続く3つの理由

 未読スルーならともかく、既読スルーが続くと相手の気持ちが気になりますよね。そこで、男性の既読スルーを招いてしまう理由をご紹介します。

1. 忙しくてLINEを返す時間がない

 まず疑うべきは、忙しくて返信する時間が取れない可能性について。これが理由なのかを確かめる方法は簡単! 数日待ってみるのです。少なからず「脈あり」の感情があるのであれば、男性は必ずLINEを返信してくれるはず。

 逆に、数日経っても返信がない場合、あなたに対して脈なしである可能性が高いでしょう。

2. 読んで会話が完結したと思われている

 LINEはそれぞれの都合でいつでも返信できるため、会話の終わり方が難しいところがありますよね。特に男性は、読んで満足してしまったり、話が完結したと思ってしまう人が多い傾向にあります。

 もし最後にした会話が完結したようにも受け取れるLINE内容なら、それは既読スルーにはカウントせず、返答しやすい軽いLINEを再度送ってみると良いでしょう。

3. くだらない内容だと感じて困っている

 LINEから恋愛を発展させたいなら、相手が気軽に返せる文章を送ることが大切です。もしあなたが返答に困る挨拶LINEや重い長文LINEなどを送っているなら、すぐにやめましょう。「くだらない内容」だと感じさせてしまい、既読スルーを招いている可能性も考えられます。

LINEのNGパターンを知って恋を長続きさせよう♡

 LINEは相手の顔が見えないので、つい気が大きくなったり、自信のなさから積極的になれなかったりしますよね。でも、事前にLINEのNGパターンを知っておけば、危険を回避することができます。ぜひこの記事を参考にして、恋を長続きさせてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ