夫が子供を怒るとなぜかイライラ…隠れた7つの原因&対処法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-11-29 06:00
投稿日:2020-11-29 06:00
 子供が間違ったことや危険につながるようなことをした時、ちゃんと怒ってあげるのは親として当然のことでしょう。しかし、「自分が怒るのはいいけど、夫が子供を怒るとなぜかイライラする」と感じるママは多いよう。なぜ、そんな感情が生まれてしまうのか、原因や対処法についてお届けします。

夫が子供を怒るとイライラするのはなぜ? 7つの原因

なんだかモヤモヤするワケは?(写真:iStock)
なんだかモヤモヤするワケは? (写真:iStock)

 父親が子供のことを怒るのは、ある意味当たり前のこと。頭ではそう分かっていても、なぜか心では割り切れない……そんなふうに感じてしまうのはなぜでしょうか? まずは、原因を探っていきましょう。

1. 普段の子供を知らないのに怒るから

 子供と接する時間は、パパよりもママのほうが多いご家庭がほとんどでしょう。ママは毎日の育児や家事、仕事に奮闘する中で子供の成長を発見し、褒めたり喜んでいるはずです。

 普段の子供の様子を見て、「今はまだできないこと」「頑張ってできるようになったこと」を把握しているからこそ、夫の「まだそんなこともできないのか」「ほかの子はできているのに?」というような言葉に、「何も知らないくせに!」と腹立たさを感じてしまいます。

2. 自分の感情や都合で怒るから

 育児は、自分自身の忍耐力との戦いでもあります。泣きたくても怒りたくても、その感情をグッと堪えて子供と向き合っているママは多いでしょう。

 それなのに、「眠いのに起こされたから」「仕事が進まないから」など、自分の感情や都合で夫が子供に怒っている姿を見ると、「たったそれだけのことで!?」とイライラしてしまうと同時に、夫への不信感が生まれてしまう人もいます。

3. 母親としての防衛本能

 夫が子供を怒るのを見て、「私の子供になに言ってんの!?」と強い怒りが湧いてしまうママもいます。これは、母親としての防衛本能でもあるそう。

 こういった感情が生まれるのは、夫があまり育児に積極的ではないご家庭が多いようです。もはや、他人に子供を怒られるような感情になるという人もいます。

4. 子供の言い分を聞かずに怒るから

 子供にも言い分があるのに、それを聞かずに頭ごなしに怒る夫を見てイライラが募ってしまうママもいるようです。

 たとえ間違っていたとしても、子供なりに一生懸命考えた意見を聞いてあげることは大切なこと。ただただ自分の価値観を押し付けるような夫の姿に、うんざりしている人もいます。

5. 育児に口を出されたくないから

「こんなふうに子供を育てたい」と、理想を掲げて子育てをするママは多くいます。研究熱心な人は育児本などで情報を得て、自分の子育てに反映させているでしょう。

 しかし、夫が全く違った考えであったり、積み重ねてきた育児に関する苦労を水の泡にしてしまうような行動を取る時、「育児に関わらないで」と思うママもいます。

6. 自分が怒られているような気持ちになるから

 生まれてきた子供は、言ってみれば自分の分身のような存在。そんな子供が夫に怒られるのを見ると、自分が怒られているような気持ちになるという人もいるようです。

 また、パパが子供のダメな部分を怒ることで、「普段育児をしているママのせい」と、暗に責められているように感じるという声もありました。

7. 育児への考えが正しいとマウントされるから

 普段、どんなに怒ってもいうことを聞かない子供が、夫が言った一言でいうことを聞く場合があります。そんな時、「こういうふうに怒ったらいいんだよ」なんて、ドヤ顔をする夫は一定数いるはずです。

 夫婦間マウンティングではないですが、「自分はダメなのかな」という悲しい気持ちに併せて、マウントをとってくる夫にさらにイライラしてしまうでしょう。

子供を怒る夫にイライラしない対策方法

子供の話を積極的に(写真:iStock)
子供の話を積極的に (写真:iStock)

 子供を怒る夫を見てイライラしてしまう時、つい言葉や行動で表してしまう人もいますが、それだと根本的な解決にはなりません。そこで、おすすめしたい対策方法をご紹介します。

怒る時のルールを決めておく

「怒る必要がないこと」「怒らなければいけないこと」、そんな線引きはご家庭によってそれぞれでしょう。大切なのは、ママとパパの間でそれが一貫しているかどうか。

「パパは許してくれるのに、ママは許してくれない」だと、子供も混乱してしまいます。そのため、お互いが納得できる「怒る時のルール」を決めておくことをおすすめします。

普段から子供の話を共有する

「子供が生まれてから、夫婦間の会話が減ってしまった」というご夫婦は多いはず。でも、今、子供がどんな状態なのかを共有することは、育児をする上では欠かせないことだと思います。

 そのためには、まず、夫婦での会話を増やしていくことが大切。休日の夜などに、ゆっくり夫婦で過ごせる時間を設けるなど、話をすることを習慣づけるようにしましょう。

どんなに夫にイライラしてもしてはいけないこと

子供だって父親の悪口は聞きたくない(写真:iStock)
子供だって父親の悪口は聞きたくない (写真:iStock)

 最後に、夫にどんなにイライラしたとしても、絶対にしてはいけないことについて頭に入れておきましょう。

子供の前で夫をけなす

 どんな「パパ」であっても、子供にとってはたった一人の大切な父親です。子供の前でパパをけなしてしまうと、「大好きなパパなのに、ママはいつも怒ってる」など、ママへの不信感が生まれてしまうこともありますし、逆に一緒になってパパをけなしたりなど、後に親を尊敬しない子供になってしまうかもしれません。

「夫婦の関係」と「親子の関係」は、イコールではないのです。どんなにイライラしたとしても、子供の前で夫のことを悪くいうことは避けるようにしましょう。

「わかっていない」「知らないくせに」と言わない

 夫に対してイライラした時、つい「なんにもわかっていない」という言葉が飛び出してしまうことってありますよね。これは、普段からママが子育てを頑張っているからこそ、出てしまう言葉でもあると思います。

 でも、夫たちには「伝えないとわからない」のです。「知らないくせに」と言ってしまえば、そこで会話が終わってしまいます。自分がどんなふうに子育てに関して考えているのかをきちんと共有することが、もっとも大切かもしれません。

夫への根本的な不満から目を背けないようにしよう

家族の関係をよりよいものに(写真:iStock)
家族の関係をよりよいものに (写真:iStock)

 夫が子供を怒る内容が正しいことであっても、ママたちは納得できない場合があります。イライラの原因の多くは、「普段、育児や家事に参加していないあなたが言わないで」という不満だったりするからです。

 根本的な部分の改善になってしまいますが、やはり普段からの会話の中でどんなふうに子供を育てたいのか、夫婦間のルールを作っておいたほうが、トラブルが起こった時に納得しやすいでしょう。

産後クライシス」という言葉もあるように、出産後には夫婦の関係性がガラッと変わってしまうことが多々あります。夫のすべてにイライラしてしまう気持ちはわからなくもないですが、そんなことをし続けていたら家庭が崩壊してしまうかもしれません。

 パパはママの大変さを、ママはパパの威厳を、お互いに尊重できたらもっと関係性がよくなるはずです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...
結婚式のご祝儀のマナーは? 相場・書き方・渡し方まで解説
 友人や親族の結婚式にお呼ばれされたはいいものの、ご祝儀の渡し方のマナーを忘れてしまい、毎回「どうだったっけ?」と迷う人...