夫が子供を怒るとなぜかイライラ…隠れた7つの原因&対処法

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2020-11-29 06:00
投稿日:2020-11-29 06:00
 子供が間違ったことや危険につながるようなことをした時、ちゃんと怒ってあげるのは親として当然のことでしょう。しかし、「自分が怒るのはいいけど、夫が子供を怒るとなぜかイライラする」と感じるママは多いよう。なぜ、そんな感情が生まれてしまうのか、原因や対処法についてお届けします。

夫が子供を怒るとイライラするのはなぜ? 7つの原因

なんだかモヤモヤするワケは?(写真:iStock)
なんだかモヤモヤするワケは? (写真:iStock)

 父親が子供のことを怒るのは、ある意味当たり前のこと。頭ではそう分かっていても、なぜか心では割り切れない……そんなふうに感じてしまうのはなぜでしょうか? まずは、原因を探っていきましょう。

1. 普段の子供を知らないのに怒るから

 子供と接する時間は、パパよりもママのほうが多いご家庭がほとんどでしょう。ママは毎日の育児や家事、仕事に奮闘する中で子供の成長を発見し、褒めたり喜んでいるはずです。

 普段の子供の様子を見て、「今はまだできないこと」「頑張ってできるようになったこと」を把握しているからこそ、夫の「まだそんなこともできないのか」「ほかの子はできているのに?」というような言葉に、「何も知らないくせに!」と腹立たさを感じてしまいます。

2. 自分の感情や都合で怒るから

 育児は、自分自身の忍耐力との戦いでもあります。泣きたくても怒りたくても、その感情をグッと堪えて子供と向き合っているママは多いでしょう。

 それなのに、「眠いのに起こされたから」「仕事が進まないから」など、自分の感情や都合で夫が子供に怒っている姿を見ると、「たったそれだけのことで!?」とイライラしてしまうと同時に、夫への不信感が生まれてしまう人もいます。

3. 母親としての防衛本能

 夫が子供を怒るのを見て、「私の子供になに言ってんの!?」と強い怒りが湧いてしまうママもいます。これは、母親としての防衛本能でもあるそう。

 こういった感情が生まれるのは、夫があまり育児に積極的ではないご家庭が多いようです。もはや、他人に子供を怒られるような感情になるという人もいます。

4. 子供の言い分を聞かずに怒るから

 子供にも言い分があるのに、それを聞かずに頭ごなしに怒る夫を見てイライラが募ってしまうママもいるようです。

 たとえ間違っていたとしても、子供なりに一生懸命考えた意見を聞いてあげることは大切なこと。ただただ自分の価値観を押し付けるような夫の姿に、うんざりしている人もいます。

5. 育児に口を出されたくないから

「こんなふうに子供を育てたい」と、理想を掲げて子育てをするママは多くいます。研究熱心な人は育児本などで情報を得て、自分の子育てに反映させているでしょう。

 しかし、夫が全く違った考えであったり、積み重ねてきた育児に関する苦労を水の泡にしてしまうような行動を取る時、「育児に関わらないで」と思うママもいます。

6. 自分が怒られているような気持ちになるから

 生まれてきた子供は、言ってみれば自分の分身のような存在。そんな子供が夫に怒られるのを見ると、自分が怒られているような気持ちになるという人もいるようです。

 また、パパが子供のダメな部分を怒ることで、「普段育児をしているママのせい」と、暗に責められているように感じるという声もありました。

7. 育児への考えが正しいとマウントされるから

 普段、どんなに怒ってもいうことを聞かない子供が、夫が言った一言でいうことを聞く場合があります。そんな時、「こういうふうに怒ったらいいんだよ」なんて、ドヤ顔をする夫は一定数いるはずです。

 夫婦間マウンティングではないですが、「自分はダメなのかな」という悲しい気持ちに併せて、マウントをとってくる夫にさらにイライラしてしまうでしょう。

子供を怒る夫にイライラしない対策方法

子供の話を積極的に(写真:iStock)
子供の話を積極的に (写真:iStock)

 子供を怒る夫を見てイライラしてしまう時、つい言葉や行動で表してしまう人もいますが、それだと根本的な解決にはなりません。そこで、おすすめしたい対策方法をご紹介します。

怒る時のルールを決めておく

「怒る必要がないこと」「怒らなければいけないこと」、そんな線引きはご家庭によってそれぞれでしょう。大切なのは、ママとパパの間でそれが一貫しているかどうか。

「パパは許してくれるのに、ママは許してくれない」だと、子供も混乱してしまいます。そのため、お互いが納得できる「怒る時のルール」を決めておくことをおすすめします。

普段から子供の話を共有する

「子供が生まれてから、夫婦間の会話が減ってしまった」というご夫婦は多いはず。でも、今、子供がどんな状態なのかを共有することは、育児をする上では欠かせないことだと思います。

 そのためには、まず、夫婦での会話を増やしていくことが大切。休日の夜などに、ゆっくり夫婦で過ごせる時間を設けるなど、話をすることを習慣づけるようにしましょう。

どんなに夫にイライラしてもしてはいけないこと

子供だって父親の悪口は聞きたくない(写真:iStock)
子供だって父親の悪口は聞きたくない (写真:iStock)

 最後に、夫にどんなにイライラしたとしても、絶対にしてはいけないことについて頭に入れておきましょう。

子供の前で夫をけなす

 どんな「パパ」であっても、子供にとってはたった一人の大切な父親です。子供の前でパパをけなしてしまうと、「大好きなパパなのに、ママはいつも怒ってる」など、ママへの不信感が生まれてしまうこともありますし、逆に一緒になってパパをけなしたりなど、後に親を尊敬しない子供になってしまうかもしれません。

「夫婦の関係」と「親子の関係」は、イコールではないのです。どんなにイライラしたとしても、子供の前で夫のことを悪くいうことは避けるようにしましょう。

「わかっていない」「知らないくせに」と言わない

 夫に対してイライラした時、つい「なんにもわかっていない」という言葉が飛び出してしまうことってありますよね。これは、普段からママが子育てを頑張っているからこそ、出てしまう言葉でもあると思います。

 でも、夫たちには「伝えないとわからない」のです。「知らないくせに」と言ってしまえば、そこで会話が終わってしまいます。自分がどんなふうに子育てに関して考えているのかをきちんと共有することが、もっとも大切かもしれません。

夫への根本的な不満から目を背けないようにしよう

家族の関係をよりよいものに(写真:iStock)
家族の関係をよりよいものに (写真:iStock)

 夫が子供を怒る内容が正しいことであっても、ママたちは納得できない場合があります。イライラの原因の多くは、「普段、育児や家事に参加していないあなたが言わないで」という不満だったりするからです。

 根本的な部分の改善になってしまいますが、やはり普段からの会話の中でどんなふうに子供を育てたいのか、夫婦間のルールを作っておいたほうが、トラブルが起こった時に納得しやすいでしょう。

産後クライシス」という言葉もあるように、出産後には夫婦の関係性がガラッと変わってしまうことが多々あります。夫のすべてにイライラしてしまう気持ちはわからなくもないですが、そんなことをし続けていたら家庭が崩壊してしまうかもしれません。

 パパはママの大変さを、ママはパパの威厳を、お互いに尊重できたらもっと関係性がよくなるはずです。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“推し活=オタク”なんて古い! 推しの種類&得られるメリット
 実は今、年代問わず“推し活”をする人が増えてきています。推し活というと「暗い」「オタク」といったネガティブなイメージを...
6月14日~6月20日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
うらめしポーズでごめんにゃさい…ツボ刺激中の“にゃんたま”
 きょうは、電池切れ……? うらめしポーズのにゃんたまω君に出逢いました。  こんなにゃんたま君が道に落ちていたら...
相模原北公園で雨上がりの紫陽花を愛でる 2021.6.14(月)
 雨は大嫌いだけど紫陽花は好きです。とある日曜日に、紫陽花見物としゃれこんでみました。
のめり込んでない? 占いや風水との“上手な付き合い方”って
 例えば好きな人と別れてしまったり、仕事がうまくいかない日が続いた時、自分の運気を調べた経験はありませんか? 私はけっこ...
猫飼いたいけどお金が心配…固定費用は?ペット保険は必要?
「猫を飼うのにどのくらいお金がかかるの?」とたまに聞かれますので、改めてまとめてみようと思います(野良猫譲渡時のお迎え費...
あなただけのコーヒー豆をみつけよう 2021.6.11(金)
 KALDIといえば、コーヒーと輸入食品のお店。店頭に美しく並ぶコーヒー豆のディスプレイを眺めつつも、今まで買ったことが...
グルーミングは長~いけど…“にゃんたまチャンス”は必ず来る
 一度始まったら長~いグルーミング。  猫は起きている時間の30%以上を毛づくろいに費やしているといいます。 ...
短い初夏のお楽しみ!モクモク「スモークツリー」の管理方法
 職業病ともいえるワタクシの癖でございますが……猫店長「さぶ」率いる我が花屋が、カントリー風情たっぷりの立地にあるという...
「大地のハンター展」で最強の“女の敵”に遭う 2021.6.9(水)
 上野の国立科学博物館で開催中の「大地のハンター展」に行ってきました。この「大地のハンター展」は、さまざまな生物の「捕食...
運気UP♪ おみくじの種類や引き方&全国の有名おみくじ
 運勢を占ってくれる「おみくじ」。神社に行った際に引く人も多いですよね。でも、その種類や、正しい引き方について詳しく知っ...
会えない時間がほころびに…? 寂しがり屋な恋人に注意して!
 仕事に家事に友人関係に、現代の女性は大忙し! 気がついたら、「彼としばらく連絡を取ってない」「近ごろ夫と会話してない」...
6月7日~6月13日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
おやつタイムに大集合!ひときわ目を引くたわわ“にゃんたま”
 きょうは、豊作! にゃんたまωが混みあってる!  にゃんたま君たちのおやつタイムは、色とりどりで形や大きさに個性...
原宿散歩で「国立代々木競技場」の撮影スポットを発見! 2021.6.6(日)
 原宿をお散歩していると、ほぼ真正面から国立代々木競技場を見ることができる場所を発見! この位置からだと、ちょうど屋根の...
涙、涙の「ペット可」物件探しジエンド! 何を譲歩した?
 困難を極める「ペット可」物件を探す旅。まわれどまわれどピンとくる出合いがなく、アプリ婚活で抱くような疲労感が……。そん...