あなたはどの男子が好み? “何系男子”8タイプの性格&特徴♡

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-10 06:00
投稿日:2020-12-10 06:00
 近年種類が増加傾向にある「◯系男子」。昔は、数個のタイプに分けて表現していましたが、現在その種類は50種類以上もあるそうです。そこで今回は、◯系男子を「動物系」と「食べ物系」に分けて、代表的なタイプとそれぞれの特徴についてご紹介します。ぜひ、自分のタイプがどの◯系男子なのか、チェックしながら読んでみてくださいね♡

「動物系◯系男子」4タイプの特徴

一番人気は「犬系男子」!(写真:iStock)
一番人気は「犬系男子」! (写真:iStock)

 草食系男子や肉食系男子はメジャーなので、恋愛のタイプや特徴をご存知の人も多いでしょう。しかし、最近ではもっと細かく男性のタイプを分析する「◯系男子」がたくさんあります。まずはじめに、動物系◯系男子のタイプやそれぞれの特徴について見ていきましょう。

1. 犬系男子

 女性から絶大な人気を誇るのが、「犬系男子」でしょう! 犬は好きな人にはとても忠実で、一緒にいることが大好き。彼女ができると、できるだけ一緒にいたいと願います。

 好きな人には誠実で一途。浮気の心配がないのは、女性にとって嬉しい特徴だと言えますね。しかし、嫉妬深い性格の持ち主でもあるので、男友達との付き合い方には注意が必要です。

2. 猫系男子

「猫系男子」とは、自由奔放でマイペースな猫のような性格の男子を言います。束縛されるのを嫌いますが、放置されるのも好きではありません。人に合わせることも苦手なので、彼のペースに合わせてあげられる女性でないとお付き合いがうまくいかないかも?

 自分勝手でつかみどころがない性格ですが、「たまに甘えてくるギャップが魅力的♡」という声も多いようです。

3. ユニコーン系男子

 絵本などで見るユニコーンといえば、白い毛並みがキレイで完璧な美しさを持っている存在。これにたとえられる「ユニコーン系男子」とは、見た目が良くて高学歴、一流企業で高収入、性格が良く人気者など、悪い所がない完璧な男子を指します。

「そんな男性いるの?」と疑問に感じますが、ユニコーンはもともと空想の中の生き物。ユニコーン系男子も実際に存在するのではなく、女性の妄想の中の生き物なのかもしれませんね。

4. オオカミ系男子

 強面で近寄りがたい「オオカミ系男子」ですが、付き合い慣れた友達や彼女には情深く、優しい一面も兼ね備えています。また、義理堅い性格で、彼女ができたら浮気をしないのもオオカミ系男子の特徴です。

 単独行動が多く、女性とのコミュニケーションが苦手。恋愛にもウブな傾向があるようです。見た目からは想像がつかない、可愛らしいギャップに惹かれてしまう女性も多いでしょう。

「食べ物系◯系男子」4タイプの特徴

クールさと甘さのギャップがたまらない「ティラミス系男子」(写真:iStock)
クールさと甘さのギャップがたまらない「ティラミス系男子」 (写真:iStock)

 動物系にたとえられることが多い◯系男子ですが、最近では食べ物系の種類も増加傾向に。続いては、食べ物系の◯系男子のタイプとそれぞれの特徴を見ていきましょう。一見、意味がわからないものもあるかと思いますが、由来がわかれば「なるほど!」と同感してしまうはずですよ。

1. アスパラベーコン系男子

 アスパラのベーコン巻きは外側のベーコンと内側のアスパラの相性が抜群で、居酒屋でも人気の絶品料理。「アスパラベーコン系男子」とは、その料理と同様、肉と野菜の良い所を兼ね備えた男性のことを言います。

 外見は男らしいので、「強そう」「守ってくれそう」といった印象が強め。しかし、中身は優しく穏やかな性格です。少々頼りない一面もありますが、そのギャップも魅力のひとつだと言えるでしょう。

2. ロールキャベツ系男子

 ロールキャベツは、ひき肉をキャベツで巻いて煮込んだ料理。見た目は野菜料理ですが、食べてみると実はボリュームのある肉料理ですよね。これを男性にたとえて表現されたのが、「ロールキャベツ系男子」。先にご紹介した、アスパラベーコン系男子の逆バージョンです。

 本当は肉食系男子なのに、あえて草食系のふりをして距離を縮めてくるのが、彼らの恋愛テクニック。二人きりになると突然大胆になることもあるので、女性はドキドキしてしまいますね。

3. クリーミー系男子

「クリーミー系男子」は、甘いクリームのように外見も甘めで、性格も優しいクリームのような男性のことを言います。男前なイケメンタイプというより可愛い系で、常に年上女性からモテるタイプ。年齢や性別関係なく、誰にでも優しい究極の癒し系男子でしょう。

 クリーミー系男子の一番の魅力は、優しいだけでなく、必要な時には厳しく叱ってくれるところ。そのギャップが、多くの女性を虜にしてしまいます。

4. ティラミス系男子

 ティラミスは、ビターなほろ苦い部分と甘い部分の絶妙さが魅力のスイーツ。「ティラミス系男子」とは、外見はクールで格好良いのに中身は甘えん坊、という男性に使われる◯系男子です。

 基本的にはクールで大人っぽい雰囲気の持ち主ですが、恋人の前ではほかの人には見せらないほどの甘えん坊に変貌します。そんな彼の姿を見て「私だけが知っている一面♡」と、優越感を感じてしまう女性も多いでしょう。

自分と相性の良い◯系男子を見つけて恋愛を楽しもう♡

何系男子がお好き?(写真:iStock)
何系男子がお好き? (写真:iStock)

 女性は、男性をカテゴライズするのが大好きです。そのため、さまざまなジャンルで、◯系男子の種類は日々増加しているのでしょう。次から次に新しい◯系男子が生まれているので、覚える側も大変ですね。

 それぞれの特徴を理解できれば、自然と自分と相性が良い◯系男子が見えてくるはず。自分好みの◯系男子を見つけて、思い切り恋愛を楽しんでくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ