“美人は3日で飽きる”は本当?男性たちの意外な本音を調査!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-06 06:00
投稿日:2020-12-06 06:00
「美人は3日で飽きる」という言葉を、聞いたことがある人は多いはず。そして、「ブスは3日で慣れる」という言葉も……。でも、現実には美人でよく気が利き、優しく明るい魅力的な女性もたくさんいますよね。果たして、本当に美人は3日で飽きられてしまうのでしょうか? そこで今回は、美人な彼女と付き合っている男性たちの本音や、飽きられない女性になる方法をご紹介します。

「美人は3日で飽きる」に対する男性たちの意外な本音

「慣れる」けど「飽きる」わけじゃない!(写真:iStock)
「慣れる」けど「飽きる」わけじゃない! (写真:iStock)

 実際に美人な彼女がいる男性たちの声を調査してみた結果、こんな本音が見えてきました。

「美人は3日で飽きる」とは思わない

 多く見られた意見としては、「美人の彼女に3日で飽きることはない」という声。実際のところ、人の魅力は相手とのコミュニケーションの中で、少しずつわかっていくもの。極端ですが、3日でその人自体に飽きるというのはよっぽどのことですよね。

 また、美人に飽きるのではなく「当たり前になる」「慣れる」というのが正解だと思うという声が圧倒的に多かったです。要するに、美人であることが飽きる原因なのではなく、「美人でもそうでなくても、時が経てば誰だって慣れる」ということですね。

美人は中身も磨いている人が多いから飽きない

 美人な彼女を持つ男性の声をチェックすると、美人は周りに褒められることが多いため、人を羨んだり嫉妬したりする「ひねくれた感情」を持つ機会が少ないように見えるそうです。

 素直に「もっと自分を良くしていこう」と自分の向上心に繋げられるので、中身も磨いている人が多く、実際には「より魅力的な部分が見えて、さらに好きになった」という人もいましたよ。

驕り高ぶっている美人な彼女にはすぐに冷めた

 逆の意見もありました。「とても美人な女性で付き合った当初は嬉しかったけれど、驕り高ぶっている彼女にはすぐに冷めた」という声です。確かに、「容姿」は初対面で印象を左右する重要要素でありますが、付き合う上ではやはり内面が大切ということ。

 美人であることを自慢したり、自分以外の人に偉そうな態度をとっていれば、どんなに美しくても冷められてしまいますよね。

やっぱり男性は美人が好きなの?

最初の6秒が大事(写真:iStock)
最初の6秒が大事 (写真:iStock)

 付き合う人を選ぶ時には内面が重要ということを、多くの男性もわかっているはずです。でも、やはり男性は美人が好きなのが現実。これは、「より良いDNAと自分の遺伝子を掛け合わせて子孫を増やしたい」という、人間の本能からくるもの。

 また、初対面の人が相手の第一印象から好きか嫌いかを判断するのにかかる時間は、「たった6秒」とも言われています。そういう点でも、美人ばかりがモテるのは仕方のないことなのかもしれません。ただ、内面は付き合えばすぐにわかります。どんな容姿でも、内面を磨くことは怠らないようにしたいですね。

もっと魅力的になりたい!内面美人になる4つの方法♡

自分を許すことも大切(写真:iStock)
自分を許すことも大切 (写真:iStock)

 続いては、外見に関わらず彼氏に飽きられない内面美人になる方法をご紹介します!

1. いろいろな価値観を取り入れる

 どうしても、内面は顔に表れてしまいます。自分だけの考えや過去のトラウマに固執してばかりいると、凝り固まった思考が表情にも出てくるものです。

 周りの人の意見や新しい価値観を肯定したり素直に受け入れたりすることで、いろいろな人の気持ちがわかる奥行きのある女性になることができるでしょう。

2. 相手の気持ちに想いを馳せてみる

「自分さえよければいい」という考えの人は、その冷たさが表情に出てしまいます。目の前の相手が今どんな気持ちか、陰で支えてくれた人たちはどんな気持ちかを意識することは、普段から練習しないと難しいかもしれません。

 でも、少しずつでも意識して自然に相手の気持ちに寄り添えるようになった時、あなたの魅力は今までよりもアップするはずですよ。

3. 姿勢を良くする

 姿勢を良くすることは外見を美しく見せるためにも大切なことですが、実は内面にも大きく影響します。姿勢が悪いと呼吸が浅くなって血流にも悪影響を及ぼし、疲れやすくなったり、自律神経のバランスを乱し、精神的に不安感も強くなってしまうと言われています。

 内面や体のバランスが崩れていると、疲れや不安が顔に表れて、人のことを思う余裕がなくなってしまいますよね。しっかり胸を張って美しく姿勢良く振る舞うことで、体も健康になり、心も表情も輝いてきますよ。

4. 自分のことを許して好きになる

 自分を責めてばかりいる人は、相手にも厳しく当たってしまうでしょう。人のことを本当に大切にするためには、自分を肯定して好きになり、できない部分や弱い部分を許せる「余裕のある心」が不可欠です。まずは、自分で自分を励ます練習をしてみましょう。

美人は3日で飽きるは嘘! 最後は人間性が大切♡

大切なのは人間性♡(写真:iStock)
大切なのは人間性♡ (写真:iStock)

 どんなに美人でもそうでなくても、長く付き合えば必ず外見には慣れてしまいます。その時、輝く人間性があるかないかで、彼氏の愛が続くかどうかが決まるでしょう。

 ぜひ、今日から外見だけでなく内面も磨いて、本当の美人を目指してくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ