すぐ好きになっちゃう…惚れっぽい女性の特徴&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-18 06:00
投稿日:2020-12-18 06:00
 人を好きになることは、とても素敵なこと。しかし、次々と人を好きになってしまう「惚れっぽい」女性の場合には、注意が必要です。そこで今回は、惚れっぽい女性の特徴とデメリットについてご紹介します。

惚れっぽい女性に見られる6つの特徴!

すぐ好きになっちゃうの(写真:iStock)
すぐ好きになっちゃうの (写真:iStock)

 さっそく、惚れっぽい女性にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

1. 男性すべてが恋愛対象

 異性への好みは人によって異なるもの。見た目のタイプにこだわる人もいれば、趣味や仕事などに惹かれる人もいるでしょう。

 しかし、惚れっぽい女性は周りにいる男性すべてが恋愛対象だと考えているため、タイプや好みなどがありません。ある意味、ストライクゾーンが広いと言えるでしょう。

2. 純粋で夢見がちな部分がある

 惚れっぽい女性というと、男慣れしていて遊んでいるイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実際のところ、惚れっぽい女性は純粋で夢見がちな部分があるからこそ、男性をすぐに好きになってしまう人が少なくありません。

 ドラマや映画のようなシチュエーションで出会ってしまうと、すぐに運命を感じて心奪われてしまいます。

3. 恋愛にポジティブ

 惚れっぽい女性は、恋愛においてはある意味ポジティブ。なぜなら、ちょっと優しくされただけで、「この人、私に気があるんだ」など、なんでも良い方向へ考えることができるからです。

 たとえ男性が否定したとしても、「照れているんだな」「周りに人がいたから、気を使ったんだな」と捉え、諦めることはないでしょう。

4. 寂しがり屋で一人でいることが苦痛

 惚れっぽい女性は、寂しがり屋が多い傾向にあります。一人でいることが苦手なため、何をするにも「誰かと一緒に行動したい」と考えます。

 そのため、別れても寂しいからといってすぐに新しい彼氏を作り、一人でいる時間を作らないようにしています。

5. 気になったら、即アプローチする

 誰かを好きになった時、まずはじっくりと相手を見極めて自分の気持ちと向き合ってから行動に移すのが一般的。相手がどんな人なのか分からないうちに、また、自分の気持ちが本物なのか判断しないうちにアプローチしてしまえば、失敗する可能性が高いからです。

 しかし、惚れっぽい女性はこの一連の流れをすっ飛ばし、即アプローチします。好きになったら行動せずにいられない、“肉食系女子”とも言えますね。

6. 切り替えが早い

 本来であれば、好きな人に振られたり、彼氏と別れたら落ち込むものです。相手に対して本気であればあるほど、気持ちを引きずることになるでしょう。

 しかし、惚れっぽい女性はすぐに心を切り替えることができます。もちろん、すぐに人を好きになれるというのは悪いことではありませんが、ちゃんと相手を見極めないまま交際してしまい、後悔してしまう人も少なくないでしょう。

惚れっぽい女性は要注意! 惚れっぽいゆえの3つのデメリット

経験はたくさんあるけど本気かといわれると…(写真:iStock)
経験はたくさんあるけど本気かといわれると… (写真:iStock)

 惚れっぽい女性は「彼氏はすぐできるけれど、長続きはしない」と感じている女性が多いようです。ある意味、相手と自分の気持ちを見極める前にアプローチをしているわけですから、失敗が多いのは当然でしょう。

 そんな「惚れっぽい女性のデメリット」についても、しっかりチェックしておきましょう。

1. 相手を見極める前に交際するため、遊ばれることも

「見た目がタイプ」「優しくしてくれた」などの理由から、彼に一瞬で心を奪われてしまい、彼のことを何も知らないまま交際を始めてしまう女性も多いです。

 確かに、恋愛は時間をかければよいという訳ではありませんが、どんな人なのか知らぬまま付き合うというのは危険。なぜなら、男性にとって簡単に落ちる女性は、思い通りになる絶好の遊び相手だと思われてしまう可能性があるからです。すぐにアプローチをする前に、相手がどんな人かを見極めることが大切でしょう。

2. 相手を知る前に付き合うため、恋愛が長続きしない

 惚れっぽい女性の多くは、恋愛が長続きしない傾向にあります。それもそのはず、相手がどんな人なのかを知らずに付き合うわけですから、付き合ってから「思っていた人と違った」と思うことが多いのです。

 長続きする恋愛をするためには、お互いに相手のことをよく知ってから付き合うことが肝心。そうすることで、一方的な理想を押し付けることもなくなり、安定した恋愛を楽しむことができますよ。

3. 本気の恋愛ができない

 惚れっぽい女性は、惚れた分だけ恋愛経験が豊富なはずです。しかし、本気で恋愛をする機会は少ないのではないでしょうか?

 勢いで付き合ったもののすぐに飽きてしまい、新しい人を探すことを繰り返している人もいるでしょう。しかし、これではいつまで経っても本気の恋愛をすることはできません。あなたが本気になれなければ、当然、相手があなたに本気になる確率も低くなってしまうでしょう。

惚れっぽい女性はアプローチする前に相手と自分の気持ちに向き合おう

ちゃんと向き合って(写真:iStock)
ちゃんと向き合って (写真:iStock)

「私は、恋愛経験が豊富」なんて自慢している人の中には、惚れっぽいだけで本気の恋愛をしたことがない人も多いはずです。元彼の人数が多いことは何の自慢にもなりませんし、「私は、本気で愛されたことがない」と言っているようなもの。

 今回ご紹介した、「惚れっぽい女性」の特徴に当てはまる人は要注意! 長続きしない恋愛に悩んでいるのであれば、まずは同じ失敗を繰り返さないように過去の恋愛を振り返ってみましょう。アプローチする前に相手と自分の気持ちにちゃんと向き合えば、言動は変わってくるはずですよ。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ