すぐ好きになっちゃう…惚れっぽい女性の特徴&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-18 06:00
投稿日:2020-12-18 06:00
 人を好きになることは、とても素敵なこと。しかし、次々と人を好きになってしまう「惚れっぽい」女性の場合には、注意が必要です。そこで今回は、惚れっぽい女性の特徴とデメリットについてご紹介します。

惚れっぽい女性に見られる6つの特徴!

すぐ好きになっちゃうの(写真:iStock)
すぐ好きになっちゃうの (写真:iStock)

 さっそく、惚れっぽい女性にはどんな特徴があるのか見てみましょう。

1. 男性すべてが恋愛対象

 異性への好みは人によって異なるもの。見た目のタイプにこだわる人もいれば、趣味や仕事などに惹かれる人もいるでしょう。

 しかし、惚れっぽい女性は周りにいる男性すべてが恋愛対象だと考えているため、タイプや好みなどがありません。ある意味、ストライクゾーンが広いと言えるでしょう。

2. 純粋で夢見がちな部分がある

 惚れっぽい女性というと、男慣れしていて遊んでいるイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、実際のところ、惚れっぽい女性は純粋で夢見がちな部分があるからこそ、男性をすぐに好きになってしまう人が少なくありません。

 ドラマや映画のようなシチュエーションで出会ってしまうと、すぐに運命を感じて心奪われてしまいます。

3. 恋愛にポジティブ

 惚れっぽい女性は、恋愛においてはある意味ポジティブ。なぜなら、ちょっと優しくされただけで、「この人、私に気があるんだ」など、なんでも良い方向へ考えることができるからです。

 たとえ男性が否定したとしても、「照れているんだな」「周りに人がいたから、気を使ったんだな」と捉え、諦めることはないでしょう。

4. 寂しがり屋で一人でいることが苦痛

 惚れっぽい女性は、寂しがり屋が多い傾向にあります。一人でいることが苦手なため、何をするにも「誰かと一緒に行動したい」と考えます。

 そのため、別れても寂しいからといってすぐに新しい彼氏を作り、一人でいる時間を作らないようにしています。

5. 気になったら、即アプローチする

 誰かを好きになった時、まずはじっくりと相手を見極めて自分の気持ちと向き合ってから行動に移すのが一般的。相手がどんな人なのか分からないうちに、また、自分の気持ちが本物なのか判断しないうちにアプローチしてしまえば、失敗する可能性が高いからです。

 しかし、惚れっぽい女性はこの一連の流れをすっ飛ばし、即アプローチします。好きになったら行動せずにいられない、“肉食系女子”とも言えますね。

6. 切り替えが早い

 本来であれば、好きな人に振られたり、彼氏と別れたら落ち込むものです。相手に対して本気であればあるほど、気持ちを引きずることになるでしょう。

 しかし、惚れっぽい女性はすぐに心を切り替えることができます。もちろん、すぐに人を好きになれるというのは悪いことではありませんが、ちゃんと相手を見極めないまま交際してしまい、後悔してしまう人も少なくないでしょう。

惚れっぽい女性は要注意! 惚れっぽいゆえの3つのデメリット

経験はたくさんあるけど本気かといわれると…(写真:iStock)
経験はたくさんあるけど本気かといわれると… (写真:iStock)

 惚れっぽい女性は「彼氏はすぐできるけれど、長続きはしない」と感じている女性が多いようです。ある意味、相手と自分の気持ちを見極める前にアプローチをしているわけですから、失敗が多いのは当然でしょう。

 そんな「惚れっぽい女性のデメリット」についても、しっかりチェックしておきましょう。

1. 相手を見極める前に交際するため、遊ばれることも

「見た目がタイプ」「優しくしてくれた」などの理由から、彼に一瞬で心を奪われてしまい、彼のことを何も知らないまま交際を始めてしまう女性も多いです。

 確かに、恋愛は時間をかければよいという訳ではありませんが、どんな人なのか知らぬまま付き合うというのは危険。なぜなら、男性にとって簡単に落ちる女性は、思い通りになる絶好の遊び相手だと思われてしまう可能性があるからです。すぐにアプローチをする前に、相手がどんな人かを見極めることが大切でしょう。

2. 相手を知る前に付き合うため、恋愛が長続きしない

 惚れっぽい女性の多くは、恋愛が長続きしない傾向にあります。それもそのはず、相手がどんな人なのかを知らずに付き合うわけですから、付き合ってから「思っていた人と違った」と思うことが多いのです。

 長続きする恋愛をするためには、お互いに相手のことをよく知ってから付き合うことが肝心。そうすることで、一方的な理想を押し付けることもなくなり、安定した恋愛を楽しむことができますよ。

3. 本気の恋愛ができない

 惚れっぽい女性は、惚れた分だけ恋愛経験が豊富なはずです。しかし、本気で恋愛をする機会は少ないのではないでしょうか?

 勢いで付き合ったもののすぐに飽きてしまい、新しい人を探すことを繰り返している人もいるでしょう。しかし、これではいつまで経っても本気の恋愛をすることはできません。あなたが本気になれなければ、当然、相手があなたに本気になる確率も低くなってしまうでしょう。

惚れっぽい女性はアプローチする前に相手と自分の気持ちに向き合おう

ちゃんと向き合って(写真:iStock)
ちゃんと向き合って (写真:iStock)

「私は、恋愛経験が豊富」なんて自慢している人の中には、惚れっぽいだけで本気の恋愛をしたことがない人も多いはずです。元彼の人数が多いことは何の自慢にもなりませんし、「私は、本気で愛されたことがない」と言っているようなもの。

 今回ご紹介した、「惚れっぽい女性」の特徴に当てはまる人は要注意! 長続きしない恋愛に悩んでいるのであれば、まずは同じ失敗を繰り返さないように過去の恋愛を振り返ってみましょう。アプローチする前に相手と自分の気持ちにちゃんと向き合えば、言動は変わってくるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「あえて“おバカ”を装って…」妻候補をふるいにかける婚活男
「冷酷と激情のあいだvol.104〜女性編〜」では、友人の紹介で知り合った男性・マコトさん(仮名)が、天気や下ネタなどい...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
「下ネタと天気の話しかしない」ハイスぺ男に落胆した婚活女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
パートナーから愛され続ける女性たちの“たった一つ”の共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。モテ女になるためのノウハウはSNSの普及により、いつでもどこでも学べる世の中...
山崎世美子 2022-08-20 06:00 ラブ
貝殻のように閉じないで~ 大好きな彼氏の心を開く4つのコツ
 せっかく好きになった彼氏とお付き合いをするなら、お互いに心を開いて自然体でいられる関係に憧れますよね。しかし、恋愛の相...
恋バナ調査隊 2022-08-20 06:00 ラブ
離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ