恋人からのLINEが面倒…傷つけずに頻度を減らす対処法は?

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-11 06:00
投稿日:2020-12-11 06:00
 一般的には、女性のほうがマメにLINEを返すイメージがありますが、中には毎日何回も届く恋人からのLINEにうんざりしてしまっている女性も多いようです。そこで今回は、彼氏と喧嘩にならずに、上手にLINEのやりとりを減らせる賢い対処法をご紹介しましょう!

恋人からの面倒な「返信を催促するLINE」の対処法

1. LINEが好きではないことを伝える

 毎日届く挨拶LINEや、自分の行動を逐一報告してくるLINEにうんざりしたら、「実はLINEが得意ではない」「大目にみてほしい」と伝えましょう。

 男性の中には、付き合ったら毎日LINEをするものと思っている人も多いです。しっかり伝えておかないと、「迷惑なのかな」「冷めたのかな」と心配させたり、「浮気してるんじゃ?」と責められて、余計に面倒なことにもなりかねません。正直に話しておいたほうが円満な関係を続けやすいでしょう。

2. 挨拶LINEにはスタンプのみで対応

 マメな男性の中には、ことあるごとに挨拶LINEを送ってくる人もいます。返信しないと、催促LINEが届くの繰り返し。かといって、挨拶LINEはやめてとは言いづらいので、スタンプだけで返すようにしてみましょう。

 無視しているわけでもないですし、スタンプならさっとタップするだけで終わります。男性の多くは、LINEを毎日しているという事実だけで安心するもの。「スタンプだけだとそっけない?」と思う人はいるかもしれませんが、無理して返信に付き合い、辛くなってしまうよりは良いでしょう。

3. 電話してしまう

 そもそも返信がなくて催促してくる恋人というのは、同じように自分を好きでいてくれているか、浮気していないかなど、何らかの不安が背景にあるはずです。そんな場合は、LINEの返信の代わりに電話をしてしまうのも一つの方法です。

 電話なら直接声が聞ける上に、LINEよりも心がこもっている感じがしますよね。さらに、浮気をしていないことの証明にもなるでしょう。あなたの声を聞けてLINEの返信をしなくても、うるさく催促してこなくなるかもしれません。

恋人とのLINEが面倒になった時の対処法

 続いては、恋人とのLINE自体が面倒になってしまった時の対処法をご紹介しましょう!

4. 返信する時間を決める

 LINEを返信する時間帯を決めておくと、あなた自身の負担も減ります。同じタイミングでの返信を続けることで、すぐに返信をしなくても「◯時になったら返信がくるはず」と恋人を安心させることもできますね。

 ただし、返信する時間帯を夜のまったり時間にしてしまうと、長々としたLINEでのおしゃべりが始まってしまう可能性も……。彼氏が忙しそうな時間帯を狙うことで、それを回避することができますよ。

5. スタンプで返信する回数を増やす

 返信しないのは気が引けるという人は、スタンプでの返信頻度を増やしてみるのも一つの方法です。スタンプは同じものにならないように、いろいろな種類のスタンプを用意しておくと良いでしょう。

 メッセージも含めたスタンプなら、文章で送らなくても気持ちは伝わるはずです。

6. こまめにチェックせずまとめて読む

 1日に何回も届くLINEをこまめにチェックするのは、ストレスになりますよね。かといって既読にしてしまうと、早く連絡しないと……という焦りも出てきます。そこで、LINEが届いた時には緊急でないかだけチェックをして、余裕のある時間帯にまとめてチェックしましょう。

 返事もリプライを使いながら事務的に。とにかく、話題を広げたり、盛り上げたりしないことです。

恋人からの面倒なLINEは無理に続けなくても大丈夫!

LINEより会って話したい(写真:iStock)
LINEより会って話したい (写真:iStock)

 誰にだって苦手なものはあります。LINEが苦手なあなたが無理して返信を続けることで、彼との関係も悪くなってしまっては元も子もありませんよね。スタンプ返信などで工夫してもダメなら、正直にLINEが苦手ということを伝えましょう。

 その時、愛する気持ちは変わらないこともしっかり伝えてあげてください。彼氏がわかってくれると良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...