距離を縮めて♡恋愛に発展させる7つのLINEテクニック!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-29 06:00
投稿日:2020-11-29 06:00
 今や連絡ツールの主流になっているLINE。男女の出会いの多くも、LINE交換から恋愛に発展するケースが多いのではないでしょうか? そこで今回は、LINEで恋愛に発展させるためのテクニックをご紹介♡ 2人の距離別に基本編と応用編に分かれていますので、ぜひ、あなたの恋愛に役立ててみてくださいね試してみてくださいね!

【基本編】恋愛に発展するLINEテクニック

1. 相手の名前を呼ぶ

 人は名前を呼ばれると「返報性の法則」という心理が働き、「この人が自分に好意を持っているなら、自分もお返ししないと!」という気持ちになり、好意を返したくなるんだそうです。

 そのため、LINEでもできれば会話の合間に、彼の名前を入れるようにすると良いでしょう。

2. タメ口と敬語を織り交ぜて会話する

 恋愛で距離感を縮めたいなら、敬語の中に時折タメ口を交えて会話するのが効果的。いつまでも敬語ばかりだと真面目すぎる印象を与えてしまい、向こうも距離を縮めづらく感じてしまうことがあるからです。

 ただし、ある程度の関係ができてからでないと、失礼で馴れ馴れしく軽い印象になってしまうので、タイミングを見計らうことも大切ですよ。

3. ハートの含まれたスタンプを小出しに使う

 彼に好意を伝えるために、たまに小さなハートが含まれたスタンプを使うようにしてみましょう。ハートがメインだとダイレクト過ぎますし、使いすぎると「誰にでもハートを使うタイプなのかな」と思われてしまいます。

 時々、ハートの入ったスタンプを小出しに使って、「これってどういう意味だろう?」と、好意に気づいてもらうように仕向けてみましょう。

4. さりげなく好意をアピールする

 友達関係から恋愛関係に発展させるためには、ある程度の好意をさりげなく伝えて様子を見ることも大切です。ただ、直接「好き」と伝えると直球すぎるので、「◯◯な所が好き」と、性格に置き換えて好意を伝えましょう。

 誰だって、褒められて嫌な気になる人はいないはずです♡

【応用編】恋愛をさらに進展させるLINEテクニック

 続いては、恋愛に発展しそうないい感じの距離感の時に使えるLINEテクニックです。より積極的に踏み込んだ応用編をご紹介しましょう。

5. 好きなタイプを聞いてみる

 好きとは言わずに好意を察してもらうのにぴったりの質問が、相手のタイプを聞くことです。ここでは、「私があなたのタイプを知りたい」と思っていることを、さりげなく伝えることがポイント。

 さらに、タイプを聞いたら、一旦もう少し詳しく掘り下げて聞いてみましょう。「そんなに知りたいってことは……?」と、鈍感な男性でも好意に気づくはずです。でも、好きとは言っていないので、あとは相手からのアプローチを待つだけです!

6. おやすみで終わらせないで翌日に寝過ごしLINE

 片思いの彼とは、できるだけ毎日LINEをすることで、より距離感を縮めることができます。でも、「おやすみ」でLINEを終わらせてしまうと、翌朝こちらから話題を振るか、LINEが来るのを待たないといけません。

 万が一、こちらにまだ興味がない様子の場合には、夜のLINEは既読スルーにしましょう。そして翌朝「ごめん、寝過ごしちゃった!」とLINEすれば、自然にLINEを続けることができます。

7. 第一印象を伝えてみる

 人は、自分が人にどう思われているかが気になる生き物です。そのため、初めて会った時の第一印象を伝えてみると、彼も食いついてくるはず。その時には、とことん褒めましょう! あくまで「第一印象」を伝えているだけなので、今どう思っているかは明言していないですし、第一印象を話しているだけという感覚で話せば、自然に好意を伝えられるはずです。

LINEから始まる恋愛を楽しもう♡

距離を縮めよう♡(写真:iStock)
距離を縮めよう♡ (写真:iStock)

 LINEを上手に活用することで、恋愛をもっと発展させることができます。ぜひ今日からこの記事を参考にして、彼との距離をぐっと縮めてみてくださいね! 恋が成就するよう願っています♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ
器が小さい男性の見極め方 交際後に幻滅&ストレスMAXエピソード3選
 器の大きい男は、豪快で頼りがいがあってかっこいいですよね! でも、残念ながら世の中には「器が小さい男」もたくさんいるの...
恋バナ調査隊 2024-02-20 06:00 ラブ
本命じゃない人と結婚したっていい…幸せのための5つの心得
 愛し合うカップルのゴールとされる、結婚。一方で、なかには「本命じゃない人と結婚することになった」と悩んでいる女性も存在...
恋バナ調査隊 2024-02-25 17:28 ラブ