恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人は多いでしょう。最初のLINEのやりとりって、思っている以上に恋の始まりに大きな影響を与えるものですよね。そこで今回は、恋が終わる残念なLINEの特徴&男性が喜ぶ返信の仕方をご紹介します!

恋が終わる…残念なLINEの特徴6つ

1. 毎朝送っているおはようLINE

 仲の良いカップルなら楽しめるはずの「挨拶LINE」ですが、恋が始まりそうなタイミングでやってしまうのはNG。毎朝同じような挨拶をされても、送られた相手からすると、どう返信したら良いか困ってしまいます。

 同じ時間に同じLINEの内容を送るのではなく、より会話が盛り上がるような共通の趣味の話題を、夜のリラックスタイムなどのタイミングを見計って送ったほうが、恋も発展するでしょう。

2. なかなか予定が決まらない

 男性はLINEを「連絡ツール」として、捉えている人が多いようです。さらに、男性は結論を出すために話す生き物。たとえば、デートの日程を決めようと日にちを提案された時に、「その日程はダメです」の返信だけで別の候補日を出さないのは、「行くの?行かないの?」と、相手をイライラさせてしまうかもしれません。

3. 既読無視に触れずマイペースに返信

 始まったばかりの恋で、既読無視は言語道断な残念行為です。でも、さらに悪印象なのが、既読無視に触れずにそのまま素知らぬ顔で新しいLINEを送ること。誠実ではなく気持ちに無頓着な人だと、呆れられてしまうかもしれません。

4. 忙しそうだからと気を使ってLINEを送らない

 LINEの連絡頻度って、難しいものですよね。たくさん送りすぎると面倒に思われてしまいますが、逆に忙しそうだからとLINEを控えてしまうと、恋が自然消滅してしまうケースがよくあるのです。

 しばらく返信がない場合でも、適度にLINEを送って連絡を続けることが、恋が深まる秘訣。連絡をしなくなってしまえば、彼にあなたの存在を意識してもらう時間がなくなってしまい、フェードアウトする可能性が高くなってしまいます。

5. ほかの男性の話をする

 LINEでほかの男性の話をして駆け引きをする人がいますが、これは相手の性格を見極める必要のあるハイレベルなテクニックです。多くの男性はプライドが高いので、ほかの男性の話をした時点でとても嫌な気分になってしまうのです。

 そこであなたを奪い返したくなるのではなく、呆れられて身を引かれる可能性があることも念頭に置いておきましょう。

6. 長文のLINE

 LINEで嫌がられるのが、重たい長文メッセージでしょう。長い文章が届くと、どうしても同じ長さで返さないといけない気になって、返信が億劫になってしまいます。また、一つ一つが短文でも、連投するのは迷惑に思われる可能性も。

 文章は適度な長さで、絵文字やスタンプなどを交えて楽しいキャッチボールになるように心がけましょう。

つまらないと思われないために! 男性が喜ぶ返信の仕方

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 続いては、男性が喜ぶ返信の仕方をチェックしてみましょう!

日程調整は結論と見通しをはっきりと

 男性とデートの日程を決める時には、提案された候補日がダメなら別の候補日を提案したり、未定の用事があるなら予定がわかる日をしっかり伝えたりすることが大切です。

 仕事をしている男性は、とても忙しいはず。そういったところまで配慮することで「気の利く子だな」と、好印象を与えることができますよ♡

文章に細かい配慮を織り交ぜる

 LINEの端々に、相手に対する配慮の言葉を織り交ぜると、男性からの印象をとても良くすることができます。忙しい時期なら相手の体調を気遣い、困っていそうなら手伝えることはないか聞いて、返信する時間帯にも気をつける……。

 こういった細かい心配りができる女子はモテます。心で思っていたとしても、LINEでは文章にしないと伝わりません。積極的に“気配りLINE”を送ってみましょう。

LINEで恋が終わるなんてもったいない! 上手に役立てて♡

後悔しない為にも…(写真:iStock)
後悔しない為にも… (写真:iStock)

 たかがLINEの文章だけで「つまらない」と判断されるなんて、腹が立つ気もしますよね。でも実際問題、恋の始まりにLINEの文章が大きな影響を与えることは否定できません。

 LINEで恋を終わらせるなんてもったいないことにならないよう、この記事を参考に相手と楽しくLINEを続けてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ