恋が終わる残念なLINEの特徴6つ&男性が喜ぶ返信の仕方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-26 06:00
投稿日:2020-11-26 06:00
 好きな人とLINEを交換できたのはいいものの、LINEがつまらなさすぎて自然消滅してしまった……という経験をお持ちの人は多いでしょう。最初のLINEのやりとりって、思っている以上に恋の始まりに大きな影響を与えるものですよね。そこで今回は、恋が終わる残念なLINEの特徴&男性が喜ぶ返信の仕方をご紹介します!

恋が終わる…残念なLINEの特徴6つ

1. 毎朝送っているおはようLINE

 仲の良いカップルなら楽しめるはずの「挨拶LINE」ですが、恋が始まりそうなタイミングでやってしまうのはNG。毎朝同じような挨拶をされても、送られた相手からすると、どう返信したら良いか困ってしまいます。

 同じ時間に同じLINEの内容を送るのではなく、より会話が盛り上がるような共通の趣味の話題を、夜のリラックスタイムなどのタイミングを見計って送ったほうが、恋も発展するでしょう。

2. なかなか予定が決まらない

 男性はLINEを「連絡ツール」として、捉えている人が多いようです。さらに、男性は結論を出すために話す生き物。たとえば、デートの日程を決めようと日にちを提案された時に、「その日程はダメです」の返信だけで別の候補日を出さないのは、「行くの?行かないの?」と、相手をイライラさせてしまうかもしれません。

3. 既読無視に触れずマイペースに返信

 始まったばかりの恋で、既読無視は言語道断な残念行為です。でも、さらに悪印象なのが、既読無視に触れずにそのまま素知らぬ顔で新しいLINEを送ること。誠実ではなく気持ちに無頓着な人だと、呆れられてしまうかもしれません。

4. 忙しそうだからと気を使ってLINEを送らない

 LINEの連絡頻度って、難しいものですよね。たくさん送りすぎると面倒に思われてしまいますが、逆に忙しそうだからとLINEを控えてしまうと、恋が自然消滅してしまうケースがよくあるのです。

 しばらく返信がない場合でも、適度にLINEを送って連絡を続けることが、恋が深まる秘訣。連絡をしなくなってしまえば、彼にあなたの存在を意識してもらう時間がなくなってしまい、フェードアウトする可能性が高くなってしまいます。

5. ほかの男性の話をする

 LINEでほかの男性の話をして駆け引きをする人がいますが、これは相手の性格を見極める必要のあるハイレベルなテクニックです。多くの男性はプライドが高いので、ほかの男性の話をした時点でとても嫌な気分になってしまうのです。

 そこであなたを奪い返したくなるのではなく、呆れられて身を引かれる可能性があることも念頭に置いておきましょう。

6. 長文のLINE

 LINEで嫌がられるのが、重たい長文メッセージでしょう。長い文章が届くと、どうしても同じ長さで返さないといけない気になって、返信が億劫になってしまいます。また、一つ一つが短文でも、連投するのは迷惑に思われる可能性も。

 文章は適度な長さで、絵文字やスタンプなどを交えて楽しいキャッチボールになるように心がけましょう。

つまらないと思われないために! 男性が喜ぶ返信の仕方

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 続いては、男性が喜ぶ返信の仕方をチェックしてみましょう!

日程調整は結論と見通しをはっきりと

 男性とデートの日程を決める時には、提案された候補日がダメなら別の候補日を提案したり、未定の用事があるなら予定がわかる日をしっかり伝えたりすることが大切です。

 仕事をしている男性は、とても忙しいはず。そういったところまで配慮することで「気の利く子だな」と、好印象を与えることができますよ♡

文章に細かい配慮を織り交ぜる

 LINEの端々に、相手に対する配慮の言葉を織り交ぜると、男性からの印象をとても良くすることができます。忙しい時期なら相手の体調を気遣い、困っていそうなら手伝えることはないか聞いて、返信する時間帯にも気をつける……。

 こういった細かい心配りができる女子はモテます。心で思っていたとしても、LINEでは文章にしないと伝わりません。積極的に“気配りLINE”を送ってみましょう。

LINEで恋が終わるなんてもったいない! 上手に役立てて♡

後悔しない為にも…(写真:iStock)
後悔しない為にも… (写真:iStock)

 たかがLINEの文章だけで「つまらない」と判断されるなんて、腹が立つ気もしますよね。でも実際問題、恋の始まりにLINEの文章が大きな影響を与えることは否定できません。

 LINEで恋を終わらせるなんてもったいないことにならないよう、この記事を参考に相手と楽しくLINEを続けてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ