またやりとりしたくなる♡好きな人とのLINEの終わらせ方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-16 06:00
投稿日:2020-12-16 06:00
 好きな人とのLINEが長く続いている時、「相手はそろそろ終わらせたいと思っていないかな?」と心配になることってありますよね。LINEが面倒と思われるのも嫌だし、かといって終わらせるタイミングもわからない……。そんな人に向けて、またLINEのやりとりをしたくなる上手な終わらせ方をご紹介します!

可愛くて好印象♡ 好きな人とのLINEの終わらせ方

「お風呂に入ってくるね」

 LINEで盛り上がった後、一区切りつきそうなタイミングを見計らって「そろそろお風呂に入ってくるね♡」と一言入れてみましょう。お風呂は毎日入るものですし、清潔感のある印象を与えることができます。朝やお昼だったとしても、出かける前にお風呂に入るのは珍しいことではありませんよね。

 このフレーズであれば、何度使っても比較的自然にLINEを終わらせることができます。

「眠くなってきちゃった」

 LINEをしている時間帯が夜なら、タイミングを見計らって「眠くなってきちゃった」というフレーズを使ってみましょう。終わりに「また明日ね♡」で締めることで、明日もLINEをする口実まで作ることができます。

 また、子供のように無邪気でピュアで素直な印象を与えることもできるため、一石二鳥ですね!

既読スルーをして翌朝に返信

 夜に長くLINEのやりとりが続いたら、程よいタイミングで既読スルーしてしまいましょう。そして翌朝、「昨日は寝ちゃった!ごめん!」と入れて、またLINEをするのです。

 寝落ちするまでLINEに夢中だったことも伝えられますし、次の日にまたLINEを始める口実にもできますね。

「今日も1日お疲れ様」

 明日の仕事を心配してから、「今日も1日お疲れ様」と入れてみましょう。体や仕事の心配をしてくれる、「気遣いのできる子」という印象を与えることができます。「今日も1日お疲れ様」と言われてから、話題を広げる男性はほとんどいないでしょう。

 またLINEをするきっかけになる、「また明日LINEするね」という一言にもつなげやすいですね。

嫌われちゃう! やってはいけないNGなLINEの終わらせ方

 続いては、好きな人とのLINEでは使わないほうがいい、NGなLINEの終わらせ方をチェックしておきましょう!

だんだん言葉を減らしていく

 友達や脈なし男性とのLINEを終わらせる時に重宝する、だんだん返信文章を減らしていく方法。しかし、好きな人にやってしまうと、盛り下がって冷めてLINEを終えるイメージになってしまうため、あまりおすすめできません。

 好きな人には、ギリギリまで盛り上がって仕方なく終わらせるという印象にするのがポイントですよ。

短文の返事のみにする

 LINEを終わらせたいことを察してもらってから終わらせるような、短文のみの返信のやり方も、好きな人にはあまり使いたくない方法です。だんだん言葉を減らしていく方法よりも、さらにそっけなく、怒っている印象すら与えてしまうかもしれません。

返信のテンポを遅くする

 返信のテンポを遅くしていく方法もありますが、これは相手にストレスを与えてしまう方法です。明確な理由があれば相手も安心しますが、理由もわからずにどんどん返信が遅くなっていけば、「面倒くさくなった?」と、今後LINEを入れるのを控えられてしまう可能性もあります。

「それじゃあまたね!」

 この方法は、LINEを終わらせる理由を伝えていないため、どうしても唐突な印象があります。また、「明日」でも「あとで」でもなく「じゃあまた」という部分が、次にいつLINEを送っていいのか相手を混乱させてしまうでしょう。

好きな人とのLINEは盛り上がった後に可愛く終わろう♡

両思いがかなうといいね♡(写真:iStock)
両思いがかなうといいね♡ (写真:iStock)

 好きな人とのLINEの終わらせ方のポイントは、可愛らしい理由と、直前まで盛り上がって仕方なくLINEを終わらせるイメージにすることです。フェードアウトや空気を察してもらうやり方ではなく、引き際を可愛らしくして、両思いを叶えてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ