またやりとりしたくなる♡好きな人とのLINEの終わらせ方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-16 06:00
投稿日:2020-12-16 06:00
 好きな人とのLINEが長く続いている時、「相手はそろそろ終わらせたいと思っていないかな?」と心配になることってありますよね。LINEが面倒と思われるのも嫌だし、かといって終わらせるタイミングもわからない……。そんな人に向けて、またLINEのやりとりをしたくなる上手な終わらせ方をご紹介します!

可愛くて好印象♡ 好きな人とのLINEの終わらせ方

「お風呂に入ってくるね」

 LINEで盛り上がった後、一区切りつきそうなタイミングを見計らって「そろそろお風呂に入ってくるね♡」と一言入れてみましょう。お風呂は毎日入るものですし、清潔感のある印象を与えることができます。朝やお昼だったとしても、出かける前にお風呂に入るのは珍しいことではありませんよね。

 このフレーズであれば、何度使っても比較的自然にLINEを終わらせることができます。

「眠くなってきちゃった」

 LINEをしている時間帯が夜なら、タイミングを見計らって「眠くなってきちゃった」というフレーズを使ってみましょう。終わりに「また明日ね♡」で締めることで、明日もLINEをする口実まで作ることができます。

 また、子供のように無邪気でピュアで素直な印象を与えることもできるため、一石二鳥ですね!

既読スルーをして翌朝に返信

 夜に長くLINEのやりとりが続いたら、程よいタイミングで既読スルーしてしまいましょう。そして翌朝、「昨日は寝ちゃった!ごめん!」と入れて、またLINEをするのです。

 寝落ちするまでLINEに夢中だったことも伝えられますし、次の日にまたLINEを始める口実にもできますね。

「今日も1日お疲れ様」

 明日の仕事を心配してから、「今日も1日お疲れ様」と入れてみましょう。体や仕事の心配をしてくれる、「気遣いのできる子」という印象を与えることができます。「今日も1日お疲れ様」と言われてから、話題を広げる男性はほとんどいないでしょう。

 またLINEをするきっかけになる、「また明日LINEするね」という一言にもつなげやすいですね。

嫌われちゃう! やってはいけないNGなLINEの終わらせ方

 続いては、好きな人とのLINEでは使わないほうがいい、NGなLINEの終わらせ方をチェックしておきましょう!

だんだん言葉を減らしていく

 友達や脈なし男性とのLINEを終わらせる時に重宝する、だんだん返信文章を減らしていく方法。しかし、好きな人にやってしまうと、盛り下がって冷めてLINEを終えるイメージになってしまうため、あまりおすすめできません。

 好きな人には、ギリギリまで盛り上がって仕方なく終わらせるという印象にするのがポイントですよ。

短文の返事のみにする

 LINEを終わらせたいことを察してもらってから終わらせるような、短文のみの返信のやり方も、好きな人にはあまり使いたくない方法です。だんだん言葉を減らしていく方法よりも、さらにそっけなく、怒っている印象すら与えてしまうかもしれません。

返信のテンポを遅くする

 返信のテンポを遅くしていく方法もありますが、これは相手にストレスを与えてしまう方法です。明確な理由があれば相手も安心しますが、理由もわからずにどんどん返信が遅くなっていけば、「面倒くさくなった?」と、今後LINEを入れるのを控えられてしまう可能性もあります。

「それじゃあまたね!」

 この方法は、LINEを終わらせる理由を伝えていないため、どうしても唐突な印象があります。また、「明日」でも「あとで」でもなく「じゃあまた」という部分が、次にいつLINEを送っていいのか相手を混乱させてしまうでしょう。

好きな人とのLINEは盛り上がった後に可愛く終わろう♡

両思いがかなうといいね♡(写真:iStock)
両思いがかなうといいね♡ (写真:iStock)

 好きな人とのLINEの終わらせ方のポイントは、可愛らしい理由と、直前まで盛り上がって仕方なくLINEを終わらせるイメージにすることです。フェードアウトや空気を察してもらうやり方ではなく、引き際を可愛らしくして、両思いを叶えてくださいね♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ