交際しているのに…会おうとしない彼に不安がループする女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-12 06:10
投稿日:2020-12-12 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、「付き合おう」と合意があったはずなのに、彼氏がよそよそしくて悩んでいる女性の声をお届けします。

「友達」から「彼氏」に

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 30歳のTさんは、本気で婚活中の女性。次に交際した男性とは、できる限り早めにゴールインまで持ち込みたいと意気込んで、出会いにも積極的に取り組んできました。そんなTさんは、今年の秋、これまでは「友達」だった男性と、恋人として付き合うことに。

「彼氏のFとは、2年くらい前から友達でした。と言っても、学校が同じだったとかではなく、飲み会で知り合ってたまにLINEしたりグループでお酒を飲んだりする程度の仲でしたけど……。

 今年は、コロナの影響もあって旧知の友人たちとオンライン飲みやLINEをし合う機会が多かったのですが、Fとも他愛のない話をこれまでよりも頻繁にLINEするようになって、急接近しました。

 Fも私と同じくフリーだったこともあって、気がつけば、ほぼ毎日連絡を取り合うようになっていて、その流れで『こんなに気が合うなら、とりあえず付き合っちゃおう!』って話になって、交際が始まったんです」

1度もデートできないまま1ヶ月

カップルらしいことをしたいのに(写真:iStock)
カップルらしいことをしたいのに (写真:iStock)

 交際がスタートしてからも、今まで通り毎日のLINEや電話で、少しずつ愛を育んできたというふたり。しかし自宅がやや離れていることや、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、なかなかリアルなデートには持ち込めずにいるまま、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいます。

「私は、付き合うことになった以上は、早くFと会って、一緒にご飯を食べたりお泊まりデートをしたりって恋人らしいことをしたいんです。だけど、Fにそう話しても、なかなか会う日にちが決まらなくて……。

 Fはテレワークが中心の生活で郊外に暮らしているから、私が住む都内まで出てくるのは、億劫っていうのもあるみたいですね。

 とは言っても、付き合い始めてから、もう1ヶ月もデートができないって、ちょっと異常だと思うんです……」

 Fさんに気持ちを尋ねれば「好きだよ」「会いたいよ」と返ってくるものの、彼の行動を見ていると完全に信じることができず、苦しいと口にするTさん。

 なかなかデートをしようとしない彼の本心がどうしてもわからず、毎日不安のループにさいなまれているのだそうです。

コロナの影響で「会おう」とも言いにくく

いつになったら会えるの?(写真:iStock)
いつになったら会えるの? (写真:iStock)

「言っていることとやっていることが違いすぎるっていうか、彼にとって、“付き合う”ってなんなの?と、疑問しかありません。私は真剣に婚活をしているので、付き合うって決めたなら、ちゃんと関係を育てていきたいし、LINEや電話だけでなく会うことも大事だと思うんです。

 なのに、彼がなぜ1ヶ月もデートしてくれないのか……、倦怠期でもないし、むしろ付き合い始めって気持ちが盛り上がる時期なのに、まったく理解できません」

 最近では、不安を通り越して、恋人であるFさんに怒りすら感じるというTさん。

 これ以上、こんな状況が続くならば、いったん交際の話は白紙に戻すべきなのか迷っているのだとか。しかしそうこうしているうちに、東京都内で再び新型コロナウイルスの感染が拡大傾向となり、なかなかFさんに「会おう」と強くは言いにくくなっているとのことです。

 さて、そんなTさんの想いをFさんは、どう受け止めているのでしょうか。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ