交際しているのに…会おうとしない彼に不安がループする女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-12 06:10
投稿日:2020-12-12 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、「付き合おう」と合意があったはずなのに、彼氏がよそよそしくて悩んでいる女性の声をお届けします。

「友達」から「彼氏」に

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 30歳のTさんは、本気で婚活中の女性。次に交際した男性とは、できる限り早めにゴールインまで持ち込みたいと意気込んで、出会いにも積極的に取り組んできました。そんなTさんは、今年の秋、これまでは「友達」だった男性と、恋人として付き合うことに。

「彼氏のFとは、2年くらい前から友達でした。と言っても、学校が同じだったとかではなく、飲み会で知り合ってたまにLINEしたりグループでお酒を飲んだりする程度の仲でしたけど……。

 今年は、コロナの影響もあって旧知の友人たちとオンライン飲みやLINEをし合う機会が多かったのですが、Fとも他愛のない話をこれまでよりも頻繁にLINEするようになって、急接近しました。

 Fも私と同じくフリーだったこともあって、気がつけば、ほぼ毎日連絡を取り合うようになっていて、その流れで『こんなに気が合うなら、とりあえず付き合っちゃおう!』って話になって、交際が始まったんです」

1度もデートできないまま1ヶ月

カップルらしいことをしたいのに(写真:iStock)
カップルらしいことをしたいのに (写真:iStock)

 交際がスタートしてからも、今まで通り毎日のLINEや電話で、少しずつ愛を育んできたというふたり。しかし自宅がやや離れていることや、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、なかなかリアルなデートには持ち込めずにいるまま、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまいます。

「私は、付き合うことになった以上は、早くFと会って、一緒にご飯を食べたりお泊まりデートをしたりって恋人らしいことをしたいんです。だけど、Fにそう話しても、なかなか会う日にちが決まらなくて……。

 Fはテレワークが中心の生活で郊外に暮らしているから、私が住む都内まで出てくるのは、億劫っていうのもあるみたいですね。

 とは言っても、付き合い始めてから、もう1ヶ月もデートができないって、ちょっと異常だと思うんです……」

 Fさんに気持ちを尋ねれば「好きだよ」「会いたいよ」と返ってくるものの、彼の行動を見ていると完全に信じることができず、苦しいと口にするTさん。

 なかなかデートをしようとしない彼の本心がどうしてもわからず、毎日不安のループにさいなまれているのだそうです。

コロナの影響で「会おう」とも言いにくく

いつになったら会えるの?(写真:iStock)
いつになったら会えるの? (写真:iStock)

「言っていることとやっていることが違いすぎるっていうか、彼にとって、“付き合う”ってなんなの?と、疑問しかありません。私は真剣に婚活をしているので、付き合うって決めたなら、ちゃんと関係を育てていきたいし、LINEや電話だけでなく会うことも大事だと思うんです。

 なのに、彼がなぜ1ヶ月もデートしてくれないのか……、倦怠期でもないし、むしろ付き合い始めって気持ちが盛り上がる時期なのに、まったく理解できません」

 最近では、不安を通り越して、恋人であるFさんに怒りすら感じるというTさん。

 これ以上、こんな状況が続くならば、いったん交際の話は白紙に戻すべきなのか迷っているのだとか。しかしそうこうしているうちに、東京都内で再び新型コロナウイルスの感染が拡大傾向となり、なかなかFさんに「会おう」と強くは言いにくくなっているとのことです。

 さて、そんなTさんの想いをFさんは、どう受け止めているのでしょうか。次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ