シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-20 06:00
投稿日:2021-01-20 06:00
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋愛がなかなか成就しにくいという女性もいるようです。そこで今回は、シャイな女性の特徴&恋愛を成就させる方法をご紹介します。

シャイな女性の6つの特徴

シャイな女性ってかわいいよね(写真:iStock)
シャイな女性ってかわいいよね (写真:iStock)

 恋愛がうまくいかない人の中には、気づいていないだけで“隠れシャイ”の人もいます。まずは、シャイな女性の特徴を見て、自分がいくつ当てはまるのかをチェックしてみましょう。 

1. 自分に自信がない

 恋愛に奥手な女性の中には、自分に自信がないことで男性に積極的にアプローチできない人が少なくありません。

「どうせ私なんて相手にされる訳がない」「私が恋愛するなんて……」と自分を卑下するのも、シャイな女性の特徴のひとつ。万が一、友達が同じ男性を好きになっても自分の気持ちを押し殺し、「彼には彼女の方がふさわしい」と、友達を応援する人も多いでしょう。

2. 恋愛経験が少ない

 シャイな女性は、恋愛経験が少ないのも特徴のひとつです。過去に、好きな人がいたとしても、「目が合うだけで緊張してしまう」など、まともに男性と話をしたことがない人も多いでしょう。

 また、男性と接する機会が少なかったため、理想や期待が膨らんでいる人が多いこともあるようです。

3. もともとおとなしい性格

 人はそれぞれ性格が異なり、接し方も変わってきます。シャイな女性は、もともとおとなしい性格の人が多く、自分から進んで発言したり、みんなを引っ張っていくようなことを苦手に感じます。

 人に自分の思いや考えを伝えるのも苦手なため、好きな人ができても告白しないまま諦めてしまう人も多いでしょう。 

4. 常に受け身

 友達と一緒にいる時、どこのお店に行くか、何を食べるか、あなたは決めることができますか?

 実は、シャイな女性はこれができません。常に受け身の姿勢でいるため、「あのお店に行こう」「これが食べたい」と相手の希望を受け入れます。そして、これが嫌だと思っておらず、むしろ「居心地が良い」と考えています。

5. 集団行動が苦手

 シャイな女性は、「集団行動が苦手」なのも特徴のひとつ。周りにたくさん人がいると、誰に合わせたらよいのか分からず疲れてしまうのです。

 自己主張が苦手なため、たくさん人がいる中で、「どうしたい?」「何にする?」なんて聞かれると、戸惑ってしまうでしょう。良かれと思って、「お任せします」と答えると、周りから「自分に意見がない」なんて、悪く言われることもあるようです。

6. 一人時間が好き

 誰にとっても一人時間は大切なものではありますが、特にシャイな女性にとって、一人時間は格別の時間です。

 シャイな女性はインドアの人が多いのも特徴で、家の中で映画を観たり、本を読んだりと、自分の好きなことをして過ごすことが得意。おひとり様行動も、思い切り楽しむことができます。

シャイな女性が恋愛を成就させる3つの方法

いつも笑顔で!(写真:iStock)
いつも笑顔で! (写真:iStock)

 シャイな女性の特徴をチェックしてみると、「私もシャイなのかも」とはじめて自分の性格に気づいた人もいるかもしれませんね。シャイな性格は決して悪いことではありませんが、恋愛を成就させるためには、ちょっとした意識改革が必要ですよ!

1. 積極的に男性と接して慣れる

 恋愛経験が少なく、男性と接することが苦手な人は、まずは男性に慣れることが必要です。「好きな人ができてからで良いだろう」なんて思っていると、いざという時にアプローチできなくなってしまいます。

 まずは、職場や友達、お店の店員さんなど、意識的に自分から話しかけてみましょう。

2. 常に笑顔を心がけ、明るい雰囲気づくりをする

 シャイな女性は好きな男性が近づいてくると、「どう接したらよいのか分からない」という理由から、素っ気ない態度をとってしまいがち。しかしこれでは、相手の誤解を招き、恋愛関係になるには難しいでしょう。

 恋愛に発展させるためには、何よりも笑顔で明るい雰囲気を作ること。そうすれば、男性も誘いやすくなるでしょう。

3. 気になる男性とは共通点を見つけて話題作りをする

 恋愛経験が少ないと、「私には恋愛テクニックがないから」と、アプローチ自体諦めてしまう人がいます。しかし、距離を縮めるにはそれほど難しいテクニックは必要ありません。

 彼との距離を縮めるには、共通の話題を見つけることがポイント! 学生時代のサークル、趣味、好きなアーティストなど何でも良いので共通点を見つけ、話題作りをしましょう。話が盛り上がれば、一気に距離を縮められるはずです。

シャイでも大丈夫! 殻を打ち破って恋愛を楽しもう♡

殻を破って一歩前へ!(写真:iStock)
殻を破って一歩前へ! (写真:iStock)

 シャイな人にとって、恋愛は「難しい」「敷居が高い」と感じるものかもしれません。せっかく好きな人ができても、「私なんて……」と諦めてしまう人も多いでしょう。しかし、これではいつまで経っても恋人を作ることはできません。

 本気で「彼氏がほしい」と思うなら、恋愛を成就させる方法を参考に、その殻を打ち破ってくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...