大好きだったのに…彼氏に幻滅する6つの瞬間&対処方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-26 06:00
投稿日:2021-01-26 06:00
理想の相手と交際できたからといって、すべてが思い通りにいくとは限りません。時には、思いもよらない一面を見て幻滅してしまい、「私って冷たいかも」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいるよう。でも、そう思っているのはあなただけではありませんよ! 今回は、多くの女性が経験している、彼氏に幻滅する瞬間と対処方法をご紹介します。

あなたも経験済み? 彼氏に幻滅する6つの瞬間!

1円単位での割り勘にガッカリ(写真:iStock)
1円単位での割り勘にガッカリ (写真:iStock)

 大好きだったはずの彼に幻滅してしまうと、「こんなことで嫌いになるなんて……」と、がっかりしてしまう人が少なくありません。まずは、彼氏に幻滅する瞬間をチェックしていきましょう。

1. 嘘をつかれた

 彼に嘘をつかれて、幻滅してしまう人はたくさんいるようです。関係を維持していくためには、信頼関係が必須。どんなに愛情があっても、信頼できない人と付き合い続けることはできませんよね。

 どうでも良いような小さな嘘であれば笑って済ますこともできますが、それが日常茶飯事となれば話は変わりますし、さらに浮気を隠すための嘘などが分かれば、信頼関係は完全に壊れてしまうでしょう。

2. 割り勘の際、1円単位まで計算する

 デート代は男性が払うのが基本というカップルも多いですが、割り勘派のカップルも少なくありません。そんなカップルの中には、彼が1円単位までお金を計算することに幻滅してしまう人が多くいます。

 もちろん、お金にきっちりすることは大切なことですが、デート代まで細かく計算されると、「ケチだな」「私に価値がないの?」と不満を持つ女性が多いです。

3. 店員に横柄な態度をとる

 男性は、好きな女性の前ではカッコつけたいもの。少しでもいい男に見せようと、アピールする人も多いでしょう。

 しかし、中には「俺は客だ」「お金を払っているんだから」と言わんばかりに、店員に横柄な態度を取る勘違いしたカッコつけをする男性もいます。そんな彼を見て、幻滅してしまう女性は多いでしょう。

4. ファッションセンスが絶望的

 どんなに大好きな彼氏であっても、ファッションセンスのなさに幻滅してしまう人もいるでしょう。

 学校や職場で会うことが多いと、必然的に制服やスーツばかりを目にするため、私服を見る機会は少ないです。そんな彼が絶望的なファッションセンスだったとしたら……デートの際に待ち合わせ場所で、愕然とすることになるでしょう。

5. デート中、平気でおならをする

 付き合いがスタートしたばかりの頃は、何をするにも緊張するもの。当然、おならなんてNG中のNGです。

 しかし、交際期間が長くなって安心感を得た男性の中には、平気でおならをする人がいます。「彼女の前だから、自然体でいられる」と、彼の中では良いことだと思っていても、女性からすると「デリカシーがない」と幻滅する人もいるでしょう。

6. ピンチの時、助けずに逃げた

 女性にとって、彼氏は辛い時や困った時に助けてくれる存在。そのため、いざという時に彼氏が逃げ出す姿を見ると、幻滅してしまう人がほとんどです。たとえば、誰かに絡まれた時、助けるどころか逃げだすような男性であれば、「このまま交際し続けるのは無理だな」と感じるのは当然でしょう。

彼氏に幻滅したらどうしたらいい? 3つの対処方法

指摘しても変わらないなら「お別れ」という選択肢も(写真:iStock)
指摘しても変わらないなら「お別れ」という選択肢も (写真:iStock)

 交際が順調に進んでいたはずなのに、ちょっとしたきっかけで彼に幻滅したら「どうしよう」と悩む人も多いはず。そんな時は、自分の気持ちに素直になるのが一番ですよ。

1. 嫌な部分を伝えて直してもらう

 彼に幻滅したら、そのことを彼に伝えられない人がほとんどです。モヤモヤしながらも、交際し続ける人が多いでしょう。

 しかし、いつまで経っても気になるのであれば、素直に気持ちを伝えることも大切。「この間の態度が、どうしても気になって」と伝えることで、彼の意識を変えることができるかもしれません。嫌なことも伝え、お互いに改善し合えることこそが本当の愛情ともいえるでしょう。

2. 交際当初の気持ちを思い出し、彼の良い部分を見る

 彼のちょっとした言動に幻滅してしまうと、「どう接したらよいのか分からない」と思ってしまう人も少なくありません。嫌な部分ばかりが、目につくようになってしまった人もいるでしょう。

 そんな人は、交際当初のことを思い出してみるのがおすすめ。彼にはきっと、たくさん良い部分や好きな部分があるはずです。良い部分を思い出すことで、幻滅した部分もカバーできるかもしれません。

3. きっぱりと別れる

 彼に幻滅した人の中には、「どうしても、彼のことが許せない」と言う人もいるでしょう。幻滅した理由、その重要性は人それぞれです。

「どうしても、これだけは譲れない」と思うのであれば、別れを選択するのも一つの方法です。

彼に幻滅した時こそ、運命の相手か判断するタイミングだと考えよう

続ける?やめる?よーく考えて(写真:iStock)
続ける?やめる?よーく考えて (写真:iStock)

 彼の嫌なところを見てしまい、別れを考えている人の中には、「こんなことで別れを考えるなんて、私がいけないんだろうか?」と悩んでしまう人もいるでしょう。

 しかし、幻滅した時は相手を見極める良いタイミングでもあります。対処方法などを参考に自分の気持ちと向き合って、彼とこれから先どうしていきたいのかを考えてみましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...