可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-18 06:00
投稿日:2021-02-18 06:00
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモテる人であればあるほど、その気持ちは大きくなるものです。しかし、気持ちを伝える方法を間違えてしまうと、「重い」と思われて嫌われてしまうかも……。そこで今回は、可愛くヤキモチをやく方法&嫉妬と思われがちなNG行動をご紹介します。

愛しさを倍増させる♡ 可愛いと思わせる5つのヤキモチ方法

 ヤキモチは、愛情表現の一つ。相手にヤキモチをやかれることで、愛情を確認できることもありますよね。ただし、ヤキモチはあくまでも可愛いと思わせる範囲内であることがポイントです!

1. 女性芸能人を「可愛い」という彼にふくれっ面をする

 テレビや雑誌などを見ている時、女性芸能人に対して彼が「この子、可愛いよね」なんて、言うこともあるでしょう。当然、彼女としては彼がほかの女性を褒めるということ自体、気持ちが良いものではありません。「どこが?」と、突っ込みたくなることもあるでしょう。

 そんな時には気持ちをグッと堪えて、可愛くふくれっ面をしてみましょう。そうすることで、ヤキモチをやいていることを伝えるとともに、可愛さアピールをすることができます。

2. 飼っているペットにヤキモチをやく

 大好きな彼にとって、「私は1番でありたい」と思っている人が多いでしょう。そんな人は、彼にとって近い存在にヤキモチをやくのも効果的です。

 特に、彼がペットを飼っている場合には、「いいなぁ、いつもあなたと一緒にいられて」なんて、ペットにヤキモチをやくことがおすすめ。そんなことを言われた彼は、きっとキュンとしてしまうはずです。

3. 元カノを気にする

 ヤキモチをやく相手というのは、その時の状況や環境によっても変わるもの。そして、男性にとって可愛いヤキモチは、やいても仕方ない相手であることもポイントです。

 その一つが「元カノ」の存在。あなたにとっては永遠のライバルかもしれませんが、彼にとっては単なる過去の相手でしかありません。そのため、「元カノは、可愛い人だね」なんてヤキモチも、男性にとっては可愛らしく映るでしょう。

4. ヤキモチやいているのに「やいてない」と嘘をつく

 彼のことが好きすぎて、しょっちゅうヤキモチをやいてしまい、疲れてしまっている女性もいるでしょう。そんな女性の中には、プライドが高く、「やいているなんて、気づかれたくない」と思っている人もいるはず。

 でも実は、ヤキモチをやいているのに「やいていない」と嘘をつく姿も、男性にとっては可愛く思われるそう。強がっている姿が、男性にとっては愛おしく思えるのでしょう。

5. 二人きりになった途端、くっついてくる

 

 彼とのデート中、彼の異性の同僚や友達に会った時、ちょっとしたヤキモチをやく女性も多いのではないでしょうか? でも、途端に機嫌が悪くなるのはNG。これでは、「面倒くさい女」だと思われてしまいます。

 そんな時は、二人きりになった途端に「彼は、私の恋人なんだから」と言わんばかりにくっついてみましょう。積極的にスキンシップをとることで、ヤキモチをやいた気持ちと愛情を伝えられ、「可愛いな」と思わせることができるでしょう。

ヤキモチも「重い」と思われれば嫉妬に!気を付けたい3つのNG行動

「可愛いヤキモチ」と聞くと、“ヤキモチは男性に可愛いと思ってもらえる行動”と思う人もいるでしょう。しかし、ヤキモチは行動一つ間違えれば「嫉妬」になってしまいます。難しいのが、嫉妬になった途端に彼は「重い」「面倒」だと思ってしまうこと。そこで、気を付けたい3つの行動について、ご紹介します。

1. 連絡頻度が過度

 彼にLINEや電話をして反応がないと、ついつい心配になってしまうものです。しかし、ここで何度も連絡をしてしまうのはNG。特に、彼の仕事中や友達と会っている時の、過度な連絡はやめましょう。彼の反応がなくても、しばらく数時間は待つことが、愛され彼女になるコツですよ。

2. 女友達を嫌う

 友達付き合いというのは、人によって異なるもの。同性の友達しかいない人もいれば、異性の友達がたくさんいる人もいるでしょう。

 もしもあなたが「異性の友達なんてあり得ない」と思っていても、彼に女友達がいることは受け入れなければいけません。嫉妬から女友達の悪口を言ったり、避けるようなことをすれば、あなたのほうが彼に嫌われることになるでしょう。

3. ヤキモチを焼いた途端、機嫌が悪くなる

 彼から「可愛いヤキモチ」と思われるためには、あくまでも彼を困らせない範囲であることが大切です。急に機嫌が悪くなったり、泣き出してしまっては、彼を戸惑わせることになります。

 ヤキモチをやき、「どうしてあんな女性と仲良くするの?」なんて問い詰めてしまっては、怖い嫉妬になってしまいます。注意しましょう。

嫉妬ではなく可愛いヤキモチで彼の心を虜にしよう♡

 ヤキモチをやくということは、それだけ「彼のことが好き」ということ。そんな気持ちを知れば、彼だって嬉しいはずです。しかし、ヤキモチも度を越えてしまえば、厄介な嫉妬になってしまい、あなた自身も苦しむことになります。そうならないためには、可愛いヤキモチの範囲内で上手に彼に気持ちを伝えることが大切♡ ぜひ、参考にしてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
同じ空気ムリ、離婚する? 本音で話せない夫婦が抱えるリアルな悩み5選
 あなたはパートナーと本音で話せているでしょうか? 本音で話さずにいると、異性問題が勃発するケースもあるようです。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ
地雷踏んでませんか? 年下男子が“即ブロ”認定する年上女性のLINEとは
「どうして? 彼からブロックされちゃった…」と、茫然とする年上女性が増えています。  うまくいってると思っていたのに、...
内藤みか 2024-05-30 06:00 ラブ
夫の不倫相手はまだ独身w 離婚を思いとどまってよかった~な、瞬間5つ
 喧嘩、不倫、借金、教育方針の違いなど理由はさまざまありますが、現在進行形で「夫と離婚しようかな」と考える女性もいるので...
恋バナ調査隊 2024-05-28 06:00 ラブ
妻だけが知る夫の正体「つまらない男なのよ~」は愚痴か、それとも惚気か
 よく既婚女性から「うちの夫ったらつまらない男なのよ〜」なんて愚痴を耳にしますよね。でもつまらないから離婚したいと言う人...
恋バナ調査隊 2024-05-27 06:00 ラブ
マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ