男性の嫉妬サインに気づいたら? 嫉妬を解く“魔法の言葉”♡

コクハク編集部
更新日:2019-07-12 06:00
投稿日:2019-07-12 06:00
 一見クールに見える男性でも、嫉妬のサインを無意識に出していることがあるって知っていますか? 男性の嫉妬を放っておくと、喧嘩など思わぬトラブルに繋がることもあるので要注意! そこで代表的な嫉妬サインや、上手なおさめ方を見ていきましょう♪

実はバレバレ! 代表的な男性の嫉妬サイン

嫉妬はかっこ悪いと思っている男性も…(写真:iStock)
嫉妬はかっこ悪いと思っている男性も… (写真:iStock)

 女性よりも独占欲が強いと言われる男性。程度には個人差があるものの、こっそり嫉妬をしている男性は多いそう。まずは観察して、いち早く気づいてあげましょう! まずは、嫉妬サインをチェック!

冷たくなる・不機嫌になる

 急に冷たくなったり不機嫌になったりするのは、嫉妬サインの可能性大。あなたから他の男性の話を聞きたくない、他の男性に笑いかけるのを見たくない、など、不満や心配が行動に表れているのです。

 また、嫉妬をするなんてかっこ悪いと思っている大人の男性の場合には、女性にバレないように口数が減ったり、スムーズに別の話題に切り替えようとすることもありますね。

他の女性の話をしてくる

 基本的に男性は、過去の女性の話を自ら持ち出したり、褒めたりするようなことはありません。それでも、あえて他の女性の話をしてくる時には、自分にも嫉妬してほしいと思っている可能性が考えられます。

 でも、そんな時に女性が怒るのはNG。「自分だってそうだろう!」と言えない男性は、さらに不機嫌に。喧嘩へと発展してしまう可能性もあるので、上手に受け流すことが大切。

自慢話を始める

 男性は本能的に、他の男性よりも自分が強く優秀だとアピールしたいものです。特に嫉妬を感じた時には女性を自分に引きつけておくために、自慢話や過去の武勇伝などを語り始める人も多いよう。

 鬱陶しいなんて思わずに、彼のアピールを存分に受け止めてあげましょう。

男性の嫉妬の対処法! 素早く上手におさめてあげるには?

ドライブに連れ出すのもひとつのアイデア(写真:iStock)
ドライブに連れ出すのもひとつのアイデア (写真:iStock)

 男性の嫉妬に気づいたら、事態が重くなる前に収束させるのが得策! 好きな男性を嫉妬の呪縛から、さっさと解放してあげましょう!

子供扱いをしない

 嫉妬をするシチュエーションにもよりますが、男性の心は不安や不満で渦巻いているはず。そんな時に、子供扱いをするのは絶対にダメ。プライドが余計に傷ついて殻に閉じこもってしまったり、大きな喧嘩へと発展する可能性も考えられます。

 たとえ、相手がイライラして大人げなく見えたとしても、逆ギレなんてせず、よく話を聞いてあげましょう。

気分転換させる

 状況によっては難しいかもしれませんが、男性の嫉妬心を感じた時には気分転換をさせてあげるのも1案。どこかへ外出するでも良いですし、美味しいご飯を作ってあげても良し。「たいしたことじゃなかった、一緒にいて楽しい」と、感じてもらうことが目的です。

 ただし、嫉妬を根に持つ男性はいます。しばらく機嫌が戻らなかったり、笑ってくれないかもしれません。でも、そんな時こそ女の見せ所! 精一杯のお膳立てをして、機嫌を直してあげましょう。また、その時に「嫉妬してくれて嬉しい!」と、素直に伝えるのも手。「嫉妬が嬉しい=男性のことが好き」ということですから、男性も悪い気にはならないはず。

男性の嫉妬を一瞬で解く魔法の言葉は「あなたが1番!」

日頃から愛情を伝えることを心がけて(写真:iStock)
日頃から愛情を伝えることを心がけて (写真:iStock)

 男性が嫉妬するのは、女性の行動が原因である場合がほとんど。嫉妬をして苦しくなる気持ちは、きっと大人の女性なら想像できますよね。

 絶対にやってはいけないのが、わざと嫉妬心を煽ること & 面倒だからと放置すること。後々、男性からの束縛が激しくなったり、信用されなくなって喧嘩や別れへと繋がる可能性も十分に考えられます。

 男性の嫉妬を一瞬で解く魔法の言葉は、「あなたが1番!」です。もちろん、口先だけではいけませんよ。きちんと目を見て心からの愛情を伝えてあげられたら、きっと表情が和らぐはず。ぜひ、ここぞという時に試してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話...
ミクニシオリ 2020-10-23 06:00 ラブ
FILM
 今、かつてないほどの出張ホスト人気が起きています。コロナ禍で夜の街に行きづらくなった女性たちが、マンツーマンで相手をし...
内藤みか 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 好きな人とデートに行った後、「楽しかったね!」とLINEしたのに既読スルーされた……なんて経験はありませんか? 多くの...
恋バナ調査隊 2020-10-22 06:00 ラブ
FILM
 則夫の内縁の妻の連れ子が不憫で、養護施設に寄付をしたいと加奈子さんが言ったとき、則夫は最初、そのお金は預かれない、そこ...
神田つばき 2020-10-21 06:00 ラブ
FILM
 失恋した時や彼氏がいない時、「そうだ! 何か習い事をして自分磨きをしよう」という思考になることがあります。それはとても...
田中絵音 2020-10-20 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-21 23:04 ラブ
FILM
 世間では草食男子の増殖に比例するように、グイグイ攻めることができる肉食女子も増えておりますね。自分から攻めずとも女性か...
若林杏樹 2020-10-19 06:50 ラブ