LINEで呼び込む恋の始まり♡ 脈ありを匂わすモテテク7選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-02 06:01
投稿日:2021-02-02 06:00
 気になる男性と、なかなか恋の始まりまで発展しないことってありますよね。実は男性側も「脈あり」だと確信できないと、なかなか積極的にはなれないそうなんです。だからこそ、LINEを活用してみましょう。実は、モテ女子は、INEで上手に「脈あり」を匂わすことで素敵な男性をゲットしているんですよ。今回は、そんなモテテクをたっぷりご紹介します♡

脈あり?「恋の始まり」を感じさせるモテるLINEの送り方7選

1.「最近どうしてるかなって思って」

 男性は、「特に用事がないのに、自分のことを思い出してくれたんだ」と感じて、脈ありなのでは? と思うようです。そもそも、興味がない相手に送る内容でもないので、少なくとも「こちらに興味はあるんだな」と、男性に恋の始まりを感じさせることができます。

2.「今度2人で飲みにいかない?」

 2人きりでの飲みに誘われた時、恋の始まりを感じるという男性は多いです。少しダイレクトな感じもしますが、決して好きとも気があるとも言っていないので、比較的送りやすい内容でしょう。

 2人きりで行きたいことをしっかり言葉で伝えることで、相手に脈ありを匂わすことができますよ♡

3.「今日もお疲れさま! おやすみ」

 “お疲れ様LINE”は友達でもすることがあると思いますが、恋の始まりを匂わせたいなら、すぐに「おやすみ」で、締めくくりましょう。そうすることで、「特に用事はないけど、おやすみを言いたかっただけ?」と感じさせることができます。

 おやすみを言うためだけにLINEしているということが、特別な存在アピールにつながりますよ。

4.「彼女さんっているんですか?」

 彼女の有無を聞くというだけの、簡単なLINEです。でも、このLINEを送れば、男性は「俺と付き合いたいのかな?」というところまで想像を膨らませてくれるはず!

「なんでそんなこと聞くの?」と聞かれたら、「気になったから♡」と素直に答えることで、より相手に意識してもらえるようになりますよ。

好きな人からLINE! 恋の始まりを呼ぶラリーを続けるテク♡

 続いては、好きな人からLINEが送られてきた時に、チャンスを逃さないための「トークのラリーを続けるテク」をご紹介しましょう!

1. LINEを寝落ちで終わらせる

 好きな人からLINEがきたら、チャンスを逃す手はありません! ラリーが続いているうちに、忙しさや寝落ちのせいにして翌日まで会話を先延ばしにしましょう。こうすることで、翌日も自然にLINEのラリーを再開させることができます。

 何度も続けると印象がよくないので、適度にこの技を使ってできるだけ長くLINEのラリーを続けてみてください。脈ありを匂わせつつ、距離を縮めていくことができますよ。

2. 彼に相談をする

 好きな男性とありきたりな会話だけをしていると、話題が終わった時に次のラリーを始めるのに勇気がいりますよね。そこで、何か相談をするというのもひとつの方法です。

 相談内容は相手との関係性にもよりますが、出会ったばかりなら「父の日のプレゼントの意見を聞きたい」「電気機器の設定について知っていたら教えて欲しい」など、軽めの相談がおすすめです。

 後日、経過報告をすることもでき、自然にLINEする頻度を増やすことができますよ。また、男性に頼ることで「守ってあげたい」という気持ちにさせる効果もあります♡

3. 恋愛トークにもっていく

 より恋が始まる確率を高めたいなら、自然な流れで恋愛トークに持っていくのがおすすめです。女性のタイプや恋愛観などについて会話することで相手のことがわかってきますし、こちらが話す時に男性のタイプを相手の人の特徴に合わせることで、積極的にアプローチすることもできますね。

恋の始まりはLINEから♡ モテテクで素敵な彼をゲットして

恋につながりますように(写真:iStock)
恋につながりますように (写真:iStock)

 LINEを、“ただの連絡ツール”で終わらせるのはもったいないです。男性に「好かれているのかな?」「彼女なら付き合ってくれるかも!」と脈ありを確信させることが、一番のモテテク! 彼氏が欲しい人こそ、LINEでのモテテクを駆使して、素敵な彼氏をゲットしてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ