彼女にしたいと思う女性とは? 異性を落とす戦略的モテテク

伊藤早紀 恋愛メディア編集長
更新日:2019-07-13 06:00
投稿日:2019-07-13 06:00
「いい人と出会ったのに、2回目に繋がらない」「いつも遊びの関係で終わってしまう」
 出会いはあるのに、好きな人はできるのに、イマイチ次の関係に行けない。「本命彼女」の座を取り逃がしてしまう。そんなお悩み、抱えていませんか?
 今回は「本命彼女になるための方程式」を解説しながら、今すぐできる本命彼女になる方法をお伝えしたいと思います。

異性を好きになる法則は? 企業のモチベーションの法則から考えてみた

戦略的モテテクで本命彼女になろう(写真:iStock)
戦略的モテテクで本命彼女になろう (写真:iStock)

 私は最近、部下のマネジメントについてインプットするために「THE TEAM~5つの法則~」という本を読みました。

 これはリンクアンドモチベーションという組織作りのコンサル会社役員である麻野耕史さんという方が書いた本なのですが、メンバーが自社に貢献したいと思う気持ち=エンゲージメントを高める法則として、こう書いてありました。

 エンゲージメント=報酬・目標の魅力(やりたい)×達成可能性(やれそう)×危機感(やるべき)

 これを読んだとき、目の前の異性と「付き合いたい」気持ちと方向性がとても似ていると思いました。この法則を恋愛に転用するとこうなります。

 付き合いたい=異性の魅力×いけそう感×ライバルにとられる危機感

 芸能人級の美人でも、ニコリともせずにツンとすましている女性には、「すごい美人だけど俺なんかじゃ付き合えない」と男性は臆病になりがちです。

 また、「あなたのことだけが好きなの!」と一途な女の子は一見可愛らしく感じられますが、1人の男性のことしか見えてない女性は、相手の男性から舐められてしまうことも。

 男性に「この子と付き合いたい!」と思わせるには、魅力アップはもちろん、「この子なら付き合えそう」という「いけそう感」と、「放っておくと他の男にとられるかも!」という危機感を高めることが必要です。

「魅力」は、見た目などの外的魅力はもちろん、性格の良さや価値観などといった内面の魅力など人によって感じる魅力も、持ってる魅力も様々で、総合勝負であり、一朝一夕で身につけることはできません。

 でも、「いけそう感」「ライバルにとられる危機感」は比較的、テクニックとして身につけやすいのです。

 このいけそう感とライバルにとられる危機感を高める方法を解説します。

「いけそう感」は「あなたのことを受け入れます」という安心感

二人っきりの時は目を見つめて(写真:iStock)
二人っきりの時は目を見つめて (写真:iStock)

 この「いけそう感」の度合いが低い女性は、とても美人なのにお誘いがかかりにくかったり、男性に対して強い警戒心を持っている女性が多いです。

 男性はとても臆病な生き物です。デートのお誘いも告白も、「確実に受け入れられる」という確証がないと動けません。

 このいけそう感を高めるには「あなたに誘われても断らないです」オーラを出すこと。笑顔の回数を増やす、「あそこ行ってみたいな」と誘いやすい雰囲気を作り出す、相手を褒めるなど好意を寄せていることを積極的に表現します。

 また「目の合う機会を増やす」のも簡単で効果抜群です。心理学では見つめ合う回数が多いほど親密度が増していくといいます。男性は目が合う回数が多いと「この子、俺のこと好きなのかな」と思いがちです。

 もちろん、二人きりでいる時に目を見つめたりするのも、とても有効です。「すごい見てくるよね」と恥ずかしそうにしていたら効果てきめん! もちろん笑顔もセットで使いましょう。「あなたのことが好きで、あなたといるととても楽しいの」を表現していきます。

 また、「好きを表現する」だけではなく「隙を見せる」のも大事です。あまりに完璧だと「この子、俺のこと必要なさそうだな」と思われてしまいます。

 ペットボトルのふたをあけてもらったり、道案内をしてもらうなどの簡単なお願いごとや、仲が良くなったら相談ごとをしてみるなど、好きだけでなく隙も見せていくようにして「いけそう感」を高めましょう。

「他のライバルにとられる危機感」はライバルの影をチラつかせる

「うふふ」と笑ってみるだけで…(写真:iStock)
「うふふ」と笑ってみるだけで… (写真:iStock)

 ただいけそう感を高めるだけでは、男性は「今付き合わなくてもこの子は俺のこと好きだから大丈夫」と調子に乗ってしまいます。

 ここで必要なのがライバルの影です。このライバルの影の塩梅は結構難しいのです。

 あまりに他の男性の話をされたり、「今どっちにしようか悩んでいて……」など露骨に言われると、男性は「この子、無理そうだから他の子にしよう」とか「俺のこと好きじゃないなら意味ないな」とすぐに諦めてしまいます。

 実はおすすめなのは、あまり語らないこと。例えば「他にもデートしてる人いるの?」と聞かれたら「うふふ」と笑ってみるだけ。これだけであとは勝手に男性の妄想は膨らんでいきます。

いけそう感と危機感のバランスが大事

絶妙な限定感で彼を虜に(写真:iStock)
絶妙な限定感で彼を虜に (写真:iStock)

 いけそう感だけでは男性が安心しきって最後の決めをしてくれなかったり、危機感だけ煽るとまだそこまで惚れてくれていなかった場合、「他にも男がいるなら他の手頃な子を探そう」と手を引いてしまいます。

「この子、すごく俺のこと好きっぽいんだけど、今決めないと次会うまでに他の男にとられるかもしれない!」という絶妙な限定感を出すためには、バランス良く「いけそう感」と「危機感」を出していきましょう。

 みなさんの恋愛、応援しています!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ
10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ