30代人妻の告白「14歳年下大学生との甘美な不倫の果てに」#3

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2021-05-07 06:00
投稿日:2021-05-07 06:00
 ついに14歳年下の大学生・Dさんとラブホテルに入ったY美さん(35)は、ホテルのドアを閉めるなり、彼と抱きしめ合った。夫とは違う体臭と若々しい汗の匂い、筋肉質な逞しい体に酔いしれながら、キスを交わして――。待望の第3弾!

一回目はコチラ
二回目はコチラ

14歳年下男性の欲情に興奮

――巧みな誘惑で彼をラブホテルに誘うことに成功。その後をお聞かせください

「はい、キスの時は私のほうから舌を絡めました。やはり年上の私が積極的になったほうがいいかな、と。私が舌を差し入れると、彼も発情のボルテージが一気にアップしたかのように、舌を絡めてきましたよ。もう先ほど呑んだワインの味が吹っ飛んじゃうほど、貪るような激しいキスにエスカレートしてしまって……。

 そのうち、彼は私の体をきつく抱きしめて、さらに体を密着させてきたんです。スカートごしの下腹に、硬い勃起が当たり、私、キスをしながら思わず『ンンッ』と鼻を甘くならしてしまいました。久しぶりのペニスの感触、しかも14歳も年下の好青年が私に欲情してくれているという事実に、すごく興奮してしまって……」

――続けてください

「初めこそ、キスを交わしながら下半身を押しつけていましたが、私のほうが我慢できなくなって、彼の股間に手を伸ばしたんです。

 デニムごしでも、隆々とそそり立つ勃起が分かりました。私、キスをしながら、思わずファスナーをさげて、下着ごしのペニスを揉みしだいたんです。彼は『うっ』と唸りました。その声がひどく色っぽくて……いつもは爽やかなサッカー青年なのに、こんなセクシーな声をあげられたら、こちらももっと聞きたくなりますよね。(笑) 

 私ったらすっかり大胆になって、デニムと下着を引きおろしてペニスをむき出しにし、ナマの勃起を握りしめました。」

私、まだ現役なんだ…!

――続けてください

「すでにフル勃起状態のペニスは、太くて長さもありました。そのうえ、おびただしいカウパー汁を噴きだしていたんです。『ああ、やっぱり若い』『これが21歳の体なのね』って、ますますドキドキしちゃって……。

 先走り汁で濡れた手で、彼のモノを上下に優しくしごいたんです。ペニスをしごくたび、ニチャ……ニチャ……と卑猥な粘着音が室内に響きました。ペニスを上下するたび、Dさんは『う……気持ちいいです』『ああ、やめないでください』と喘ぎ声を出すんですよ。まさにギャップ萌え。

 サッカーコーチをしている時の『爽やかなスポーツマン』とのギャップに、全身、鳥肌が立つほどの快感を覚えましたね。ふたりとも体中汗まみれ。私のパンティの奥もいっそう潤っていくのが分かりました。そのうち、私のほうから『ベッドに行きましょう』と促しました。

――続けてください。

「ベッドに行った私は枕元のパネルを調節し、照明をほの暗くしました。暗いほうが肌映りもいいし、何よりも大胆になれますものね。Dさんを仰向けにさせ『続きをしましょう』と微笑を浮かべると、彼の眼光が鋭さを増したんです。

 自分をかなぐり捨てオスと化した彼のデニムを下着ごと脱がすと、私は彼の脇に寝そべり、猛り立つペニスを口に含みました。『あ……あううっ』と身悶える彼に愛しさを募らせながらも、ここは年上女の腕の見せ所と言わんばかりに舌を絡みつかせ、裏スジを舐め、カリのくびれを唇でキュッと締めあげました。

 21歳のDさんの女性経験はわかりませんが、彼を悦ばせたい気持ちと、久しぶりに咥えたペニスの味と感触……そして、自分はまだまだ現役なんだという女の執念が、自然と濃厚なフェラチオにさせていたんでしょうね。

 唾液をいっぱい溜めて、歯が当たらないように……激しく吸い立てたり、逆に触れるか触れないかのフェザータッチで、彼のモノを愛しました」

「ごめんなさい」の彼の言葉に

――ここで、Y美さんは「のどが渇いちゃって」と水をひと口飲んだ。話していると、当時の高揚が思い出されるのか、頬もほんのり朱に染まっている。

「フェラチオを続けていると、彼の手が私の乳房に伸び、揉みしだき始めたんです。ブラジャーの中では、自分でもわかるほど乳首が硬くしこり立っているのを感じてしまって……『早くじかに触れてほしい。その唇で吸い転がしてほしい』などと思いながら、夢中で彼のペニスを吸い立てていましたね。

 汗や分泌液の匂いが濃厚に香って、いっそう卑猥さが増して、苦しいほど私の体を淫らにさせるんです。そのうち、彼の太ももがぶるぶると震えだしたんです。『ああ、ダメだ……で、出ますッ』と叫んだ彼は、私ののど奥にドクンドクンとザーメンを噴射しました。

 若いだけあって、その勢いはまさに水鉄砲。感じたことのない水圧でした。私は脈動するペニスを咥えこんだまま、射精が終わるまでずっと口に含んでいました。

 濃厚な精液を口に含んだままティッシュを探していた時、『すみません……』と彼が詫びの言葉を口にしたんです。暴発してしまったことを詫びているんですね。

 いじらしい表情を見たとたん、私、思わず精液を飲んでいました。ドロリと濃いザーメンがのどに引っかかるあの感覚は、何年ぶりかしら……ふふ……彼はびっくりしていましたが『Dさんの、美味しいわ』って冗談めかして言うと、彼ったらしきりに照れて……何か私まで青春しているなって感じです。

 不倫なのに可笑しいですよね」

勝負下着はワインカラー

――羨ましいですよ、続けてください。

「はい、彼は『次は僕がY美さんを気持ちよくさせる番ですから』と恥じ入るように告げて、起き上がったんです。

 私は『じゃあ、一緒に裸になりましょうか』と提案しました。体はもうすっかり欲情していましたし、ゆっくり洋服を脱ぐ時間さえもどかしかった。今夜のために選んだランジェリーはワインカラーなんです。派手過ぎないし、大人の女の色香も出せるし……。

 案の定、下着姿を見たDさんは「Y美さん、綺麗です……」と声を震わせていました。リップサービスとしても、嬉しいですよね。Eカップの乳房を包むブラジャーとパンティを脱ぎ去ると、私たちはベッドに座ったまま、裸で抱き合いました。

 Dさんは私の耳たぶや首筋にキスをしてきて……私が『ン……気持ちいいわ』と囁くと、彼の唇が鎖骨から胸元へと降りてきたんです。余裕はなさそうだったけれど、逆にそのぎこちなさが新鮮で……。

 私のEカップの乳房を真正面から見ると『すごく綺麗です』と、乳首にむしゃぶりついてきたんです。乳首を吸われるあまりの心地よさに、私、彼の二の腕をギュッとつかんで、『ああっ』と、身をのけぞらせていました」

 続きは次回。

蒼井凜花
記事一覧
官能作家・コラムニスト
CA、モデル、六本木のクラブママの経歴を持つ異色の官能作家。近著に「CA、モデル、六本木の高級クラブママを経た女流官能作家が教える、いつまでも魅力ある女性の秘密」(WAVE出版)、「女唇の伝言」(講談社文庫)。
オフィシャルサイトYouTube

関連キーワード

エロコク 新着一覧


男も女もカップルでもひとりでも! 無限に楽しめるグッズ♡
 2024年っぽさを感じる新商品といえば、「TENGA ユニ」で決まりでしょう。男性も女性も、カップルでもひとりでも楽し...
桃子 2024-01-14 06:00 エロコク
40代人妻探偵の危険な性欲 依頼人の自爆に触発→オナニーで3度イキ #4
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-19 13:32 エロコク
嫌になったら即バイバイ! 愛人市場は女のほうが強いんです
 さて今回は買い手市場なのに、主導権は売り手が握っているという摩訶不思議なお話。  あ、愛人の話ですからね、決して...
中山美里 2024-01-09 06:00 エロコク
うれしい悲鳴が続いちゃう…オーガズムまっしぐらのローター
 スティック型ローターの新作が登場! わくわくしますね。私はスティック型が大好きで、もっと広まってほしいと思っています。...
桃子 2024-01-07 06:00 エロコク
《はああっアソコが熱い》40代人妻探偵、ハニトラ男のペニスに溺れ#3
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-12 11:44 エロコク
40代人妻探偵の性欲、不妊治療失敗で他の男にハニートラップを… #2
 探偵事務所に所属する探偵・波子さん(仮名・48歳既婚/子供なし)は、5回にわたる不妊治療(体外受精)を受けたが、子供は...
蒼井凜花 2024-01-05 13:08 エロコク
「うちのママもパパ活してるの」20代フリーターの衝撃告白!
 ご登場いただくのはパパ活歴1年のフリーター、雪ちゃん。  彼女、とっても可愛らしいんですが、良くも悪くも物事を深...
中山美里 2023-12-26 06:00 エロコク
片方をクリに片方を乳首に♡ 快感の幅が広がる万能ローター
 プレジャーグッズ界は、年々進化しつづけるところが面白いと思っています。きっと、もっと気持ちよくなりたい! というニーズ...
桃子 2023-12-24 06:00 エロコク
20代愛人女子のコクハク第2弾! 好印象パパの条件ってなあに
 さて、先週はエミちゃんとサクラちゃんの2人に“残念だったパパ”について語っていただきました。  いわく、年収30...
中山美里 2023-12-19 06:00 エロコク
本当は膣トレ用グッズだけど…優秀ローターとして大プッシュ
 淡いピンクで、つるんとした形の「ヨニ パワー」は、膣トレ用グッズとうたわれています。  たしかに、最大直径約28...
桃子 2023-12-18 20:42 エロコク
20代愛人女子が赤裸々コクハク!ずばり“残念だったパパ”とは
 今回のお話はパパ活女子とパパの間にある“ズレ”について。  エミちゃんとサクラちゃん、2人の派遣社員さんにご足労...
中山美里 2023-12-12 06:00 エロコク
モーター2つの贅沢さ! 唯一無二の独特な快感のトリコに♡
 やわらかなイエローといい、手のひらになじんで収まるフォルムといい、見た瞬間から愛着があふれ出すのが、「バード エヴィ」...
桃子 2023-12-10 06:00 エロコク
男子トイレで密着立ちバック…もう待ちきれない!タブーSEXに陶酔 #6
 夫とのセックスレス悩んでいた沙雪さん(仮名・44歳パート主婦/子供アリ)は、パート仲間のユリさん(仮名・43歳/子供ア...
蒼井凜花 2023-12-08 06:00 エロコク
シラけるんだよな…24歳温厚系愛人女子を凍らせたパパの言葉
 昔から「他人のふり見て我がふり直せ」「反面教師」などということを申します。ありますよね? 人の行いを見て、自分は絶対、...
中山美里 2023-12-05 06:00 エロコク
ファンシーグッズかな?ラブリーな外見を裏切るパワフル電マ
 人は見た目が9割、という説がありますが、プレジャーグッズもそれに近いものがあるように思います。  どんなに高性能...
桃子 2023-12-03 06:00 エロコク
性悪&パンストフェチ夫婦が許せん!既婚者合コンが復讐の場と化した#5
 夫とのセックスレス悩んでいた沙雪さん(仮名・44歳パート主婦/子供アリ)は、同じ介護施設の調理助手として働くパート仲間...
蒼井凜花 2023-12-08 14:26 エロコク