隠す必要なし! 自分の弱さを正直に吐き出す大きなメリット

おくげちゃん 漫画家・イラストレーター
更新日:2021-06-18 06:00
投稿日:2021-06-18 06:00
 あなたは他人からどう思われたいですか? もしかしたら、現実の自分より良く見せたいと思っている人もいるかもしれません。でもそう思われたいあまりに見栄っ張りになっていないでしょうか。私にはそんな苦い経験があります。さて、どろんぱではモジョ子とコミがお客さんを迎える準備中。

”自信のなさ”を隠したい人ほど見栄を張る

 正直なところ、私は他人にどう見られるかをすごく気にします。もっと正直に具体的に言えば、頭がいいと思われたいし、性格が良い人間に思われたい。仕事もすべて順調で、恋愛面や身内との関係もすこぶる好調。そして何より自信がある人だと思われたいです(めちゃくちゃですみません)。

 でも、人間の感覚ってすごいですね。どんなにそう見えるように装っても、言葉や行動の端々からにじみ出る違和感を見逃さないんですから。そして「見栄っ張り」だと思われてしまうと、その印象を払拭するのはすごく難しくなってしまいます。だから、もし今あなたに「この人と長く付き合いたい」と思うような人がいれば、自信のなさを隠さずに吐露してみてほしいです。

 私がスナックでアルバイトを始めたころ、”若いのに大人と話せる賢さがある”と思われたいあまり、周りのお姉さんやお客さんに対して知ったかぶりをしたことがあります。最初はそれでもなんとかやり過ごせましたが、徐々に歯車が噛み合わなくなり、最後はお客さんに呆れ顔をされたこともあります。その時は焦ったし、繕うのに必死ですごく疲れたことは忘れられません。でも、自信がないことや知らないことを正直に言うようにしたら会話の幅も広がって、お客さんやお姉さんとの距離がすごく縮まったのです。あれはきっと見透かされていたんですよね。

 もし同じように、自信のなさから見栄を張ってしまった経験がある方がいれば、どこかでぽろっと「本当は自信がない」と吐き出してみてください。きっと人とかかわるのが少し楽になるはず。まずは独り言からでもいいと思いますよ。

登場人物紹介

モジョ子
自信がほしい主人公。自信がある人を見ると自分と比べてしまって凹みがち。トラ見沢さんが苦手だったが、ちょっと仲良くなれそうな予感。

コミ
モジョ子の先輩。トラ見沢さんの指名ホステス。酔っ払ったトラ見沢さんの姿を見ると「ネコみたいだな」と思っている。

おくげちゃん
記事一覧
漫画家・イラストレーター
酒呑みまんが家。ふしぎで妖しい話を描いています。就活が嫌すぎて3年間ドイツに逃亡するなど放浪癖あり。京都市出身、東京在住。水商売歴10年。XInstagramでは毎日漫画を更新中。実績などはこちら

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


去勢手術直前! 驚きを隠せない少年“たまたま”キュートな瞳
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
きたきたきた遅刻常習犯の言い訳。お仕置きだべ!笑面虎な返信LINE3選
 世の中には、集合時間や出勤時間にいつも遅れてくる「遅刻常習犯」がいます。彼らは、反省している顔を見せながらも、何度も遅...
義母「昼ご飯何入れた?」嫁姑戦線!陰湿系から誤爆まで壮絶LINE10選
 嫁姑の関係は、昔から多くの人が悩んできた課題でもありますよね。大切な息子を取られた姑が同居の嫁をいびるなんて話は、星の...
地方組が「東京人は冷たい」と感じる5つの理由、人間関係ドライすぎない?
「東京人は冷たい」という言葉を一度は聞いたことがありますよね。東京で生まれ育った人にはわからないかもしれませんが、地方か...
かわいい要素が大渋滞! 困り顔にゃん相がたまらない“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“70点の私”凄い!40代でやめてよかったこと6つ、手放したら生きやすい
 人はいろいろな経験をしながら成長していくものですが、40代というのはその中でも大きな節目です。子育て中に多くを学んだり...
呼ばれてる?
 群馬県にある天神山古墳。  東日本最大の前方後円墳だという。  何かの気配が漂っている。
ほっこり癒し漫画/第76回「長靴を履いたタロー」
【連載第76回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
「ジュウシマツ」漢字で書けますか? ヒントは「漢字3文字」
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...
BTSハグキス騒動は日本人犯人説も…弁護士に聞く“推し活セクハラ”境界線
 韓国のアイドルグループBTS(防弾少年団)のJIN(ジン)が開催したイベント「2024 FESTA」に参加した女性ファ...
若いなぁ…語尾に「!」連打が止まらない。青春炸裂の面白いLINE3選
 青春真っ盛りの頃って、大きな夢と希望に溢れていますよね! まさに怖いもの知らず。40代になって若い子からのLINEが届...
接待はキャバクラより断然スナック! “クセつよ”ママが教えるメリット5つ
 スナックといえば、近所の人や馴染みの常連さんだけでワイワイやる飲み屋なイメージですが、実はけっこう接待で使っていただけ...
上司の理不尽なセリフ5選「奢るから飲みに行こう」に発狂しそうなワケ
 上司にイラついている人、集合! 今回は、よくある上司の理不尽なセリフを特集してみました。上司にイライラしている人はあな...
本当にいらない…結婚式「地雷な引き出物」と「喜ばれるギフト」の線引き
 結婚式参列時にもらう引き出物。嬉しいものもある反面、「正直いらない…」と迷惑系もありますよね…。今回はもらっても正直困...
今日は大事な集会にゃん♪ お手入れに余念のない“たまたま”を激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...