彼氏がモーニングコールを頼む心理&喜ばれる起こし方5選♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-12-11 06:00
投稿日:2019-12-11 06:00
 お付き合いが始まると、彼氏から「モーニングコール頼める?」とお願いされることがあります。そんな時、「正直、忙しいのに面倒臭い」と思う方も多いかもしれませんね。でも、モーニングコールに隠された彼氏の心理を知ると、捉え方がきっと変わるはずですよ。

彼氏がモーニングコールを頼む心理とは?

 まずは、モーニングコールを彼氏が頼む心理から見ていきましょう。

彼女のことを信頼しているから

 普段から「責任感がある」「しっかりしている」と、彼女に対して信頼感を持っているからこそ、モーニングコールをお願いする彼氏は多いです。「一度で起きれなくても、何度でもかけてくれそう」、そんな彼女がいると安心して眠ることができるというもの。

 でも、中には「時間通りにかけてくれないことがあって困った」と、感謝どころかクレーム紛いのことを言う彼氏もいるよう。そんな彼氏には一言、「自分で起きてね」と言い放ちましょう。あなたのことを「アラーム機能」として、見ているということですから。

寝坊してはいけない事情があるから

 社会人ともなると、朝一の会議や人との約束など絶対に寝坊してはいけない時がありますね。そんな事情がある時、単純に起こして欲しいと思ってモーニングコールを頼む彼氏も多いでしょう。

「毎日起こしてあげるなんて、お母さんみたいで嫌!」と思う方もいるかもしれませんね。もちろん、全てを甘やかしてしまうのはよくありませんが、ほかの部分で彼氏にしっかり頼れる関係であれば良いのではないかと思います。そこは、カップルの関係性にもよりますね。

1日の始まりに声が聞きたいから

 1日の始まりに彼女の声が聞きたいから、という理由でモーニングコールを頼む男性もいます。

「朝から声が聞きたい」なんて気恥ずかしいことを言うことができない男性にとっては、モーニングコールが良い“かくれみの”になっているかもしれません。また、中には彼女の愛情を確かめたいから、という理由で頼んでいる男性もいるようです。

彼女に甘えているから

 モーニングコールを頼むのは、彼女に甘えていることも大きな理由でしょう。「起こして欲しい」なんて、誰にでも頼めることではありません。特に、大人の男性ともなると、滅多なことでは人に甘えないですから。

 ちなみに、男性の中には「将来結婚しても起こしてくれるかな」という気持ちで頼んでいる人もいるらしいですよ。

愛が深まる!?彼氏へのモーニングコールの5つのポイント

 モーニングコールを頼む彼氏の心理はさまざまですが、いずれにせよ、信頼の証であったり、彼女だからこそ頼んでいるということは間違いありません。

 そこで、モーニングコールをかける時のポイントについても、ご紹介します。

1. できるだけ時間ぴったりにかける

 基本的なことですが、モーニングコールはできるだけ時間ぴったりにかけるようにしましょう。この時のポイントとして、多少遅れるのはOKでも、早めにかけるのはNGだということ。

 彼が頼んだ時間は「彼女と話す時間」のことを予測して、多少の余裕を設けている場合が多いでしょう。だから、数分遅れるのはありですね。でも、できるだけ寝ていたい願望が強い男性の場合、ちょっと早いだけでも「もう少し寝ていたかったのに」なんて気持ちが生まれてしまう可能性があります。

 また、うっかり起こし忘れがないようにアラームをかけておくなど工夫をしておくことも大切です。

2. 優しく気持ち良く起こす

 朝、自分が起きる時にどうやって起こされたいかを考えてみましょう。「早く起きて!」と急かされたり、「もう、いい加減に起きたら?」なんて怒られても、嫌な気持ちになるだけですよね。

 せっかくのモーニングコールです。「おはよう」と朝の挨拶をして、できるだけ優しく気持ち良く起こしてあげましょう。

 この時、彼氏がまだ夢の中にいるようであれば「今日は何をするの?」だったり、「次はいつ会うんだっけ?」なんて、質問を投げかけてあげましょう。そうすることで、彼氏の脳は活性化!(笑)自然と心地よく目覚めることができるはず。

3. 長々と話さない

 朝は、何かとバタバタするものです。そのため、起きたことが確認できたら長々と話さずに速やかに電話を切るのが良いですね。その塩梅は、彼氏に任せておけば良いでしょう。

 人によっては寝起きが悪く、話しているうちにだんだんと目が覚めるというタイプの人もいるため、あなたに時間の余裕があるのであれば、朝一の会話を楽しんでも良いかもしれません。

4. ちゃんと起き上がったことを確認する

 二度寝を良くするタイプの男性であれば、ちゃんと起き上がったことを確認するのも大切。多くの場合、寝転がったまま彼女と通話をしているはず。このままだと、電話を切った後に二度寝へと突入する可能性が高いです。

「ちゃんとベッドから出た?」「起き上がった?」など、きちんと状況を確認してから電話を切りましょう。

5. 気持ちが元気になるような一言を添える

 朝一番に何を話せば良いのか分からない、そんな方もいるようです。そんな方は、彼氏と同じ家に住んでいたら、どう声をかけるか考えてみましょう。

「いってらっしゃい!」「今日も頑張ってね!」「ちゃんとご飯食べてね!」など、彼氏の気持ちが元気になるような一言を添えてあげられたら、きっとお互いに気持ち良く1日を始められるはずです。

モーニングコールは彼女の特権かも?嬉しいメリットも♡

 離れた場所にいても同じ部屋で過ごしているように「おはよう」が言える、それがモーニングコールです。何かと忙しい朝ですが、彼氏の電話のために少し時間を割くだけで、自分の1日の活力になるかもしれませんよ。

 そんな私も、なぜかモーニングコールを頼まれやすい性質です。「面倒臭い」「負担になる」という女性の気持ちも分からなくはないですが、でも、寝起きの彼の甘い声や、まだ夢の中にいて寝ぼけていたりする様子が、どうにもこうにも愛おしく感じられたり。

 都合が良いと言ったらそれまでですが、まぁそれはそれでよしとして(笑)。でも、なんといっても、モーニングコールは彼女だからこその特権でしょう。もしも彼氏から頼まれたら「恋愛の醍醐味!」と思って、ぜひ、優しく楽しく気持ち良く起こしてあげられたら良いですね♡

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ
性欲満たしたいだけでしょ?マチアプスピード婚を“汚点”と言い切る40男
「冷酷と激情のあいだvol.193〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合ってスピード結婚へと至った夫とのレスに悩む妻...
並木まき 2024-05-07 10:33 ラブ
子づくり提案→アバズレ認定に絶望しかない…37歳バリキャリ女性の後悔
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-04 06:00 ラブ
圏外男性からの告白LINE、顔を合わせるの気まずっ!上手に断る3本立て
 異性に告白されるのは嬉しいものですが、中には好きになれない相手、恋人として見れない相手からの告白もありますよね。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-04 06:00 ラブ