外国では急増…外出自粛中にパートナーのDVから身を守る方法

内藤みか 作家
更新日:2020-04-09 06:00
投稿日:2020-04-09 06:00
 家にいる時間が長いと、同居のパートナーと顔を突き合わせる時間も増えます。相手とラブラブならばむしろ幸せに感じるかもしれませんが、あまり相性が良くないカップルの場合、DVが始まる可能性を含んでいます。すでに外国では被害が急増しています。

フランスで被害3割増

DV被害が増えている国も(写真:iStock)
DV被害が増えている国も (写真:iStock)

 外出禁止令下のフランスでは、DVの通報が普段の3割以上増加したという報告もされています。加害者であるパートナーと24時間顔を突き合わせていると、暴力を振るわれる確率も上がるし、気が休まる暇もありません。さらに今まで電話相談ができたのに、パートナーがそばにいるのでそれができないという事態も想定されています。

 フランスでは、対策として、24時間対応のチャット相談システムやメール相談システムを告知しています。イギリスでも被害が報告されており、外出自粛状況下で配偶者からの暴力から身を守る方法が、世界中で模索されています。

日本では相談窓口閉鎖も

相談手段の整備を(写真:iStock)
相談手段の整備を (写真:iStock)

 日本でも3月30日に特定非営利活動法人「全国女性シェルターネット」が要望書を提出しました。そこには、今後困難が予想されるDV被害者への支援、それからシェルターなどに身を潜めているため住所を明かすことができない被害女性へも給付金が届けられることなどが提案されていました。

 コロナウイルス拡大防止のため、相談窓口が時間短縮されたり閉鎖される可能性も出てきています。

 日本ではDVのメール相談は見かけても、チャット相談への対応は十分ではない様子。通常行われている面談での相談は感染のリスクに加え「どこに行くんだ」ととがめられるため、なかなか出て行きづらいのです。

 パートナーに知られず、声を出すことなく相談できる手段の整備が急がれます。

逃げ場のない女性を襲う暴力

逃げ場がない・・・(写真:iStock)
逃げ場がない・・・ (写真:iStock)

 DVのきっかけの大きなひとつに仕事上のストレスがあります。

 なので、外出規制で出勤が減り給与がダウンした、勤務している店が閉鎖となり仕事がない、というように仕事のストレスが想定外にかかった場合、その鬱憤を目の前にいる配偶者にぶつけてしまう人がいるかもしれません。

 ストレスのはけ口として人を痛めつけるということは、もちろんあってはならないこと。

 けれど、カッとなると手が出てしまう、というタイプの人は、残念ながら存在します。

 いつキレるかわからない相手と24時間一緒にいる恐怖は相当なもの。外出禁止令が出ている場合、逃げることすらままならないでしょう。密室でのDVを減らすために、どのような方法が考えられるでしょうか。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


マウンティングしてくる人への対処法は? お悩みに答えます
 マウンティングの被害にあったことはありませんか? 全く知らない他人ならスルーできるかもしれませんが、職場や学校など生活...
猫草を夢中でムシャムシャ…“にゃんたま”の食欲は止まらない
 きょうは、食べ放題の猫草をかじるにゃんたまω君にロックオン。  春の若葉は最高♪ 硬すぎない噛み心地、ムシャムシ...
まずは小さな一歩から…#zerowasteで地球にやさしい生活を
 皆さんは「#zerowaste」をご存知でしょうか? 現在、Instagram上では、世界中で790万回以上の使用がさ...
生きづらい環境にさよならを!?生きるハードルを下げるコツ
 仕事で怒られてばかりで、出勤したくない……また付き合った彼にフラれてしまった……。私の人生、なんでこんなに生きづらいん...
5月24日~5月30日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ハチワレ猫は福を呼ぶ♡ "にゃんたま”にも無限のエネルギー
 きょうは、ハチワレにゃんたま君。  末広がりの縁起の良い数字で、漢字の「八」の字のように割れている顔の模様は、福...
え!95→2件まで激減「ペット可」賃貸物件の少なすぎる実態
 ペットを飼うために絶対に必要な条件である「ペット飼育可」物件。じつはこれを見つけることが、もっとも大変かもしれません。...
なぜ差がつくの? プライドが高くて嫌われる人、好かれる人
「プライドが高い」って、どんな時に使う言葉でしょう。私もそうですが、基本的には良い意味で使われることは少ないと思います。...
塀に空いた穴に頭を突っ込んで…“にゃんたま”君の大胆ポーズ
 きょうは、日当たりのよい空き地で出逢ったシャイなにゃんたまω君。  こんにちは!と爽やかに声を掛けて、にゃんたま...
素直に言えない感謝の気持ちを「カンパニュラ」に込めて
 梅雨も近づいた、ある日の出来事。猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、悩めるお客様がご来店でございます。 ワタクシ「何...
人生が好転するタイミングって? チャンスを逃さないために
 どん底にいるときに待ち望んでしまうのが「救いの手」。この状況から抜け出したい……誰かなんとかしてくれたら……そんな風に...
5月17日~5月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力に気づいてない 無自覚"にゃんたま”にメロメロ
 きょうは、猫界の「イケにゃん」について考えます。  多くの雄猫を見てきて、雌猫にモテているのは、恰幅の良い喧嘩の...
同性からも距離を…“慇懃無礼な女性”が送る非モテLINEの特徴
 社会には、うわべだけ丁寧に見えて実はすこぶる失礼な「慇懃(いんぎん)無礼な人」も散見されます。こういったタイプは、自己...
愛猫が誤飲疑惑!救急病院で手術してお腹から出てきたのは…
 ある朝、突然嘔吐を繰り返し、ぐったりと元気をなくした生後10カ月のメス猫・虹ちゃん。動物病院に行くも原因がはっきりとし...
無理して損してない?“強がり女子”の特徴&克服する3つの方法
 本当は大丈夫ではないのに、いつも「大丈夫!」と言ってしまう“強がり女子”。そんな彼女を見て、周囲の人は「1人でも生きて...