妊活中の女性が悩む「パートナーの協力」…私が夫にしたこと

山本早織 結婚につながる恋のコンサル
更新日:2020-06-07 06:00
投稿日:2020-06-07 06:00
 みなさんこんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。婚活や恋愛のコンサルをしている私は今、結婚後に多くの女性が悩むであろう「妊活」の真っ最中です。
 妊活中の方やこれから妊活をする方に少しでも生の声を届けたく、この連載を始めることにしました。

パートナーの協力体制を得るためには?

パートナーの協力が不可欠(写真:iStock)
パートナーの協力が不可欠 (写真:iStock)

 7月にブライダルチェックをし「多嚢胞性卵胞症候群」と診断され、排卵する力が弱いと言われた私。

 しかし、“若いからタイミングで大丈夫”という医師の言葉に、「タイミングを見ればいいだけなら、排卵検査薬だけで大丈夫だろう」と、市販の排卵検査薬を試してみることにしました。

 生理後1週間ほど経った頃から毎朝、排卵検査薬に尿をかける日々。

 友人からは、「排卵検査薬の印が出た日を含めて、3日間タイミングを取り続けたらできた!」ということを聞いていたので、夫の承諾も必要です。

 妊活で多くの人が苦しむのが、パートナーの協力体制。

 正直、男性は女性が思っている以上に“夢見る夢男君”が多く、「年間12回しかないのよ!? だから今日よ!」と焦る女性とは違って現実的に妊活を考えられていない人も多く、抵抗してきます。

 現にドラマなどでも、朝、「今夜だからね」と言われ、男性が萎えてしまう……という演出もされるくらいです。

 実際のところ女性だって「今夜だからね」と念押しなんかしたくないし、恋愛を始めたばかりのようにロマンチックに体の関係を作りたいはず。

 しかし、誘っても「疲れてる」などを理由に断られている場合じゃないからこそ、直接的に伝えるしかなくなるのです。

 私は、できれば夫の自主性を引き出してから妊活したいと考えていました。

 なので夫の自主性を促すべく、“タイミング法をする上でどれだけ妊娠が大変か?”というプレゼンをすることにしました。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


マウンティングしてくる人への対処法は? お悩みに答えます
 マウンティングの被害にあったことはありませんか? 全く知らない他人ならスルーできるかもしれませんが、職場や学校など生活...
猫草を夢中でムシャムシャ…“にゃんたま”の食欲は止まらない
 きょうは、食べ放題の猫草をかじるにゃんたまω君にロックオン。  春の若葉は最高♪ 硬すぎない噛み心地、ムシャムシ...
まずは小さな一歩から…#zerowasteで地球にやさしい生活を
 皆さんは「#zerowaste」をご存知でしょうか? 現在、Instagram上では、世界中で790万回以上の使用がさ...
生きづらい環境にさよならを!?生きるハードルを下げるコツ
 仕事で怒られてばかりで、出勤したくない……また付き合った彼にフラれてしまった……。私の人生、なんでこんなに生きづらいん...
5月24日~5月30日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
ハチワレ猫は福を呼ぶ♡ "にゃんたま”にも無限のエネルギー
 きょうは、ハチワレにゃんたま君。  末広がりの縁起の良い数字で、漢字の「八」の字のように割れている顔の模様は、福...
え!95→2件まで激減「ペット可」賃貸物件の少なすぎる実態
 ペットを飼うために絶対に必要な条件である「ペット飼育可」物件。じつはこれを見つけることが、もっとも大変かもしれません。...
なぜ差がつくの? プライドが高くて嫌われる人、好かれる人
「プライドが高い」って、どんな時に使う言葉でしょう。私もそうですが、基本的には良い意味で使われることは少ないと思います。...
塀に空いた穴に頭を突っ込んで…“にゃんたま”君の大胆ポーズ
 きょうは、日当たりのよい空き地で出逢ったシャイなにゃんたまω君。  こんにちは!と爽やかに声を掛けて、にゃんたま...
素直に言えない感謝の気持ちを「カンパニュラ」に込めて
 梅雨も近づいた、ある日の出来事。猫店長「さぶ」率いる我が花屋に、悩めるお客様がご来店でございます。 ワタクシ「何...
人生が好転するタイミングって? チャンスを逃さないために
 どん底にいるときに待ち望んでしまうのが「救いの手」。この状況から抜け出したい……誰かなんとかしてくれたら……そんな風に...
5月17日~5月23日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
自分の魅力に気づいてない 無自覚"にゃんたま”にメロメロ
 きょうは、猫界の「イケにゃん」について考えます。  多くの雄猫を見てきて、雌猫にモテているのは、恰幅の良い喧嘩の...
同性からも距離を…“慇懃無礼な女性”が送る非モテLINEの特徴
 社会には、うわべだけ丁寧に見えて実はすこぶる失礼な「慇懃(いんぎん)無礼な人」も散見されます。こういったタイプは、自己...
愛猫が誤飲疑惑!救急病院で手術してお腹から出てきたのは…
 ある朝、突然嘔吐を繰り返し、ぐったりと元気をなくした生後10カ月のメス猫・虹ちゃん。動物病院に行くも原因がはっきりとし...
無理して損してない?“強がり女子”の特徴&克服する3つの方法
 本当は大丈夫ではないのに、いつも「大丈夫!」と言ってしまう“強がり女子”。そんな彼女を見て、周囲の人は「1人でも生きて...