妊娠線予防は?髪型は?プレママに役立つ産前産後の美容知識

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2019-11-22 06:00
投稿日:2019-11-22 06:00
 プレママ期間は赤ちゃんを迎える準備や妊婦検診など、何かと忙しい時期。気づけば自分のことは後回しになってしまっていませんか? でも、妊娠中だからこそできることって、意外とあるんです。そこで、一児のママでもある私が感じた&実践した美容知識をお伝えします!

まだ間に合う! プレママが知っておきたい3つの美容知識!

妊娠中にこそできることがたくさんある(写真:iStock)
妊娠中にこそできることがたくさんある (写真:iStock)

 妊娠中には、お腹の中の赤ちゃんを守ることが最優先! でも、出産後は寝る暇もないほど忙しくなってしまうのですから、出産前のこの時期だからこそ、自分のために意識的に時間を設けてみてはいかがでしょうか。

1. 妊娠線予防は徹底的に!

「妊娠線」とは、皮膚の奥にある「真皮層」と呼ばれる部分が皮膚が急激に伸びることで裂けてできる「断裂線」のこと。

 妊娠線はお腹にだけではなく、二の腕やバスト、お尻や太ももに発生することも。困ったことに一度できた妊娠線は、完全に消えることはありません。出産後に綺麗な肌を保ちたいということであれば、妊娠線予防は入念に行うことをおすすめします。

・妊娠線予防は妊娠初期から始める

 皮膚はある日突然伸びるのではなく、毎日少しずつ伸びていきます。そのため、妊娠線予防を始める時期は、お腹がまだ目立たない妊娠初期から始めるのが良いでしょう。

 肌に優しい妊娠線専用クリームで、とにかく保湿を!ちなみに私は、トイレの後に必ず塗るようにする習慣を付けました。手洗いを必ず行うので衛生面でも安心!おすすめです。

・妊娠線専用クリームはケチらずにたっぷり塗る

 妊娠線の専用クリームは比較的価格が高いものが多いですが、ケチらずたっぷり塗るのがポイントです。

 長い人生の中で妊娠している期間なんて、ほんの少しの期間。 子どもが生まれたら、どうしたって子どもの買い物が優先になるのですから。だからこそ、少し贅沢して旦那さんにおねだりしたり、自分へのご褒美として購入することをおすすめします。

 個人的には香りが良く、塗るだけでリラックスできるようなクリームが好みでした。でも、つわりなどで匂いがつらいという方は、無香料のものを選んでみると良いですね。

 また、妊娠線専用クリームは、赤ちゃんにも使えるものがたくさんあります。余っても困ることはありません。ぜひ、いろんな種類のクリームを試してみてください。

ショートも楽だけど、短く切るのはちょっと待って!(写真:iStock)
ショートも楽だけど、短く切るのはちょっと待って! (写真:iStock)

出産前の美容室で注意したい2つのこと

 いよいよ出産が見えてくる妊娠8ヶ月〜臨月の頃、美容室に行って髪を整えるプレママは多いですね。この時、注意したいのは2点!

・すきすぎに注意

 妊娠中に感じた体の変化。それが、「入浴中に髪が抜けない」ということ。毎回2、3本しか抜けず、不思議に思っていました。だんだんと髪のボリュームが増えてきたため、出産前に軽くしようと美容室に行ったら、「産後ごっそり抜けるから、揃える程度にしておいた方がいい」とママである美容師さんからアドバイスしてもらいました。

 いざ出産してから数カ月後、髪がびっくりするほど抜け始めました。ロングヘアということもありますが、毎日タワシ1個分くらいの量が抜けていたかと思います。抜け毛が落ち着いた頃、髪のボリュームはちょうど良いくらいに。あの時すいてたらと思うと、ぞっとしたものです。

 ちなみに、このメカニズムとしては、妊娠中に女性ホルモンの分泌が増加→抜け毛が減る、産後減少→抜け毛が増える、ということらしいです。もちろん個人差はありますが、覚えておきたいポイントです。

 出産後には髪を乾かす時間すら取れないと、ショートやボブにするママはとても多いです。でも、どんな髪の長さであれ、乾かす暇がないのは一緒。髪が結べる長さなら、切らない方が楽かもしれません。

 特に春〜夏にかけては、1つに結べるのはとても楽! ちなみに私はゆるくパーマをかけていたので、ほとんど自然乾燥。傷みましたが(笑)、「後で切ればいい」と思っていました。それに、傷むとお団子やポニーテールなどのアレンジもしやすくなるという、意外なメリットも。アレンジ好きなママには、ロングヘアもおすすめです。

骨盤矯正ベルトよりも矯正整体へ

 産後のスタイルを保つため、妊娠中に「骨盤矯正ベルト」を購入しようか迷っているプレママは多いでしょう。でも、1日中着けるのは面倒だし、蒸れるし、擦れて痛いし。なお且つ、効果が分かりづらいんですよね。

 実は私は、妊娠8カ月の頃にぎっくり腰を起こしました。なんでも、骨盤矯正ベルトに頼りすぎて、腰の筋肉が弱ったことが原因だったみたいです。

 結局のところ、骨盤矯正は産後に行うだけで十分だとアドバイスをされました。その言葉を信じて産後は骨盤矯正をしに、1カ月に2〜3度整体に通いました。効果があったのかは分かりませんが、ただ、出産後に体の調子はすこぶる良いです。現在、1日8時間以上椅子に座っているかと思いますが、全く腰痛も出ていません。

プレママ時期にしかできない美容はある!

プレママ時期を楽しく過ごそう♪(写真:iStock)
プレママ時期を楽しく過ごそう♪ (写真:iStock)

以前、「産後からでは遅い! 妊娠中からできる簡単バストケア方法♪」という記事で、妊娠中のバストケアについて書きました。でも、今回書いたように、妊娠線や髪型、スタイル維持のための骨盤矯正など、プレママ時期にしかできない美容って意外とたくさんあると思います。

 妊娠〜出産の時期は、女性が一生で一番、体も心も大きく変化する時期。「あれをしておけばよかった……」と後悔しても、後の祭りということもあるんです。

 妊娠中は、まだまだ自分のための時間を割くことができる時期。体調と相談しながら、ぜひ、今だからこそできる美容に目を向けて、楽しいプレママ時期をお過ごしくださいね。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

ビューティー 新着一覧


BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...
ザラのヘアスプレー、えっ不良品!?「ZARA HAIR」セクシー髪叶うのか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
生理前のめちゃ眠気はPMSが原因?【専門家監修】PMSの原因徹底解明
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
20代男性が“僭越ながら”大告白!アラフォー女性の3大「痛いメイク」
 メイクや髪型の変化にネイルなど、細かい部分は見ていないようで意外とチェックしているという男性たち。アラフォー女性に対し...
40代女性が嬉しかった褒め言葉 やっぱり「肌が綺麗」に勝るものなし?
 褒め上手な人は、人間関係もうまくいっている人が多いですよね。特に40代は子育てや仕事に忙しく、人と接する機会が増える世...
「運動したくないけど痩せたい!」は可能です。夢のようなダイエット術5選
 ダイエットといえば、「運動は不可欠」だと考えている人はたくさんいるはず。でも、中には運動が大の苦手という人もいますよね...
生理中、タンポンの経血モレは膣のゆるみを疑え?セルフチェック&膣トレ
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
入学式のママコーデ失敗談5つ 黒スーツ×黒ストッキングでまさかの赤っ恥
 今年も、たくさんの子供たちが入学式で新たな門出を迎えました。でも、華やかでおめでたい舞台の裏では、ママたちがどんな入学...
40女、ヒアルロン酸で若返る?12万円をほうれい線治療にブッ込んだら…
 40代の深いほうれい線を改善するために、美容クリニックを受診。カウンセリングで勧められたのは「ヒアルロン酸注入」でした...
その失敗、バレてます! 残念アイメイク&即席お直し術3選
 目元を彩るはずのアイメイクが、たまに「おや?」と思ってしまうような失敗メイクをしている方も…。 「このくらいなら...