「この結婚は失敗…」コロナを機に別居に踏み切った妻の主張

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-06 06:28
投稿日:2020-06-06 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において混乱している夫婦の話から、ついに別居に踏み切った妻の言い分をお届けします。

バリキャリ妻が結婚した理由は…

やさしい人柄に惹かれたけれど(写真:iStock)
やさしい人柄に惹かれたけれど (写真:iStock)

 Kさんは40代前半。結婚3年目で子どもはいません。いわゆるバリキャリの女性で、同世代の女性と比較して、高収入かつ社会的なステータスも高めです。そんなKさんの夫であるOさんは、3歳年上ながらゆるキャラのような癒しタイプ。仕事はしているものの、高収入ではなく真面目な性格が取り柄だと言います。

「Oとは、よく行くレストランで知り合いました。お互いに常連で何度か顔を合わせるうちに親しくなり、そのうちにOから告白されて付き合うことになりました。ちょうどその頃、私は彼氏と別れたばかりで心が疲れきっていたので、癒しキャラであるOの素朴なところに惹かれたんだと思います。自分で言うのもなんですけど、Oの私へのハマりっぷりは尋常じゃなく、交際を始めてすぐに私の家に入り浸り、事実上の同棲生活に。しかも最初からしつこく『結婚したい』と言われていました」

 直前の恋愛でひどい目に遭い「もう男はこりごり」と思っていたKさんでしたが、Oさんのやさしい人柄に触れているうちに「結婚してもいいかな」と思うようになったと言います。

「こんな私に、ここまで熱心に『結婚したい』って言ってくれる男性って、そうそう出会わないんじゃないかなって思ったのも、結婚に踏み切った理由です。正直、Oの収入は私の半分程度だし、年上だけど人生経験も私より浅いように感じていましたが、既婚の友人たちからは『結婚生活は長距離マラソンのようなもの』と聞いていたので、刺激よりも癒しを優先しました」

この結婚は失敗だったかもしれない

だんだん毎日の生活がストレスに(写真:iStock)
だんだん毎日の生活がストレスに (写真:iStock)

 そして実際に結婚してみてからも数ヶ月は、それなりに楽しい毎日を送っていたそう。しかし半年ほど過ぎたころからKさんは密かに「この結婚は失敗だったかもしれない」と考えるようになったと言います。

「ゆるキャラと言えば聞こえはいいけれど、結局、夫は家ではぼーっとしているだけ。言い方は悪いけれど、何もせずにただ“空気を吸っているだけ”って感じなんです。半同棲だったころはもうちょっと動いていたので、結婚して半年経って彼の本性が見えてきました。

 家事分担を決めても『やる』と言いつつ一向にやらないか、やっても“やっつけ仕事”でいい加減すぎて、私があとでやり直すハメに。掃除も洗い物も洗濯も、全部がいい加減すぎて清潔感のカケラもないのです。何度か彼に改善するよう話しましたが『うん』と言いつつ、まったく改善の見込みもなく……。だんだんと、そんな夫との生活がストレスにしか感じなくなりました」

 結婚生活が2年目を終えるころにも、まったく改善しないどころか、むしろ夫の“ぼーっとしているだけ”の態度は悪化する一方。次第にKさんは「家計にも家庭運営にも貢献していない夫ってどうなんだろう」と考え出したと言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マリッジブルーになったらどうする? 原因&5つの対処法
 彼からプロポーズされて、とても嬉しく感じられたはずなのに、結婚準備が進むにつれて不安になってしまう人がいます。実は、こ...
恋バナ調査隊 2021-09-10 06:03 ラブ
特徴でわかるお似合いカップル診断6選♡ いくつ当てはまる?
 お似合いのカップルと、すぐに別れてしまうカップル……その違いは、お互いの“相性”にあります。相性のいいカップルに共通す...
恋バナ調査隊 2021-09-10 06:00 ラブ
70代女性の官能的恋愛小説「疼くひと」を読んでみた
 恋愛小説はこの世に山のようにあります。けれど、そのヒロインが70代女性というものは数少なく、ましてや性愛描写も含んでい...
内藤みか 2021-09-09 06:00 ラブ
脈なし男性をOKさせる上手な誘い方5選&誘う際のポイント
 好きな男性ができても、「脈なしだな……」と判断したら、その時点で多くの女性はアプローチを諦めてしまうでしょう。でも、そ...
恋バナ調査隊 2021-09-09 06:00 ラブ
恋愛対象外になりたくない!かまってちゃん女子を卒業する方法
 自分では気づきにくいけど、男性から冷ややかな目で見られているのが、「かまってちゃん女子」。学生時代に周りからチヤホヤさ...
若林杏樹 2021-09-08 06:09 ラブ
別れてから何年経っても好き…4つの理由&引きずらない対処法
「別れてから何年も経つのに、ずっと好きで忘れられない相手がいる……」と悩んでいる人って、意外と多いようです。「相手が結婚...
恋バナ調査隊 2021-09-08 06:00 ラブ
男性が考える“理想の彼女”の条件7選♡ 外見&内面の特徴
 大好きな彼から「いつまでも長く愛される女性でいたい」と思うのは、女性なら当然のこと。その願望を叶えるためには、男性がど...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
久しぶりの恋に戸惑う40代へ♡ デートのコツ&付き合う方法
 20代、30代の頃に比べると、40代になってからの恋愛は、経験があるからこそ、ついつい考えすぎてしまうもの。特に、久し...
恋バナ調査隊 2021-09-07 06:00 ラブ
男性が浮気をするのには理由がある! 浮気を防ぐ4つの予防策
 彼氏ができるのは嬉しいことですが、同時に避けて通れないのが浮気の心配……。でも、男性が浮気をしてしまう理由がわかれば、...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ
“恋と愛の違い”ってなに? 4つの名言&見極める方法♡
 恋と愛の違いについて考えたことはありますか? 一般的には、「恋が先にあって、それが愛に変わる」という認識ですよね。では...
恋バナ調査隊 2021-09-06 06:00 ラブ
いい恋愛をすると綺麗になる5つの理由♡ 注意したいケース
 昔から、女性は「恋をすると綺麗になる」なんて言われていますが、あなたはそれを実感したことがありますか? 実は、これは本...
恋バナ調査隊 2021-09-05 06:00 ラブ
収入減で価値観の違い露呈…ネガティブな妻に無力感を抱く夫
「冷酷と激情のあいだvol.54〜女性編〜」では、楽観的すぎる夫の性格に価値観の違いを痛感している妻・Kさんの苦悩をご紹...
並木まき 2021-09-04 06:24 ラブ
夫婦で収入減も「大丈夫っしょ」…楽観的すぎる夫に冷める妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-04 06:17 ラブ
男性にモテる♡ギャップの作り方5STEP&簡単ポイント
 男性にモテるためには、ギャップが有効♡ 女性の意外な部分に惹かれて、恋に落ちる男性って意外と多いんですよ。そこで今回は...
恋バナ調査隊 2021-09-03 06:00 ラブ
私のお金が目当てだった…ヒモ気質の夫と決別した女性の事情
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-09-03 06:00 ラブ
ネットで知り合った人と会う時に気を付けるべき“3つのこと”
 SNSやマッチングアプリで知り合った人と会い、事件に巻き込まれてしまう女性が後を絶ちません。特に初めて会う場合には、自...
内藤みか 2021-09-02 06:00 ラブ