「この結婚は失敗…」コロナを機に別居に踏み切った妻の主張

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-06 06:28
投稿日:2020-06-06 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において混乱している夫婦の話から、ついに別居に踏み切った妻の言い分をお届けします。

バリキャリ妻が結婚した理由は…

やさしい人柄に惹かれたけれど(写真:iStock)
やさしい人柄に惹かれたけれど (写真:iStock)

 Kさんは40代前半。結婚3年目で子どもはいません。いわゆるバリキャリの女性で、同世代の女性と比較して、高収入かつ社会的なステータスも高めです。そんなKさんの夫であるOさんは、3歳年上ながらゆるキャラのような癒しタイプ。仕事はしているものの、高収入ではなく真面目な性格が取り柄だと言います。

「Oとは、よく行くレストランで知り合いました。お互いに常連で何度か顔を合わせるうちに親しくなり、そのうちにOから告白されて付き合うことになりました。ちょうどその頃、私は彼氏と別れたばかりで心が疲れきっていたので、癒しキャラであるOの素朴なところに惹かれたんだと思います。自分で言うのもなんですけど、Oの私へのハマりっぷりは尋常じゃなく、交際を始めてすぐに私の家に入り浸り、事実上の同棲生活に。しかも最初からしつこく『結婚したい』と言われていました」

 直前の恋愛でひどい目に遭い「もう男はこりごり」と思っていたKさんでしたが、Oさんのやさしい人柄に触れているうちに「結婚してもいいかな」と思うようになったと言います。

「こんな私に、ここまで熱心に『結婚したい』って言ってくれる男性って、そうそう出会わないんじゃないかなって思ったのも、結婚に踏み切った理由です。正直、Oの収入は私の半分程度だし、年上だけど人生経験も私より浅いように感じていましたが、既婚の友人たちからは『結婚生活は長距離マラソンのようなもの』と聞いていたので、刺激よりも癒しを優先しました」

この結婚は失敗だったかもしれない

だんだん毎日の生活がストレスに(写真:iStock)
だんだん毎日の生活がストレスに (写真:iStock)

 そして実際に結婚してみてからも数ヶ月は、それなりに楽しい毎日を送っていたそう。しかし半年ほど過ぎたころからKさんは密かに「この結婚は失敗だったかもしれない」と考えるようになったと言います。

「ゆるキャラと言えば聞こえはいいけれど、結局、夫は家ではぼーっとしているだけ。言い方は悪いけれど、何もせずにただ“空気を吸っているだけ”って感じなんです。半同棲だったころはもうちょっと動いていたので、結婚して半年経って彼の本性が見えてきました。

 家事分担を決めても『やる』と言いつつ一向にやらないか、やっても“やっつけ仕事”でいい加減すぎて、私があとでやり直すハメに。掃除も洗い物も洗濯も、全部がいい加減すぎて清潔感のカケラもないのです。何度か彼に改善するよう話しましたが『うん』と言いつつ、まったく改善の見込みもなく……。だんだんと、そんな夫との生活がストレスにしか感じなくなりました」

 結婚生活が2年目を終えるころにも、まったく改善しないどころか、むしろ夫の“ぼーっとしているだけ”の態度は悪化する一方。次第にKさんは「家計にも家庭運営にも貢献していない夫ってどうなんだろう」と考え出したと言います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌悪感がピークに達し…不毛な結婚生活に終止符を打った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-08-20 06:00 ラブ
心惹かれちゃう♡ 恋愛上手な男性の特徴6つ&注意すること
 初デートの際、スマートなエスコートをしてくれる男性は魅力的に映るものです。しかし、それだけ恋愛経験、女性経験が多いとい...
恋バナ調査隊 2021-08-20 06:00 ラブ
「もしかして浮気?」パートナーの不貞を見抜く3つのコツ
 残念ながら、コロナ禍であっても浮気をする夫やパートナーがいます。むしろおうち時間が増えたぶん、女性の監視をすり抜けるテ...
内藤みか 2021-08-19 06:00 ラブ
コミュニケーションがうまくいかない夫婦の共通点&5つの対策
 恋人同士の時にはうまくいっていたはずなのに、結婚後に関係性が悪くなってしまうことがありますよね。これは、距離が近すぎる...
恋バナ調査隊 2021-08-19 06:00 ラブ
恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
“両片思い”は雰囲気でわかる♡ 両思いに発展させる方法は?
 本当は両思いなのに、それに気づかず片思い状態を続けてしまう「両片思い」。相手の思いに確信が持てず、一歩踏み出せない人も...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
恋愛タブーな取引先の男性に恋したら?社交辞令を見抜く方法
 取引先の男性との恋愛は「公私混同」と、タブー視する人が多いですよね。また、脈ありだと感じても「ただの社交辞令かも?」と...
恋バナ調査隊 2021-08-16 06:00 ラブ
女性の体で男性が好きなパーツ5選&パーツごとに隠れた心理
 意中の男性からいつ見られてもいいように、メイクやネイルを研究するなど、日々努力している女性は多いですよね。でも、実際の...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
この子しかいない♡ 男性が惚れ直した彼女からの愛情LINE5選
 女性の中には、いつも彼氏に愛されて大切にされる人と、そうでない人がいますよね。この違いがなぜ生まれるのかというと、男心...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
結婚後に性格が豹変!“釣った魚に餌をやらない”男の見極め方
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「こんなはずじゃなかった!」と後悔しながら結婚生活を送っている方は少なくあり...
山崎世美子 2021-08-14 06:00 ラブ
男心を弄ぶ思わせぶりな女性の特徴5つ&気を付けたい注意点
 男性から好意を持ってもらえるのは、誰だって嬉しいものです。しかし、中には興味の有無に関わらず、男性に対して思わせぶりな...
恋バナ調査隊 2021-08-14 06:00 ラブ
実際は何もしてないのに…イクメン気取りの夫にウンザリな妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-14 06:02 ラブ
“イクメン”はブランディング…理解なき妻に夫が抱く不快感
「冷酷と激情のあいだvol.51〜女性編〜」では、「イクメン」を気取る夫の本性に我慢の限界を迎えた妻・1さんの心情をご紹...
並木まき 2021-08-14 06:03 ラブ