感染対策で別居生活に…コロナを機に妻に嫌われた夫の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-07 04:16
投稿日:2020-06-06 06:00

妻から別居を提案されて

受け入れるしかなかった(写真:iStock)
受け入れるしかなかった (写真:iStock)

 そのうちに世間はコロナで騒がしくなり、妻から別居の提案を受けたOさん。

「Kは早くから在宅勤務ができるようになっていたのに、僕の職場はまったく平常どおりでした。通勤電車も混んでいたし、家にいるだけの妻と僕とでは明らかに感染リスクが違いましたね。それで『感染したくないから、リスクが高いあなたとは別居したい』と言われたときには、受け入れるしかありませんでした。

 もともと生活費も、僕が3分の1で、妻が3分の2を負担している関係なので、満足に家計も支えていないのに、確かにそれで妻を感染させたら嫌だなっていう気持ちもありました。ちなみに妻からは『もともと生活費もほとんど負担できていないから、これを機に仕事を辞めてもらって家にいてくれてもいいよ』とも言われたのですが、何のキャリアもない僕は、今の職場を辞めたらコロナが落ち着いたあとに再就職できないだろうなって思って、仕事を続けることを選びました」

コロナが落ち着けば家に戻れるはず

今の暮らしのほうが性に合ってる?(写真:iStock)
今の暮らしのほうが性に合ってる? (写真:iStock)

 今も、職場の近くの仮住まいで地味な生活を続けているというOさん。早く家に戻りたいけれど、自由にダラダラできる今の暮らしのほうが性に合っているのも感じているそうです。

「家に戻りたいけれど、戻ったらまた、きちんとした生活をするように言われてしまいますよね。僕は、みんなが当たり前にしているような掃除や洗濯も完璧にはできないし、どこかに夫婦で遊びに行ったりするのも面倒で、家でゴロゴロしてゲームしていたいんですよ。

 でも妻には絶対に理解してもらえないのもわかっているので、どうしたらいいのかなって悩んでいます。コロナを機に、妻には随分と嫌われちゃったな〜って感じですが、今はコロナのせいで妻のメンタルも不安定なんだろうって思います。だからコロナが落ち着けば、そのうちに家に戻れるだろうし、家では妻がガミガミ言うのをやり過ごせば。それで済むのかなって思っていますけどね」

 別居生活になっても、夫婦関係を楽観視しているOさん。しかし妻の思惑は、もっと複雑で……。

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。これこそが男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋愛で傷つくのが怖い…そう感じる5つの原因&脱出方法は?
 恋愛がしたくても「傷つくのが怖い」という理由で、恋愛から遠ざかっている人が少なくありません。でも、「このままだと、いつ...
恋バナ調査隊 2021-06-28 06:00 ラブ
“オカン化”してない?彼から恋愛対象外にされる理由&対処法
 恋愛中の女性がやってしまいがちなのが、彼氏にあれこれ世話を焼いて「オカン化」してしまうこと。一見、オカンのように慕って...
恋バナ調査隊 2021-06-27 06:00 ラブ
別れ話を切り出された…対応を誤ると“悪夢”は突然やってくる
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。彼との関係がしっくりといかない……倦怠期? 嫌われた? と薄々気づいていなが...
山崎世美子 2021-06-26 06:14 ラブ
別れ話をしなくちゃダメ?男性が突然連絡を絶った意外な理由
「冷酷と激情のあいだvol.44〜女性編〜」では、自宅に招いた途端に音信不通になった恋人に対して戸惑う女性・Hさんの叫び...
並木まき 2021-06-26 06:28 ラブ
どうして?自宅に招いた途端に音信不通になった彼に悩む女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-26 06:46 ラブ
純粋さが胸を打つ♡ バカップルの天然すぎる爆笑LINE5選!
 他人のカップルのLINEを覗く機会って、少ないですよね。今回は、そんなLINEの内容を偶然知ってしまった友人が思わずシ...
男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ