感染対策で別居生活に…コロナを機に妻に嫌われた夫の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-07 04:16
投稿日:2020-06-06 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の言動に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において混乱している夫婦の話から、妻から「コロナ別居」を突きつけられた男性の本音をお届けします。

憧れの女性と結婚! それなのに…

完璧な妻といるとなぜだか疲れる(写真:iStock)
完璧な妻といるとなぜだか疲れる (写真:iStock)

 前回の妻の言い分では、コロナを通じて、夫との別居に踏み切った女性の話をご紹介しました。では、夫であるOさんは、この出来事をどう捉えているのでしょうか。

「Kとの出会いは運命的だったし、こっちが惚れ込んで結婚してもらったって感じの関係です。バリキャリで働いているKは僕から見て眩しい存在で、できるならばあんな風になりたいなって憧れの対象ですね。なので、付き合えるってなったときには『何が何でも結婚するぞ』って決めて、付き合ってからも結婚に向けて猛烈にアプローチし続けました。実際に、これまでは自分と同じようなだらしない女性とばかり付き合ってきたから、Kみたいな女性といれば、僕自身も変われるんじゃないかって思ったのも、その理由でした」

 そしてKさん宅での半同棲から、見事プロポーズを承諾してもらったOさん。Kさんと結婚できるとわかったときには、自分の人生もこれで好転するはずと感じたそうです。

「でも、Kは僕から見て完璧すぎて、実際に結婚生活が始まると疲れてきました。例えば、分担している家事をしても『床がまだ汚れてるよ?』とか『洗い物に食べカスが付いたままだけど……』とかって言われるんですが、多少家が汚れていても、洗い物に汚れが残っていても、そのくらいはいいじゃんって思うんです。

『やる』って話していた家の用事も、すぐにやらないと怒られるんですが、別に少しくらい遅れたって、問題ないじゃんって思ったし……。もちろんKみたいにテキパキと無駄なく完璧にいろんなことがこなせればいいんだろうけど、僕にはできないんですよ。

 なのでKには、悪いなぁという気持ちとうるさいなぁって気持ちの両方があり、家にいてもつまらない毎日になってきていましたね。僕がなんかやっても、どうせKが満足するレベルにはできないんだろうなって思い始めていたし、だから、休日とかも1日中ゴロゴロしちゃって……。そんな僕を見て、Kはイライラを募らせていたとは思います」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ