感染対策で別居生活に…コロナを機に妻に嫌われた夫の言い分

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-06-07 04:16
投稿日:2020-06-06 06:00

妻から別居を提案されて

受け入れるしかなかった(写真:iStock)
受け入れるしかなかった (写真:iStock)

 そのうちに世間はコロナで騒がしくなり、妻から別居の提案を受けたOさん。

「Kは早くから在宅勤務ができるようになっていたのに、僕の職場はまったく平常どおりでした。通勤電車も混んでいたし、家にいるだけの妻と僕とでは明らかに感染リスクが違いましたね。それで『感染したくないから、リスクが高いあなたとは別居したい』と言われたときには、受け入れるしかありませんでした。

 もともと生活費も、僕が3分の1で、妻が3分の2を負担している関係なので、満足に家計も支えていないのに、確かにそれで妻を感染させたら嫌だなっていう気持ちもありました。ちなみに妻からは『もともと生活費もほとんど負担できていないから、これを機に仕事を辞めてもらって家にいてくれてもいいよ』とも言われたのですが、何のキャリアもない僕は、今の職場を辞めたらコロナが落ち着いたあとに再就職できないだろうなって思って、仕事を続けることを選びました」

コロナが落ち着けば家に戻れるはず

今の暮らしのほうが性に合ってる?(写真:iStock)
今の暮らしのほうが性に合ってる? (写真:iStock)

 今も、職場の近くの仮住まいで地味な生活を続けているというOさん。早く家に戻りたいけれど、自由にダラダラできる今の暮らしのほうが性に合っているのも感じているそうです。

「家に戻りたいけれど、戻ったらまた、きちんとした生活をするように言われてしまいますよね。僕は、みんなが当たり前にしているような掃除や洗濯も完璧にはできないし、どこかに夫婦で遊びに行ったりするのも面倒で、家でゴロゴロしてゲームしていたいんですよ。

 でも妻には絶対に理解してもらえないのもわかっているので、どうしたらいいのかなって悩んでいます。コロナを機に、妻には随分と嫌われちゃったな〜って感じですが、今はコロナのせいで妻のメンタルも不安定なんだろうって思います。だからコロナが落ち着けば、そのうちに家に戻れるだろうし、家では妻がガミガミ言うのをやり過ごせば。それで済むのかなって思っていますけどね」

 別居生活になっても、夫婦関係を楽観視しているOさん。しかし妻の思惑は、もっと複雑で……。

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。これこそが男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


恋人に自分を出す?出さない?…別れたくないならすべきこと
 恋人との関係において、大好きなパートナーであればあるほど“長続きした〜い”と願うもの。別れる原因は数あれど、よくあるケ...
若林杏樹 2021-08-18 06:00 ラブ
コロナ中のおうちデート♡ 5つの楽しみ方&気を付けたいこと
 コロナウイルスまん延により、自由に外出ができなくなった今、彼との過ごし方に悩んでいる人も多いのではないでしょうか? そ...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
覚えていれば安心♡ 好きな人と盛り上がるLINEの例文5つ
 好きな人とLINEを交換しても、結局会話が盛り上がらずに音信不通になってしまった……なんてことはありませんか? 恋を成...
恋バナ調査隊 2021-08-18 06:00 ラブ
いつもと違う…同棲中の彼が出す別れのサイン5つ&対処方法
 好きな彼と同棲がはじまると、嬉しくて幸せを感じますよね。しかし、同棲はゴールではありません。中には、「最近、彼の様子が...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
“両片思い”は雰囲気でわかる♡ 両思いに発展させる方法は?
 本当は両思いなのに、それに気づかず片思い状態を続けてしまう「両片思い」。相手の思いに確信が持てず、一歩踏み出せない人も...
恋バナ調査隊 2021-08-17 06:00 ラブ
恋愛タブーな取引先の男性に恋したら?社交辞令を見抜く方法
 取引先の男性との恋愛は「公私混同」と、タブー視する人が多いですよね。また、脈ありだと感じても「ただの社交辞令かも?」と...
恋バナ調査隊 2021-08-16 06:00 ラブ
女性の体で男性が好きなパーツ5選&パーツごとに隠れた心理
 意中の男性からいつ見られてもいいように、メイクやネイルを研究するなど、日々努力している女性は多いですよね。でも、実際の...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
この子しかいない♡ 男性が惚れ直した彼女からの愛情LINE5選
 女性の中には、いつも彼氏に愛されて大切にされる人と、そうでない人がいますよね。この違いがなぜ生まれるのかというと、男心...
恋バナ調査隊 2021-08-15 06:00 ラブ
結婚後に性格が豹変!“釣った魚に餌をやらない”男の見極め方
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「こんなはずじゃなかった!」と後悔しながら結婚生活を送っている方は少なくあり...
山崎世美子 2021-08-14 06:00 ラブ
男心を弄ぶ思わせぶりな女性の特徴5つ&気を付けたい注意点
 男性から好意を持ってもらえるのは、誰だって嬉しいものです。しかし、中には興味の有無に関わらず、男性に対して思わせぶりな...
恋バナ調査隊 2021-08-14 06:00 ラブ
実際は何もしてないのに…イクメン気取りの夫にウンザリな妻
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-08-14 06:02 ラブ
“イクメン”はブランディング…理解なき妻に夫が抱く不快感
「冷酷と激情のあいだvol.51〜女性編〜」では、「イクメン」を気取る夫の本性に我慢の限界を迎えた妻・1さんの心情をご紹...
並木まき 2021-08-14 06:03 ラブ
20代派遣OLの告白「私、不倫相手と同じマンションに…」#1
 連日のように報道されている有名人の不倫……。有名人だけでなく、一般人も不倫に走ることはもはや珍しくない。  今回、取...
蒼井凜花 2021-08-13 06:00 ラブ
男性が彼女と“別れたい”と思う時4選!別れを回避する方法
 前触れもなく、突然彼から別れを告げられたら、どんな女性でもショックを受けてしまいますよね。そんな辛い思いをしないために...
恋バナ調査隊 2021-08-13 06:00 ラブ
恋愛での嫉妬をやめるには? 苦しさから解放される4つの方法
 大好きなのに、なかなか彼のことを信じられずに嫉妬してしまう……そんな恋愛って、本当に苦しいですよね。今回は、そんな「恋...
恋バナ調査隊 2021-08-13 06:00 ラブ
イケメンナンパ師だった大学生が普通の会社員になった理由
 ナンパ師を自称したこともある36歳の男性が電車内で無差別に人を切りつけ、殺人未遂容疑で逮捕されるという事件が起きました...
内藤みか 2021-08-12 07:04 ラブ