恋愛観も一変…アフターコロナの時代に求められる女性とは?

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-06-29 06:00
投稿日:2020-06-29 06:00
 外出自粛が緩和されてから日も経過し、少しずつ日常を取り戻しつつありますね。では、完全に「コロナ前」のような過ごし方に戻っていいのでしょうか。そう言い切ってしまうには、まだ早そうです。
 前代未聞のコロナ禍を経験して以降、人々の価値観も変わってきたところがあります。今までどおりに過ごしていると、アフターコロナでは恋愛の機会も逃してしまうかも。
 コロナで変わった価値観のもと「アフターコロナで求められる女子」とはどんな人なのか、考えてみましょう。

1:気を抜かず!「夏用マスク」で予防対策している女子

自分で作ってみるのも♪(写真:iStock)
自分で作ってみるのも♪ (写真:iStock)

 どんどん気温があがってきて、ただマスクをつけているのもしんどい季節になってきました。特に女子はメイクもよれてしまうので、夏にマスクなんてなるべく避けたい……と思うかもしれませんが、もはやそれは日本の全女性が戦っていくしかない壁です。誰も夏にマスクはつけたくないですが、それでもつけるべきなのが今のご時世です。

 それなら、せっかくなので各ブランドが出している「夏用マスク」をチェックしてみましょう。ユニクロは夏用インナーの「エアリズム」から装着感の軽いマスクを出していますし、スポーツメーカー「MIZUNO」の冷感マスクも注目されています。デザイナーズブランドからも、リネンやガーゼのおしゃれなマスクが続々出ているので、おしゃれの一貫としてマスクを取り入れながら、夏もしっかり予防対策できる女子になりましょう。 

 マスクが重要というよりも、そういう「周りへの配慮」を持てる女性は、重宝されていくはずです。

2:SNSでネガティブトークしていない女子

ネガティブな発言は控えたほうが無難(写真:iStock)
ネガティブな発言は控えたほうが無難 (写真:iStock)

 コロナ期、外出自粛やテレワークなどで家にいる時間が長くなり、SNSをみる時間が長くなったという人が多いと思います。

 同時に、経済不安や国の対策への不満から、外出自粛期間は特にSNSで炎上がそこかしこで起きていました。今、SNSは「ギスギスしている」「怒っている人が多い」というのも、人々のイメージになっています。

 不安になる気持ちはわかりますし、自分のSNSでどんな発言をしたって自由。でも、ネガティブな発言をみて嬉しい気持ちになる人は、あまりいなそうですよね。

 コロナ禍ではSNSからデマニュースが流れたりと、情報リテラシーやSNSの使い方に問題意識を持つ人も増えました。ネガティブな発言や個人的な感情を吐き出す時は、鍵付きのアカウントなどで行うのが無難かもしれません。

3:オンラインでのコミュニケーションが上手な女子

オンラインでも仲良く(写真:iStock)
オンラインでも仲良く (写真:iStock)

「コロナ破局」なんて言葉もネットでよく見聞きしますが、リアルでコミュニケーションができなくなった時に、互いの距離感を上手にコントロールできず、破局してしまうカップルも多かったようです。

 LINEの頻度や電話の可否などで、どちらかが愛情不足を感じてしまったという事例や、リアルで会ってデートができなくなってしまい、オンラインだけでは上手くコミュニケーションできなかったというカップルもいました。

 逆に、コロナ禍でも彼氏に大切にされた女性たちは、不安を抱えながらも今できるコミュニケーション……つまり、オンラインでのコニュニケーションを上手に行った人たちでした。

 寂しい時はZOOMで飲んだりデートしたり。LINEの頻度で大きく不安を抱えてしまわなかったり。オンラインでのコミュニケーションは、やっぱりリアルの代わりにはなりません。

 それも踏まえて、オンライン上での恋人との距離感を上手にできた女性は、コロナが落ち着くまで、会えなくても彼氏と仲良くできていたようです。

より自立した女性が求められていく?

自立した女性を目指そう(写真:iStock)
自立した女性を目指そう (写真:iStock)

 今回のコロナ禍では、女性か男性かにかかわらず、職を失ったり給料が減ってしまったりと、多くの人が経済的な不安を感じることになったと思います。

 男性だからというだけで、女性よりも強く頼れる存在として胸を張れる人ばかりではなかったでしょうし、将来どころか来月にすら不安を感じてしまい、他人の心配までできなかった人も多かったはずです。

 アフターコロナでは今まで以上に、男性からも「女性の自立」が求められていくでしょう。経済的にもメンタル的にも、互いに支え合っていくことができる女性。不安なのは、彼も一緒。頼れる存在がほしいのは誰でも一緒ですから、

 適材適所でお互いに貢献しあうことができる関係が、アフターコロナの恋愛ではより求められて行くと思います。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ
理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋...
恋バナ調査隊 2021-05-03 06:00 ラブ
やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべ...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちに...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
運命の結婚相手とは相性が悪いという少しスピリチュアルなお話
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。出会って一緒になった運命の相手。結婚披露宴は人生で一番と言っていいほど“自分...
山崎世美子 2021-05-01 12:56 ラブ
法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ
“ギャップモテ”したい女子必見♡ 男性が惚れる7つのケース
 いつもキツい女性がふいに見せる笑顔や、強気な女性が弱音を吐く瞬間など、いわゆる“女性のギャップ”に弱い男性は多いです。...
恋バナ調査隊 2021-04-30 06:00 ラブ
コロナ禍で登山女子にモテ期到来も…素直に喜べない理由とは
 近ごろ、アウトドアは大注目のレジャーとなっています。それと同時に、登山好きな女性やキャンプが好きな女性が、男性からかな...
内藤みか 2021-04-29 06:00 ラブ
LINEで恋の駆け引き♡ 彼にじわじわ効く5つのテクニック
 コミュニケーションツールとして、多くの男女が恋愛にも活用しているLINE。特に、まだ付き合っていない男女の間では、日々...
恋バナ調査隊 2021-04-29 06:00 ラブ
脱チョロい女!さりげなくアピールできる自分の価値の高め方
 ちょっと気になるカレができて2人でLINEで盛り上がり、「一緒に俺の家で映画みよう〜」なんて誘われて急接近。お家に呼ば...
若林杏樹 2021-04-28 06:00 ラブ
忘れられない……元彼に未練が残る5つの理由&断ち切る方法
 ひとつの恋愛が終わった時、誰もがすぐに気持ちを切り替えられるわけではありません。中には、元彼への未練を断ち切れず、何年...
恋バナ調査隊 2021-04-28 06:00 ラブ
“メガネ女子”ってモテるの? 男性が感じる5つの魅力&注意点
 “メガネ女子”というと、「真面目」「暗そう」といったネガティブなイメージを持つ人が多いでしょう。そのため、あえてメガネ...
恋バナ調査隊 2021-04-27 06:13 ラブ