"40歳OVER婚"成功の本音 子どもはいらない価値観をガチ共有

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-07 20:34
投稿日:2020-09-29 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りします。引き続きお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

case1-4.長瀬康太さん(仮名/47歳)

「子どもはいらない」価値観がピッタリ一致

「基本的には若い子が好きだった」康太さんですが、「それは恋人という関係が前提で、結婚は同年代の京ちゃんとしてよかった」と言います。

「40歳になった頃から、相手が望めば別ですが、僕自身は子どもがほしいとは思わなくなったんです。仮に僕が40歳のときに子どもが生まれたとしたら、成人時には60歳。年老いるほど経済的負担が大きくなることは目に見えているし、運動会で若いお父さんに勝てないのが悔しいだろうし(笑)。

 だから、40歳をすぎてからの理想は、共働き婚。お互いに自分を養える程度の収入を稼いで、少しでいいから経済的に余裕のある暮らしをすることが目標になりました。

 つき合っているときに京ちゃんとそういった価値観の話をしたら、ピッタリ一致したんです。自営業の彼女は子どもがほしいと思ったことがなく、仕事にまい進したいタイプ。『男性に養ってもらうなんてとんでもない!』と、自立している女性です。

 金銭感覚もしっかりとしていて、『貯金しなくちゃダメよ』と言われた翌日に、貯蓄専用口座を開設しました。自分より格上の彼女を尊敬しているからです」

「大人婚」成就に重要な3つのポイント!

 ここで大事なポイントが3つ見つかりました。

その1:結婚前に本音で価値観を確認

 1つ目は、結婚前に本音で価値観を確認し合える関係を構築しておくこと。とくに金銭感覚の確認は大事! 

 40歳以上の結婚は、不妊治療代を含み子どもをつくるかどうか。家は賃貸か持ち家か。老後の資金はどのように貯めていくのか。親の介護問題など、お金にまつわるライフプランが短期間で一気に押し寄せてくるからです。逆に、お金の話をストレートに話し合える関係ではなければ、結婚生活も難航を極めるといっても過言ではありません。

 同棲まではスムーズに進んだものの、同棲後に男性が豹変。家事全般はすべて女性任せのうえに「生活費は半分“だけ”でいいよ」と言われて、急いで逃げ出した女性がいます。結婚を考えている相手がいる女性は、勇気を出して洗いざらい疑問をぶつけてみるのが吉。お金の話題に関して「勇気を出させてくれて」、「腹を割って話をできる相手」が、運命の相手ともいえるのではないでしょうか。

その2:相手の伸びしろを見抜く眼

 2つ目のポイントは、年齢を重ねてもお互いに「素直さ」を忘れず、「相手の伸びしろを見抜く眼」を持つことができるか。 

 康太さんの言葉を振り返ってみましょう。「『貯金しなくちゃダメよ』と言われた翌日に、貯蓄専用口座を開設しました」。つまり康太さんは、京子さんと交際前は貯蓄ゼロだったということです。

 康太さんは「独りだったらどうにでもなる」と刹那的な生き方をしてきたと言いますが、44歳で貯蓄ゼロ。危険です。危険すぎます。

 ですが京子さんは康太さんの「翌日に貯蓄講座を作る素直さ」=「伸びしろ」に期待したのではないでしょうか。

 筆者は高スペックを求める婚活中の女性から相談を受けると、必ず伝えている言葉があります。

「相手の容姿や職業、年収にとらわれてはダメ。人間は何歳になっても成長できるというけれど、相手の意見を一旦『そうだね』と受け止めて、噛み砕ける素直な心を持った人が伸びるから期待大なのよ!

 人間は期待されたとおりに成果を出すと言われている、心理学の『ピグマリオン効果』を信じて!

 そして自分も素直な心を忘れないと、相乗効果で幸せになれるの。現状が高条件でフィックスしている人の中には、意固地な人がいる。男女はお互いに長所を伸ばし、高め合うのが結婚の醍醐味だと思うけど、もしも意固地な人にこれから何十年も価値観を押しつけられる人生になったとしても、後悔しない?」と。

 京子さんは、筆者と同じ考え方をしていたのかもしれません。康太さんはその後も貯蓄を怠らず現在、年収程度は貯まったそうです。

その3:相手の根幹をなす性質を尊敬できるか

 3つ目のポイントは、「相手の根幹をなす性質を尊敬できるか」。2つ目のポイントにつながりますが、職業・年収は変動する可能性があります。とくに容姿は、加齢とともに全盛期をすぎ去りゆく。

 康太さんは、「自分より格上の彼女を尊敬している」と言いますが、京子さんも康太さんの実直な性格を尊敬したのでしょう。康太さんは京子さんから「(月収)いくらもらっているの?」と聞かれた際、言葉で数字を伝えるのではなく、給料明細を見せたそう。このエピソードを知人の既婚男性に話して感想を聞いたところ、「結婚前に見せるなんて絶対に結婚したい気持ちで、オトコとして本気の証」だそうです。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫に浮気バレ後の離婚回避術は? 初期の言動3つにすべてがかかっている
 夫に浮気がバレた時、離婚を避けたいなら「あなたのその後の言動」にすべての運命がかかっています。もし間違えた態度で接すれ...
地方都市の“女風”でイケメン率爆騰中 夢破れたヤル気ないオトコの巣窟に?
「イケメンって、年をとってイケメンじゃなくなったらどうするの?」という疑問を持つ女性はとても多いです。  そのルックス...
内藤みか 2024-07-04 06:00 ラブ
オタク男子は優良物件という新潮流!婚活女性に知って欲しい7つの理由
「オタク男子」と聞くと、あまりよくないイメージを持つかもしれません。しかし、婚活女子には超おすすめ! 最近では“優良物件...
恋バナ調査隊 2024-07-03 06:00 ラブ
【調香師監修】暑い夏。あなたの気分とフェロモンを上げるアロマオイルは
 夏は思いっきり汗をかいてフェロモンを放出する最高のシーズン! 暑さに負けず夏を満喫するために、天然植物の恵みのアロマで...
太田奈月 2024-07-02 06:00 ラブ
レス妻が共感! 公認不倫を採用する「1122」はセックスレス夫婦を救う?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  Amaz...
豆木メイ 2024-07-02 06:00 ラブ
既婚男性が不倫相手に冷めた残酷な瞬間6選 道ならぬ恋はやっぱりもろい?
「いつか彼と一緒になれるはず」と夢見て、既婚男性と不倫している女性もいるでしょう。でも相手があなたに冷めてしまったら、そ...
恋バナ調査隊 2024-07-03 15:22 ラブ
「うちに泊まる?」オタ友以上恋人未満の彼にそう言わせた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った男性に恋し...
mirae.(みれ) 2024-07-01 06:00 ラブ
付き合う付き合わないの二択だけ?マチアプの即決文化に馴染めない50男
「冷酷と激情のあいだvol.202〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った男性と進展しない関係に悩む46歳の絵里さ...
並木まき 2024-07-03 14:06 ラブ
50まで恋愛したい46歳女。「私は暇つぶし要員?」マチアプ男に恋煩い中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-03 13:58 ラブ
脳筋知ってる?筋肉LOVE彼氏をおバカで可愛いと思えるか判定LINE3選
「脳筋」とは、「脳みそまで筋肉」の略語。ポジティブな言葉として使われる時もあるけれど、とにかく頭を使うより体を使うのが得...
恋バナ調査隊 2024-06-29 06:00 ラブ
“リアル峰不二子”と運命の出会い。俺どうする?局部のコンプレックス #1
 恋愛をするにあたり、避けて通れないのが「ベッドでの秘め事」だ。愛する人と肌を合わせ、温もりを感じ、ひとつになる幸せは何...
蒼井凜花 2024-07-05 12:34 ラブ
夫や彼氏からの「ドン引き誕プレ」5選 女ゴコロが1ミリも分かってないな
 夫や彼氏からの誕プレには期待しちゃいますよね。自分のことをよくわかっている相手ですし、誰よりも「喜ばせたい」と思ってく...
恋バナ調査隊 2024-06-28 06:00 ラブ
「私、CAの試験に受かっていたの」お見合い現場で遭遇する"怪しい経歴”
 アラフォー世代の婚活で見栄を張って“怪しい経歴”を語る方がいます。これまで何件か聞いたのが、航空会社のCA(客室乗務員...
植草美幸 2024-06-28 06:00 ラブ
やる気マンマン? 起業したい系男子が増殖中…本気か、金目当てか?
 年上の女性を狙う「起業したいんです」系男子が増殖しています。そのなかには起業を口実に女性からお金を引っ張ろうとするウソ...
内藤みか 2024-06-27 06:00 ラブ
田舎に住んでるとマッチングアプリは役立たず!? 婚活女性が涙した悲劇4選
 マッチングアプリが普及してからは出会いの幅が一気に広がりましたよね。ですが、田舎ではあまり役に立たないようです。いった...
恋バナ調査隊 2024-06-27 06:00 ラブ
1年365日少年すぎる夫の操縦法 うちの旦那はピュアなの? おバカなの?
 結婚すると、女性はより現実的な思考になる人が多いのに比べて、男性はいつまでも夢を追いかけがち。時には、少年すぎる考えの...
恋バナ調査隊 2024-06-24 06:00 ラブ