LINEで急に別れ話をされた…!パターン別「復縁」の狙い方

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-10-23 06:00
投稿日:2020-10-23 06:00
 あなたは恋人と別れ話をする時に、LINEや電話で話す派ですか? それとも会って話す派ですか?「重要な話ほど、きちんと話したい」と考えるタイプは、電話か対面で話すことを考えると思います。そういうタイプの人は逆に、真面目な話をLINEでするのが苦手だったりするのではないでしょうか。
 自分がそのタイプだった時、相手の顔が見えずニュアンスも伝わらず、レスポンスの遅いLINEで別れ話をされた時……それこそマジで地獄です。LINEの別れ話でメンブレ(メンタルブレイク)してしまったら、もうその後の復縁は難しいです。先に対処方法を知っておくことが大切。

LINEでケンカ。カッとなって別れ話をされた時

 まずは、そんなつもりはなかったのに、LINEのやりとりをするうちに話がこじれて、カッとなった相手から「もう別れよう」などと急に言われてしまった時の対処法です。

 急なケンカから発展する別れ話の時は、相手も興奮状態です。まず、その逆上に乗っかってはいけませんし、とりあえず電話、というのもいいことがなさそうです。

 まずは少し落ち着いて、彼にも考える時間を与えることが大事。即レスせず、少し時間を置いてから「本気で言ってるの?」などと諭しながら、「本気です」と言われたら「じゃあ、今度ちゃんと話そう」とタイミングをずらしましょう。即解決しようとしてもこじれるだけです。

用意していたかのような長文LINEが来た時

 LINEで別れを告げたい派の中には、言いたいことがちゃんとあるからこそ、文章でまとめて送りたいという人もいます。そういう人は「話した方が早くない? っていうかどう返せばいい?」と悩んでしまうくらい、数スクロール分のものすごく長い文章をLINEで送ってくることも。

 そういう時は、とりあえずじっくり文章を読んで、この人が何を言いたかったのかを理解してあげて。言いたいことが多いから長くなるはずなので、理解するのにも少しカロリーをかけるべきです。

 即レスで反応せず、まずは一言「ありがとう。ちゃんと読みました」などと言ってあげるといいかもしれません。その後、直接話したいなら「文章読んで、私も話したいことがたくさんあるなと思ったから、ちゃんと話そう」などと前置きして、直接会ったり電話したりするといいかも。

短文LINEの後、音信不通になってしまった時

「別れよう」の一言のあと、既読もつかず何も反応しなくなってしまうパターンに対しては、どう振る舞えばいいのでしょう。

 まず、短文で連絡している理由としては、「別れ話をすることすら面倒」なパターンと「理由を聞いてほしいからあえて自分から言わない」というタイプがいます。彼との関係値や性格を考えて、どっちのパターンか推測しましょう。

 前者の場合、焦って電話しても出てもらえる可能性は低いので、聞き分けのいい感じで「きちんと会って話そう」と持ちかけるか、カギを返すなどの理由をつけて、なんとか直接会うきっかけを作りましょう。

 後者の場合は電話しても出てもらえると思いますが、メンヘラタイプの人とは電話で話しても埒(らち)が明かない場合も多いので、長電話しすぎず、いつ会って話せるかを確認しましょう。

追撃や即電話は地雷を踏む可能性高し

こちらも感情的になるのは逆効果(写真:iStock)
こちらも感情的になるのは逆効果 (写真:iStock)

 急に別れ話をされた時、びっくりしてまずはすぐ電話、という風にしてしまう人も多いと思いますが、相手も自分も興奮している状態の時に話しては、上手くいく話も上手くいかなくなる可能性が高いでしょう。

 早く話してしまいたい気持ちも分かりますが、復縁を考えるなら理性的であるべきです。悲しみに飲まれて感情的になると逆効果なので、ぐっとこらえて数分〜数時間おいて。あなた自身が落ち着いてから連絡して、後日しっかり会って話すことを冷静に彼に提案することをおすすめします。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ
冷たい態度をとる男性に秘められた5つの心理&対処方法
 好意を抱いている男性から冷たくされると、ショックですよね。勇気を出してアプローチしたのにそっけない態度をとられたら、「...
恋バナ調査隊 2021-06-07 06:00 ラブ
腐れ縁からの結婚ってあり…?見極めておくべき7つのポイント
 長く交際している彼氏がいる人の中には、別れては復縁を繰り返している人もいれば、“長い春”のように交際が続いている人もい...
恋バナ調査隊 2021-06-06 06:00 ラブ
「ご飯は簡単でいいよ」…夫の無神経発言にイラ立つ妻の本音
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。コロナ渦の緊急事態宣言や蔓延防止措置などにより、「自宅で毎日食事をとることで...
山崎世美子 2021-06-05 06:00 ラブ
こんなことになるとは…元カノの離婚に頭を抱える男性の弁明
「冷酷と激情のあいだvol.41〜女性編〜」では、元カレへの気持ちが再燃し離婚をした女性・Jさんの困惑をご紹介しました。...
並木まき 2021-06-05 06:14 ラブ
よりを戻してほしいのに…元恋人のために離婚した女性の焦燥
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-05 06:10 ラブ
学歴なんて関係ない! 東大卒男性が1年追い求めた奥様の魅力
 言わずもがな日本一の秀才が集結している東京大学出身の男性は、どんな女性と結婚したいと考え、どんな女性を伴侶として迎える...
田中絵音 2021-06-04 06:00 ラブ