タイプ別に解説…交際後に“面倒彼氏”になる男のLINEの特徴

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-07 06:00
投稿日:2020-10-07 06:00
 付き合うと面倒くさい男性ほど、交際前のLINEに兆候が出ているもの。気に入っている女性には、好感度が上がるように気合いが入ったLINEをする男性も多いけれど、隠しきれない本性がメッセージに滲み出ているケースも散見されますよね。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、交際後に面倒くさくなる男にほど、ありがちなLINEの特徴をお話します。

1:空回り面倒男

 彼女のことを好きなあまりに空回りをしまくる男は、周囲から同情されることはあれど、恋人である女性から見ると面倒な男の典型。恋人の気持ちはお構いなしに、自分のモノサシだけで好意を示そうとするので、結果的に女性にとって負担しか感じないのが、このタイプの特徴です。

 交際前の段階でも、ちょいちょい“好意の押し付け”が目立つ例も多く、「今朝も朝ごはん、ちゃんと栄養バランスを考えながら食べた?」「帰り道は、明るい道を選んで帰らなくちゃダメだからね!」などの“心配の押し売り”が目立つのも傾向でしょう。

 気遣ってくれるのはありがたいものの、その頻度のせいで、お節介に思えてくるのが常。付き合ってから「彼氏からのLINEがめんどくさい」になるパターンです。

2:恋に恋する面倒男

 恋に恋しているタイプの面倒男は、理想の恋愛が明確。さらには、自分のことが大好きなあまりに、恋人に対しては価値観の押し付けが激しいという面倒くささがあります。

 交際前のLINEでは「俺の彼女になったら、手料理作ってくれる?」「俺と付き合ったら、毎日ちゃんと“愛してる”ってLINEしてな!」などなど、自らが描く理想の関係を“やんわりと強要”するパターンも多め。

 交際に意欲的で、脈あり臭が強く漂うLINEを送ってくれるのは嬉しくとも、こういう男性の彼女になってしまうと、彼の脳内にある“理想のカップル”を無理やりに演じさせられるハメに陥りがち。よって、かなり面倒です。

3:恋愛偏差値低め面倒男

 恋愛偏差値が低めな男性とは、誠実な恋愛ができる可能性が高い一方で、交際後には幼い言動に悩まされるパターンも多め。恋愛経験が浅い男性は、女心をまったく理解しない行動も目立つため、「いい歳して、こんなこともわからないの!?」と苛立ちを覚える女性も少なくないのです。

 交際前の段階で届くLINEでは、やたら他人行儀な敬語が続いたり、言葉遊びのような冗談が通じなかったりといった面が強く出ます。

 こういった男性は非モテであるケースも多く、結婚相手としては優良かもしれません。しかしロマンティックな恋愛を求める女性にとっては、いちいち自分が指導をしないと関係が前に進まないことから、面倒な男にカテゴライズされます。

そのオトコ、ちょっと面倒くさい?

付き合ってから気づいても遅い(写真:iStock)
付き合ってから気づいても遅い (写真:iStock)

 面倒くさい彼氏に手を焼くのを恋愛の醍醐味と捉える人でなければ、無用な面倒ごとを持ち込む男性との交際は、せっかく交際に至っても、気持ちが冷めやすいのも否めません。

「いいかも」と感じている段階で、こんなLINEが目につくようであれば、交際後のリスクを考慮したほうが確実。恋愛初期には、相手の欠点が見えにくくなるのも傾向ですから、冷静な目で判断したいものです。

【並木まきオンラインサロン】スマホ時間で自分磨き

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、新規メンバーを募集中。

 自宅でライタースキルの資格が取得でき、大好評の「オンラインライター講座」、選挙に出る人を全力サポートする「新人候補必見!地方選挙必勝サロン」など多彩なコンテンツ。

いつものスマホ時間で、さっそく自分磨きをしましょう!

サロンの詳細はこちら

関連キーワード

ラブ 新着一覧


28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビ...
内埜さくら 2020-11-24 06:00 ラブ
100年の恋も冷める…たった一言で女性が幻滅する恐怖のLINE
 第一印象はよかったのに……会えない期間、LINEでコミュニケーションをしているうちに、なんだか異性に幻滅してしまった経...
ミクニシオリ 2020-11-24 06:06 ラブ
愛想がいい女性は意外とモテない? 男性たちの7つの本音
 誰に対してもニコニコ愛想のいい女性は、モテるイメージがありますよね。実際に、愛想を良くしようと、意識的に笑顔を振りまい...
恋バナ調査隊 2020-11-24 06:00 ラブ
過去の恋愛に決別を…元カレに別れたことを後悔させる方法!
 自分が振られた立場でも振った立場でも、元カレって特別な存在ですよね。一番近かった相手なのに、友達よりも遠い存在になって...
若林杏樹 2020-11-23 06:00 ラブ
陽気で豪快!四国出身の女性の特徴や恋愛観&相性の良い男性
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の女性についてご紹介します。香川県、徳島...
熱しやすく冷めやすい?四国出身の男性の性格や特徴&恋愛観
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、四国出身の男性の性格や特徴、恋愛傾向についてご紹...
あなたのタイプはどう?“何系女子”の種類や特徴を徹底分析!
 ◯系女子や◯ガールなど、女性の系統を分ける言葉を耳にする機会も多くなりましたが、自分が何系女子かわからない人も多いはず...
恋バナ調査隊 2020-11-22 06:00 ラブ
妻と子供が溺れたら…夫は迷わず妻を助けるという衝撃の事実
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。「いい夫婦の日(11月22日)」に関するアンケート調査を明治安田生命が発表し...
山崎世美子 2020-11-21 06:00 ラブ
妻から何度も「離婚」突きつけられ…ついに覚悟を決めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.21〜女性編〜」では、夫に対してたびたび「離婚したい」と口にするものの、本心は揺れている妻の...
並木まき 2020-11-21 06:01 ラブ
夫婦喧嘩をするたびに「離婚」を口にしてしまう女性の本音
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-11-21 06:02 ラブ
職場内離婚…どうやって後処理する!?速やかにやるべきこと
 出会いのきっかけランキングで必ずトップ3に入っている「職場での出会い」。そう、社内恋愛はとってもメジャーなものなんです...
七味さや 2020-11-20 07:06 ラブ
恋愛するなら冬♡ 恋の季節と言われる理由&おすすめデート
 美しい四季のある日本は、季節によって大きく雰囲気が異なりますよね。特に、冬は肌寒く人恋しくなるため、「恋愛したくなる」...
恋バナ調査隊 2020-11-20 06:00 ラブ
料金は?リスクは?「ママ活」と「出張ホスト」どう違うの?
 近ごろは、密を避けてマンツーマンで遊ぶ人が増えています。そんな時に便利なのが彼氏代行的な存在。けれど最近は「ママ活」と...
内藤みか 2020-11-19 06:00 ラブ
結婚すると苦労する男性の6つの特徴&男性選びのポイント
 日本の離婚率は現在35%ほどとも言われていますが、誰だって「離婚するかも?」なんて考えて、結婚をしているわけがありませ...
恋バナ調査隊 2020-11-19 06:00 ラブ
恋愛は焦ると失敗する!うまくいかない5つの原因&対処法♪
「恋愛に焦りは禁物」と言われますが、実際、恋愛中に焦って行動してしまい、うまくいかなかった経験がある人は多いでしょう。し...
恋バナ調査隊 2020-11-18 06:00 ラブ
ネットで話題 LINEのマッチングアプリ「HOP」を使ってみた
 コミュニケーションアプリの「LINE」を運営などを行うLINE株式会社が、2020年9月にマッチングアプリをリリース。...
ミクニシオリ 2020-11-18 06:00 ラブ