タイプ別に解説…交際後に“面倒彼氏”になる男のLINEの特徴

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-07 06:00
投稿日:2020-10-07 06:00
 付き合うと面倒くさい男性ほど、交際前のLINEに兆候が出ているもの。気に入っている女性には、好感度が上がるように気合いが入ったLINEをする男性も多いけれど、隠しきれない本性がメッセージに滲み出ているケースも散見されますよね。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、交際後に面倒くさくなる男にほど、ありがちなLINEの特徴をお話します。

1:空回り面倒男

 彼女のことを好きなあまりに空回りをしまくる男は、周囲から同情されることはあれど、恋人である女性から見ると面倒な男の典型。恋人の気持ちはお構いなしに、自分のモノサシだけで好意を示そうとするので、結果的に女性にとって負担しか感じないのが、このタイプの特徴です。

 交際前の段階でも、ちょいちょい“好意の押し付け”が目立つ例も多く、「今朝も朝ごはん、ちゃんと栄養バランスを考えながら食べた?」「帰り道は、明るい道を選んで帰らなくちゃダメだからね!」などの“心配の押し売り”が目立つのも傾向でしょう。

 気遣ってくれるのはありがたいものの、その頻度のせいで、お節介に思えてくるのが常。付き合ってから「彼氏からのLINEがめんどくさい」になるパターンです。

2:恋に恋する面倒男

 恋に恋しているタイプの面倒男は、理想の恋愛が明確。さらには、自分のことが大好きなあまりに、恋人に対しては価値観の押し付けが激しいという面倒くささがあります。

 交際前のLINEでは「俺の彼女になったら、手料理作ってくれる?」「俺と付き合ったら、毎日ちゃんと“愛してる”ってLINEしてな!」などなど、自らが描く理想の関係を“やんわりと強要”するパターンも多め。

 交際に意欲的で、脈あり臭が強く漂うLINEを送ってくれるのは嬉しくとも、こういう男性の彼女になってしまうと、彼の脳内にある“理想のカップル”を無理やりに演じさせられるハメに陥りがち。よって、かなり面倒です。

3:恋愛偏差値低め面倒男

 恋愛偏差値が低めな男性とは、誠実な恋愛ができる可能性が高い一方で、交際後には幼い言動に悩まされるパターンも多め。恋愛経験が浅い男性は、女心をまったく理解しない行動も目立つため、「いい歳して、こんなこともわからないの!?」と苛立ちを覚える女性も少なくないのです。

 交際前の段階で届くLINEでは、やたら他人行儀な敬語が続いたり、言葉遊びのような冗談が通じなかったりといった面が強く出ます。

 こういった男性は非モテであるケースも多く、結婚相手としては優良かもしれません。しかしロマンティックな恋愛を求める女性にとっては、いちいち自分が指導をしないと関係が前に進まないことから、面倒な男にカテゴライズされます。

そのオトコ、ちょっと面倒くさい?

付き合ってから気づいても遅い(写真:iStock)
付き合ってから気づいても遅い (写真:iStock)

 面倒くさい彼氏に手を焼くのを恋愛の醍醐味と捉える人でなければ、無用な面倒ごとを持ち込む男性との交際は、せっかく交際に至っても、気持ちが冷めやすいのも否めません。

「いいかも」と感じている段階で、こんなLINEが目につくようであれば、交際後のリスクを考慮したほうが確実。恋愛初期には、相手の欠点が見えにくくなるのも傾向ですから、冷静な目で判断したいものです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ