タイプ別に解説…交際後に“面倒彼氏”になる男のLINEの特徴

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-10-07 06:00
投稿日:2020-10-07 06:00
 付き合うと面倒くさい男性ほど、交際前のLINEに兆候が出ているもの。気に入っている女性には、好感度が上がるように気合いが入ったLINEをする男性も多いけれど、隠しきれない本性がメッセージに滲み出ているケースも散見されますよね。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、交際後に面倒くさくなる男にほど、ありがちなLINEの特徴をお話します。

1:空回り面倒男

 彼女のことを好きなあまりに空回りをしまくる男は、周囲から同情されることはあれど、恋人である女性から見ると面倒な男の典型。恋人の気持ちはお構いなしに、自分のモノサシだけで好意を示そうとするので、結果的に女性にとって負担しか感じないのが、このタイプの特徴です。

 交際前の段階でも、ちょいちょい“好意の押し付け”が目立つ例も多く、「今朝も朝ごはん、ちゃんと栄養バランスを考えながら食べた?」「帰り道は、明るい道を選んで帰らなくちゃダメだからね!」などの“心配の押し売り”が目立つのも傾向でしょう。

 気遣ってくれるのはありがたいものの、その頻度のせいで、お節介に思えてくるのが常。付き合ってから「彼氏からのLINEがめんどくさい」になるパターンです。

2:恋に恋する面倒男

 恋に恋しているタイプの面倒男は、理想の恋愛が明確。さらには、自分のことが大好きなあまりに、恋人に対しては価値観の押し付けが激しいという面倒くささがあります。

 交際前のLINEでは「俺の彼女になったら、手料理作ってくれる?」「俺と付き合ったら、毎日ちゃんと“愛してる”ってLINEしてな!」などなど、自らが描く理想の関係を“やんわりと強要”するパターンも多め。

 交際に意欲的で、脈あり臭が強く漂うLINEを送ってくれるのは嬉しくとも、こういう男性の彼女になってしまうと、彼の脳内にある“理想のカップル”を無理やりに演じさせられるハメに陥りがち。よって、かなり面倒です。

3:恋愛偏差値低め面倒男

 恋愛偏差値が低めな男性とは、誠実な恋愛ができる可能性が高い一方で、交際後には幼い言動に悩まされるパターンも多め。恋愛経験が浅い男性は、女心をまったく理解しない行動も目立つため、「いい歳して、こんなこともわからないの!?」と苛立ちを覚える女性も少なくないのです。

 交際前の段階で届くLINEでは、やたら他人行儀な敬語が続いたり、言葉遊びのような冗談が通じなかったりといった面が強く出ます。

 こういった男性は非モテであるケースも多く、結婚相手としては優良かもしれません。しかしロマンティックな恋愛を求める女性にとっては、いちいち自分が指導をしないと関係が前に進まないことから、面倒な男にカテゴライズされます。

そのオトコ、ちょっと面倒くさい?

付き合ってから気づいても遅い(写真:iStock)
付き合ってから気づいても遅い (写真:iStock)

 面倒くさい彼氏に手を焼くのを恋愛の醍醐味と捉える人でなければ、無用な面倒ごとを持ち込む男性との交際は、せっかく交際に至っても、気持ちが冷めやすいのも否めません。

「いいかも」と感じている段階で、こんなLINEが目につくようであれば、交際後のリスクを考慮したほうが確実。恋愛初期には、相手の欠点が見えにくくなるのも傾向ですから、冷静な目で判断したいものです。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


「友達以上恋人未満セフレ否定」曖昧な関係しか築けない40代男の心理
「冷酷と激情のあいだvol.146〜女性編〜」では、半年以上にわたって肉体関係のある恋人・ツトムさん(48歳・仮名)との...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
週1お泊まりでも告白なしはセフレ? 年上男との曖昧な関係に悩む40代女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
昔好きだったと言われたら脈あり? あえて過去形で伝える男の深層心理
 友達だと思っていた男性から突然「昔好きだった」と言われたら、思わず意識してしまいますよね。その日を境に、あなたも相手を...
恋バナ調査隊 2023-06-09 06:00 ラブ
シンママが年収1000万超の男性と再婚するのは不可能ではない
「再婚したい」と夢見るシングルマザーは大勢います。なかには「お金持ちと再婚したい」とはっきり主張する女性はいます。  ...
内藤みか 2023-06-08 18:04 ラブ
マッチングアプリやめていい? 恋活に自信をなくす5つの瞬間
 恋人を作ろうと勇気を出してマッチングアプリを始めたものの、「全然いい出会いがないっ!」と心が折れそうにな人、集まれ〜!...
恋バナ調査隊 2023-06-08 06:00 ラブ
愛も幸せも欲しい!恋人を選ぶときに重視すべきポイントは?
 年齢が上がるにつれて、将来を見据えた恋愛はとんでもなく重要です。  ただドキドキするだけの恋愛じゃなくて、恋人に...
若林杏樹 2023-06-07 06:00 ラブ
「逃げ癖がある男」との恋愛はほぼ100%満足ムリ! 理由&特徴を解説
「早く結婚したい!」と考えているなら、恋愛するパートナーを選ぶとき“逃げ癖がある男”は避けたほうが良いかもしれません。満...
恋バナ調査隊 2023-06-07 06:00 ラブ
夜の営み事情をママ友と話したら…レス夫婦は私だけだった
 夫婦の夜の営みの話ってママ友としますか? 「そんなの絶対にしない!」 という人もいれば「フランクにするよ~」なん...
まめ 2023-06-06 06:00 ラブ
「イタす時にお香を焚き出して…」彼氏に染み付いた元カノの影響と呪縛
 彼氏と幸せな時間を過ごしている時、ふと「今の誰の影響?」と感じる言動をされた経験はありませんか? 明らかに元カノから受...
恋バナ調査隊 2023-06-06 06:00 ラブ
携帯ショップでも炸裂!裸になるの私じゃないw 天然夫たちの爆笑エピ6選
 天然な夫を持つ妻は、毎日夫の珍行動に困りながらも癒されているといいます。抜けすぎていて不安ばかりでも、やっぱり日々笑顔...
恋バナ調査隊 2023-06-05 06:00 ラブ
「コロナ禍マジックで再婚相手を見誤った」それでも離婚しない男の打算
「冷酷と激情のあいだvol.145〜男性編〜」では、コロナ禍に結婚をした夫・タロウさん(仮名・41歳)との結婚を早まった...
並木まき 2023-06-03 10:02 ラブ
「週1の義務的な夜の生活がつらい」心の底から“コロナ婚”を悔やむ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-03 10:01 ラブ
私たち両想いだよね? こじらせ男子あるある&彼の恋愛欲を刺激するテク
「彼も私のことが好きなはずなのに、まったく進展しない」。そんな状況にいるとじれったくてイラッとしてしまいますよね。  ...
恋バナ調査隊 2023-06-03 06:00 ラブ
モテ系女子ほど要注意?恋愛で「闇落ち」しやすいタイプって
 恋愛から遠ざかっている女性の中には、闇落ちしている人もいるのでは……?  大好きだった彼氏がいたはずなのに、何らかの...
恋バナ調査隊 2023-06-02 06:00 ラブ
中高年の恋愛リアリティー番組「あいの里」が斬新すぎる!
 Netflixで配信されている恋愛リアリティーショー『あいの里』が話題です。8人ほどの男女がシェアハウスで恋を育むだけ...
内藤みか 2023-06-01 06:00 ラブ
162円、駅前200円だけで会話成立! 交際10年超カップルの独特LINE3選
 付き合いたてホヤホヤのカップルは、LINEでラブラブな会話を楽しんでいますよね。その一方で、10年以上付き合っている熟...
恋バナ調査隊 2023-06-01 06:00 ラブ