コロナ禍でも不倫が終わらなかった女の3つのしなかったこと

内藤みか 作家
更新日:2020-10-29 06:00
投稿日:2020-10-29 06:00
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いているカップルもいます。不倫関係を失わずに済んだ女性たちに共通しているのは、3つのことをあえて「しない」ことでした。

会いたがらない

ひとりでも楽しく過ごせるし(写真:iStock)
ひとりでも楽しく過ごせるし (写真:iStock)

 何人かの不倫を続けている女性たちに共通しているのは、実は「自分からは会いたがらなかった」ことでした。逆に、不倫相手から別れを告げられた女性は、コロナ禍でも「いつになったら時間できるの?」などと会うことを要求していました。会ってくれない男性に対して「私のことなんかもうどうでもよくなっちゃったの?」と責め立てた人もいます。

 不倫が続いた女性は、不倫相手に対してあまり思いつめていませんでした。「これで終わりならもうしょうがない」と現実を冷静に受け止めていたのです。そして「今までバレずに会えてきただけでもラッキーだったし」などとポジティブに考えていたのです。自宅で自粛生活を送る彼の邪魔にならないように連絡もしていませんでした。

 会いたがらない女性、連絡もくれなくなった女性、そういう存在のほうが男性は気になります。「もしかして俺の他に男がいるのかも」などと考え、追いかけたくなってしまうのです。コロナ禍では、不倫相手にあえて「会いたがらない」女性が大勝利をあげたのでした。

外に出かけない

おうちで過ごせばいいじゃん(写真:iStock)
おうちで過ごせばいいじゃん (写真:iStock)

 また、不倫が続いた女性たちは、不倫相手とはできるだけ室内で過ごし、外には出かけないようにしていました。コロナ禍なので気をつけていたというのもありますが、もともと人に見つからないほうがいい関係です。あまり出歩くべきではないと謙虚に考えていたのです。感染リスクを減らすためにも、できるだけ室内で過ごす配慮は必要です。

 けれど、不倫相手から別れを告げられた女性たちは「どこかに連れて行ってほしい」「一緒にお出かけしたい」などとコロナ禍でもワガママを言い続けてしまいました。身を隠すことを拒むのは「私こそが彼の運命の相手なのに、どうして隠れなくてはいけないの?」という反発心もあったのでしょう。

 自分の利益ばかりを求める姿は、自粛が呼びかけられているなか、自己中心的に見えてしまいます。コロナ禍では、不倫相手の安全を最優先にし、控えめな行動をとれる女性ほど、株を上げることができたのです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活疲れのオトナ女子に告ぐ!「第3の縁」気が付いていますか
 甘美な欲望に貪欲かつ忠実なオトナ女子に、オススメの作品を紹介する「コクハク」発のBOOKレビュー。今回は婚活疲れでヘト...
内埜さくら 2021-06-29 06:00 ラブ
人生なんとなく不安症候群!?漠然とした不安を払拭するには
 劇的な不幸が襲ってきたわけではないけれど、ずーっと漠然とした不安が目の前にずっとある。そんな「人生なんとなく不安症候群...
七味さや 2021-06-28 06:00 ラブ
恋愛で傷つくのが怖い…そう感じる5つの原因&脱出方法は?
 恋愛がしたくても「傷つくのが怖い」という理由で、恋愛から遠ざかっている人が少なくありません。でも、「このままだと、いつ...
恋バナ調査隊 2021-06-28 06:00 ラブ
“オカン化”してない?彼から恋愛対象外にされる理由&対処法
 恋愛中の女性がやってしまいがちなのが、彼氏にあれこれ世話を焼いて「オカン化」してしまうこと。一見、オカンのように慕って...
恋バナ調査隊 2021-06-27 06:00 ラブ
別れ話を切り出された…対応を誤ると“悪夢”は突然やってくる
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。彼との関係がしっくりといかない……倦怠期? 嫌われた? と薄々気づいていなが...
山崎世美子 2021-06-26 06:14 ラブ
別れ話をしなくちゃダメ?男性が突然連絡を絶った意外な理由
「冷酷と激情のあいだvol.44〜女性編〜」では、自宅に招いた途端に音信不通になった恋人に対して戸惑う女性・Hさんの叫び...
並木まき 2021-06-26 06:28 ラブ
どうして?自宅に招いた途端に音信不通になった彼に悩む女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-26 06:46 ラブ
純粋さが胸を打つ♡ バカップルの天然すぎる爆笑LINE5選!
 他人のカップルのLINEを覗く機会って、少ないですよね。今回は、そんなLINEの内容を偶然知ってしまった友人が思わずシ...
男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ