信じていたのに…持病への理解がない夫と別居した妻の嘆き

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-06 04:42
投稿日:2021-02-06 04:30
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、持病を理解されずに夫への別居を突きつけた女性の決断をお届けします。

持病にも理解を示してくれた恋人と結婚

この人ならば大丈夫…そう思ったのに(写真:iStock)
この人ならば大丈夫…そう思ったのに (写真:iStock)

 30代後半のYさんは、会社員の夫と結婚2年目を迎えました。30代の前半で慢性的な病気を発症し、日常生活は送れるものの投薬による治療を続けています。Yさんの病気は、命に関わる病気ではないものの、疲れていたり風邪をひいたりすると、健康な人と比べれば日常生活にもそれなりの影響が出るのだそうです。

「病気が分かってからは、それまでの生活とは異なり、自分の身体を労る生活を心がけています。疲れやすさがあるので、遠出は体調のいいときだけにして、とにかく日常生活を平和に送るのが最大の目標。そんななか、たまたま行った近所のバーで、夫のTと出会い、半年の交際を経て結婚しました」

 病が分かったあとは「もう結婚は、しなくてもいいかな」と考えていたYさん。しかし、病気のことを話したところ深い理解を示し、交際中も自分のペースに合わせてくれたTさんからプロポーズを受け「この人ならば、大丈夫かも」とOKしたそうです。

結婚生活で見えた彼の本性

不信感と嫌悪感がつのるばかり(写真:iStock)
不信感と嫌悪感がつのるばかり (写真:iStock)

「結婚と言っても、彼も私もお金がないので挙式や披露宴はせず、入籍とブライダル写真だけの結婚式でした。彼が私の家に暮らす形で、新婚生活はスタート。

 だけど……。楽しいとか幸せって思えたのは、最初の1ヶ月だけでした」

 それまで同棲をしてこなかったので、Yさんが夫と生活をともにしたのは結婚後。実際に同居生活が始まってみると、Yさんの病気への配慮に欠けるうえに、生活費をほとんど家に入れてくれない夫に対して不満が募りました。

「体調が悪いときに、Tにそう伝えても『ふーん』と言うだけ。家事を手伝うわけでもなく、テレビやスマホに夢中になって、私のことは放置。それどころか、まるでそこに私なんていないかのように勝手なことばかりして、家は汚すし、家計を気にせずにお金を使うし。

 こんなんじゃ、生活が成り立たないと思って文句を言っても、まったく改善されないんです。

 そのうえ……、体調が悪いときにも無理やり性交渉に応じさせられましたし、だんだんとTへの不信感や嫌悪感が強まりました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「あえて“おバカ”を装って…」妻候補をふるいにかける婚活男
「冷酷と激情のあいだvol.104〜女性編〜」では、友人の紹介で知り合った男性・マコトさん(仮名)が、天気や下ネタなどい...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
「下ネタと天気の話しかしない」ハイスぺ男に落胆した婚活女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-20 06:00 ラブ
パートナーから愛され続ける女性たちの“たった一つ”の共通点
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。モテ女になるためのノウハウはSNSの普及により、いつでもどこでも学べる世の中...
山崎世美子 2022-08-20 06:00 ラブ
貝殻のように閉じないで~ 大好きな彼氏の心を開く4つのコツ
 せっかく好きになった彼氏とお付き合いをするなら、お互いに心を開いて自然体でいられる関係に憧れますよね。しかし、恋愛の相...
恋バナ調査隊 2022-08-20 06:00 ラブ
離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ