信じていたのに…持病への理解がない夫と別居した妻の嘆き

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-06 04:42
投稿日:2021-02-06 04:30
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、持病を理解されずに夫への別居を突きつけた女性の決断をお届けします。

持病にも理解を示してくれた恋人と結婚

この人ならば大丈夫…そう思ったのに(写真:iStock)
この人ならば大丈夫…そう思ったのに (写真:iStock)

 30代後半のYさんは、会社員の夫と結婚2年目を迎えました。30代の前半で慢性的な病気を発症し、日常生活は送れるものの投薬による治療を続けています。Yさんの病気は、命に関わる病気ではないものの、疲れていたり風邪をひいたりすると、健康な人と比べれば日常生活にもそれなりの影響が出るのだそうです。

「病気が分かってからは、それまでの生活とは異なり、自分の身体を労る生活を心がけています。疲れやすさがあるので、遠出は体調のいいときだけにして、とにかく日常生活を平和に送るのが最大の目標。そんななか、たまたま行った近所のバーで、夫のTと出会い、半年の交際を経て結婚しました」

 病が分かったあとは「もう結婚は、しなくてもいいかな」と考えていたYさん。しかし、病気のことを話したところ深い理解を示し、交際中も自分のペースに合わせてくれたTさんからプロポーズを受け「この人ならば、大丈夫かも」とOKしたそうです。

結婚生活で見えた彼の本性

不信感と嫌悪感がつのるばかり(写真:iStock)
不信感と嫌悪感がつのるばかり (写真:iStock)

「結婚と言っても、彼も私もお金がないので挙式や披露宴はせず、入籍とブライダル写真だけの結婚式でした。彼が私の家に暮らす形で、新婚生活はスタート。

 だけど……。楽しいとか幸せって思えたのは、最初の1ヶ月だけでした」

 それまで同棲をしてこなかったので、Yさんが夫と生活をともにしたのは結婚後。実際に同居生活が始まってみると、Yさんの病気への配慮に欠けるうえに、生活費をほとんど家に入れてくれない夫に対して不満が募りました。

「体調が悪いときに、Tにそう伝えても『ふーん』と言うだけ。家事を手伝うわけでもなく、テレビやスマホに夢中になって、私のことは放置。それどころか、まるでそこに私なんていないかのように勝手なことばかりして、家は汚すし、家計を気にせずにお金を使うし。

 こんなんじゃ、生活が成り立たないと思って文句を言っても、まったく改善されないんです。

 そのうえ……、体調が悪いときにも無理やり性交渉に応じさせられましたし、だんだんとTへの不信感や嫌悪感が強まりました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ