信じていたのに…持病への理解がない夫と別居した妻の嘆き

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-02-06 04:42
投稿日:2021-02-06 04:30
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、持病を理解されずに夫への別居を突きつけた女性の決断をお届けします。

持病にも理解を示してくれた恋人と結婚

この人ならば大丈夫…そう思ったのに(写真:iStock)
この人ならば大丈夫…そう思ったのに (写真:iStock)

 30代後半のYさんは、会社員の夫と結婚2年目を迎えました。30代の前半で慢性的な病気を発症し、日常生活は送れるものの投薬による治療を続けています。Yさんの病気は、命に関わる病気ではないものの、疲れていたり風邪をひいたりすると、健康な人と比べれば日常生活にもそれなりの影響が出るのだそうです。

「病気が分かってからは、それまでの生活とは異なり、自分の身体を労る生活を心がけています。疲れやすさがあるので、遠出は体調のいいときだけにして、とにかく日常生活を平和に送るのが最大の目標。そんななか、たまたま行った近所のバーで、夫のTと出会い、半年の交際を経て結婚しました」

 病が分かったあとは「もう結婚は、しなくてもいいかな」と考えていたYさん。しかし、病気のことを話したところ深い理解を示し、交際中も自分のペースに合わせてくれたTさんからプロポーズを受け「この人ならば、大丈夫かも」とOKしたそうです。

結婚生活で見えた彼の本性

不信感と嫌悪感がつのるばかり(写真:iStock)
不信感と嫌悪感がつのるばかり (写真:iStock)

「結婚と言っても、彼も私もお金がないので挙式や披露宴はせず、入籍とブライダル写真だけの結婚式でした。彼が私の家に暮らす形で、新婚生活はスタート。

 だけど……。楽しいとか幸せって思えたのは、最初の1ヶ月だけでした」

 それまで同棲をしてこなかったので、Yさんが夫と生活をともにしたのは結婚後。実際に同居生活が始まってみると、Yさんの病気への配慮に欠けるうえに、生活費をほとんど家に入れてくれない夫に対して不満が募りました。

「体調が悪いときに、Tにそう伝えても『ふーん』と言うだけ。家事を手伝うわけでもなく、テレビやスマホに夢中になって、私のことは放置。それどころか、まるでそこに私なんていないかのように勝手なことばかりして、家は汚すし、家計を気にせずにお金を使うし。

 こんなんじゃ、生活が成り立たないと思って文句を言っても、まったく改善されないんです。

 そのうえ……、体調が悪いときにも無理やり性交渉に応じさせられましたし、だんだんとTへの不信感や嫌悪感が強まりました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ
都合がいい女性にならない方法3選! こんな男性には要注意!
 呼び出せばすぐに来てくれる、終電を逃したら泊めてくれる、いつでも体を許してくれる……。男性にとっての都合のいい女性って...
恋バナ調査隊 2022-01-08 06:00 ラブ
口うるさい両親に辟易…恋人の存在を隠し続ける男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.71〜女性編〜」では、交際2年目を迎えているのに、実家に自分の存在を隠し続ける恋人・ケイタさ...
並木まき 2022-01-08 06:00 ラブ