結婚前提の彼の態度が一変…自分の軽率な行動を後悔する女性

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-30 08:02
投稿日:2021-01-30 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、きちんと交際していたはずなのに長引くコロナ禍で彼氏の気持ちがわからなくなった女性の困惑をお届けします。

コロナでリズムが変わった2人

だんだん彼が遠くなる(写真:iStock)
だんだん彼が遠くなる (写真:iStock)

 今回の女性Fさんは20代後半。付き合って1年半になる彼氏のKさんとは、結婚前提で交際を始めたはずでした。

「出会いは、ありきたりですが飲み会です。共通の友人が気まぐれで開いた会で知り合い、意気投合。デートを数回して、私から告白して恋人同士になりました」

 Fさんが想いを伝えた際に、年齢的な理由から「結婚前提でお願いしたい」と告げたところ、Kさんも了承。実際に、コロナ禍に突入するまでは、順調な関係が続いていたそうです。

「平日の夜は週一くらいでご飯を食べて、週末も月に2回はお泊まりデートをしていました。だけど、最初の緊急事態宣言でお互いがテレワークになったくらいから、なんとなくリズムが変わってしまって。

 テレワークになった最初の頃は、一緒にいる時間が増える!って嬉しくて、お互いの家をよく行き来したんですけど、次第にそれも減ってしまいましたね」

 東京で、新型コロナ感染者が増えるにつれ、気づけば外出デートもしなくなったという2人。FさんからLINEで誘っても「コロナが明けてからね」と、乗り気ではない返事が返ってくるようになったそうです。

会おうとしないのはなぜ?

つきあっているのに一人のクリスマス…(写真:iStock)
つきあっているのに一人のクリスマス… (写真:iStock)

「2020年末のクリスマスですら、一緒に過ごせませんでした。私は、付き合っている関係なら、クリスマスとかお互いの誕生日は一緒に過ごすのが自然だと思っていたから、実はかなりショックだったんです。

 でも、Kが浮気をしたとか心変わりをしたって感じはなくて、何が理由なのかわかりません。2021年になって、混んでいない神社に初詣に行きたいって言ったときにも断られました。年末もそうでしたけど結局、今年になってからまだ1回も会えていないんです」

 いくらコロナ禍が深刻だとしても、さすがに年末年始を挟んでも会おうとしない恋人に対して、不満は大きいと口にするFさん。

 自分が何をしたわけでもないのに、態度が激変したことにも戸惑いを隠せません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ