コロナ禍で判明した男の素顔に幻滅…再婚を悔やむ女性の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:28
投稿日:2021-01-02 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、再婚直後にコロナ禍に突入し結婚を後悔している女性の叫びをお届けします。

年下男性の告白に即OK

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Rさんは30代で結婚と離婚を経験した40代女性。コロナ禍に突入する直前に、交際1年の2歳年下男性と再婚をしました。

「夫とは、飲み会で知り合いました。最初はそこまで惹かれなかったのですが、LINEを交換して、何度かやりとりをしているうちにデートをする流れになって。二人きりで会ってみたら、思ったより気が合うなぁと好感をもちました。

 そのころの私は、再婚願望はあったものの積極的に婚活をしていたわけではなかったこともあり、夫から『結婚前提に付き合ってほしい』と言われ、即OKしたんです」

見え始めた男の本性

失敗だったかもしれない(写真:iStock)
失敗だったかもしれない (写真:iStock)

 月に数回のデートをする関係を経て、交際1年を迎える直前に、なんとなくふたりとも「そろそろ結婚しようか」という流れになり、入籍をしたのだそう。結婚式も予定していましたが、再婚直後にコロナ禍に突入したため、延期をしたまま今に至ります。

「それまで同棲をしていなかったこともあり、共同生活を送り始めた最初のうちは、楽しかったんです。コロナ禍で外出しにくい社会になりましたが、最初はラブラブ気分のほうが強かったから、ふたりで家にいるのも楽しかったんですよ。

 でも、コロナ禍が長引くにつれて、夫の欠点ばかりが目につくようになってしまって……。年下だから、ある程度は仕方ないって自分に言い聞かせていますが、夫にも婚歴があるわりには、家庭生活とはどんなものかというのが、あまりにわかっていない気がします」

 顔を合わせる時間が積み重なるにつれ、お金のことや家事のこと、夜の営みのことなどで不協和音が大きくなったと語るRさん。コロナ禍になって1年を迎えようとする今は「この再婚は失敗だった」と思い始めてしまったのだそう……。

口先ばかりの夫にウンザリ

いい歳して夜中にスナック菓子って(写真:iStock)
いい歳して夜中にスナック菓子って (写真:iStock)

「話し合いを何度しても、だめ。夫は、なんでも口先ばかりで頼りないんです。むしろ言うことだけは立派だけど、行動が伴わないって感じですね。

 収入を増やす努力もしない、家事も“やるやる”って言いながら適当にしかしない、テレワークなのをいいことに、家でぼーっとテレビを見て昼寝をして……ってだらしない生活を繰り返している夫を見ていて、だんだんと嫌悪感しかなくなってきてしまいました。

 ひどいときは、夕食を作っても『めんどくさいから後で食べるね』と言ってテレビに夢中だったり、昼寝ばかりするものだから夜中にゴソゴソ起き出してスナック菓子を食べていたり。夫にはたいした稼ぎもないので、まるで中学生が家にいるみたいでウンザリします」

 夫への気持ちが冷めた原因としては「経済的なことが大きい」と断言するRさん。「家庭に貢献できていないのに、態度だけが大きい夫を見てウンザリした気持ちになる」のだそうです。

今すぐ離婚したい

夫と顔を合わせないよう外で仕事を(写真:iStock)
夫と顔を合わせないよう外で仕事を (写真:iStock)

「それでも、家事を積極的にしてくれればよかったけど、それもないし」と、Rさんはため息をつきます。

「実はもう、夫への気持ちは完全に冷めています。入籍をしたことは、勤務先とごく親しい人しか知らないので、このままこっそり離婚してしまおうかなって考えています。

 コロナ禍はまもなく明けると思うのですが、そこで夫への気持ちが復活する自信がありません。

 今は、顔を見るのも嫌なので、私はテレワークなのに、朝から夕方まで近所のカフェや喫茶店を何軒か回って外で仕事をしています。夫と同じ空間にいるのが苦痛で仕方ないんです。

 本当のことを言うと、いますぐ離婚したいです」

 何度か夫に対して「このままだと離婚だから」と伝えているというRさん。それでも態度が変わらない夫に対して、もはや嫌悪感が強まるばかりだとか。しかし夫であるTさんの真意はまったく別のところにあるようで……。

 次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ