コロナ禍で判明した男の素顔に幻滅…再婚を悔やむ女性の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:28
投稿日:2021-01-02 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、再婚直後にコロナ禍に突入し結婚を後悔している女性の叫びをお届けします。

年下男性の告白に即OK

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Rさんは30代で結婚と離婚を経験した40代女性。コロナ禍に突入する直前に、交際1年の2歳年下男性と再婚をしました。

「夫とは、飲み会で知り合いました。最初はそこまで惹かれなかったのですが、LINEを交換して、何度かやりとりをしているうちにデートをする流れになって。二人きりで会ってみたら、思ったより気が合うなぁと好感をもちました。

 そのころの私は、再婚願望はあったものの積極的に婚活をしていたわけではなかったこともあり、夫から『結婚前提に付き合ってほしい』と言われ、即OKしたんです」

見え始めた男の本性

失敗だったかもしれない(写真:iStock)
失敗だったかもしれない (写真:iStock)

 月に数回のデートをする関係を経て、交際1年を迎える直前に、なんとなくふたりとも「そろそろ結婚しようか」という流れになり、入籍をしたのだそう。結婚式も予定していましたが、再婚直後にコロナ禍に突入したため、延期をしたまま今に至ります。

「それまで同棲をしていなかったこともあり、共同生活を送り始めた最初のうちは、楽しかったんです。コロナ禍で外出しにくい社会になりましたが、最初はラブラブ気分のほうが強かったから、ふたりで家にいるのも楽しかったんですよ。

 でも、コロナ禍が長引くにつれて、夫の欠点ばかりが目につくようになってしまって……。年下だから、ある程度は仕方ないって自分に言い聞かせていますが、夫にも婚歴があるわりには、家庭生活とはどんなものかというのが、あまりにわかっていない気がします」

 顔を合わせる時間が積み重なるにつれ、お金のことや家事のこと、夜の営みのことなどで不協和音が大きくなったと語るRさん。コロナ禍になって1年を迎えようとする今は「この再婚は失敗だった」と思い始めてしまったのだそう……。

口先ばかりの夫にウンザリ

いい歳して夜中にスナック菓子って(写真:iStock)
いい歳して夜中にスナック菓子って (写真:iStock)

「話し合いを何度しても、だめ。夫は、なんでも口先ばかりで頼りないんです。むしろ言うことだけは立派だけど、行動が伴わないって感じですね。

 収入を増やす努力もしない、家事も“やるやる”って言いながら適当にしかしない、テレワークなのをいいことに、家でぼーっとテレビを見て昼寝をして……ってだらしない生活を繰り返している夫を見ていて、だんだんと嫌悪感しかなくなってきてしまいました。

 ひどいときは、夕食を作っても『めんどくさいから後で食べるね』と言ってテレビに夢中だったり、昼寝ばかりするものだから夜中にゴソゴソ起き出してスナック菓子を食べていたり。夫にはたいした稼ぎもないので、まるで中学生が家にいるみたいでウンザリします」

 夫への気持ちが冷めた原因としては「経済的なことが大きい」と断言するRさん。「家庭に貢献できていないのに、態度だけが大きい夫を見てウンザリした気持ちになる」のだそうです。

今すぐ離婚したい

夫と顔を合わせないよう外で仕事を(写真:iStock)
夫と顔を合わせないよう外で仕事を (写真:iStock)

「それでも、家事を積極的にしてくれればよかったけど、それもないし」と、Rさんはため息をつきます。

「実はもう、夫への気持ちは完全に冷めています。入籍をしたことは、勤務先とごく親しい人しか知らないので、このままこっそり離婚してしまおうかなって考えています。

 コロナ禍はまもなく明けると思うのですが、そこで夫への気持ちが復活する自信がありません。

 今は、顔を見るのも嫌なので、私はテレワークなのに、朝から夕方まで近所のカフェや喫茶店を何軒か回って外で仕事をしています。夫と同じ空間にいるのが苦痛で仕方ないんです。

 本当のことを言うと、いますぐ離婚したいです」

 何度か夫に対して「このままだと離婚だから」と伝えているというRさん。それでも態度が変わらない夫に対して、もはや嫌悪感が強まるばかりだとか。しかし夫であるTさんの真意はまったく別のところにあるようで……。

 次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


婚活仲間ぶっちゃけどう?仲良くする利点は“ぼっち”よりアリ
 婚活って、想像以上に大変ですよね。一人で婚活パーティーなどのイベントに参加していると、くじけそうになることもしばしば…...
恋バナ調査隊 2022-12-05 06:00 ラブ
モテない女「あるある口グセ」4選!その一言が恋を遠ざける
 自分がモテないのは外見のせい……なんて思っている女性もいるようですが、真の原因はあなたの口グセかもしれません。  今...
恋バナ調査隊 2022-12-04 06:00 ラブ
“一線こえない”の意味深 妻が涙したプラトニック不倫LINE3選
 夫が不倫していたら、とても傷つくしショックですよね。ほかの女性と体の関係を持っていただけで裏切られた気分になります。中...
恋バナ調査隊 2022-12-04 11:20 ラブ
「次はゴム装着」でクロ確定!浮気現場よりも証拠になるLINE
 夫の浮気で慰謝料請求したい場合、やはり浮気現場の写真があれば有力な浮気の証拠になりますよね。でも、探偵に頼むのは料金が...
恋バナ調査隊 2022-12-03 08:54 ラブ
ペットの問題じゃない?恋人との将来に疑問を持ち始めた男性
「冷酷と激情のあいだvol.119〜女性編〜」では、同棲の話が出ている恋人・タケオさん(44歳/仮名)とのペット問題が勃...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
「私は犬、彼は猫」同棲前にペット問題勃発!不安を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-12-03 06:00 ラブ
論理的な男ってステキ♡でも彼氏にするなら絶対要注意のワケ
 合理的に行動できる人や、論理的に話せる人ってかっこいいですよね。私の経験上、こういう人は男性に多い気がします。  で...
おくげちゃん 2022-12-02 06:00 ラブ
“根こそぎ”食べるの勘弁して!「食べ尽くし系夫」賢い対処法
「食べ尽くし系夫」という言葉をご存知ですか? その名の通り、家の中の食べ物を全部食べてしまう夫のことです。家事に仕事に子...
恋バナ調査隊 2022-12-02 06:00 ラブ
“ひとり旅上手”こそ恋の好機 計画時からメリットしかない!
 旅行支援や激安チケットなどをきっかけに、観光地も賑わいを取り戻しつつあります。そんななか、ひとり旅をする女性も目につき...
内藤みか 2022-12-01 06:00 ラブ
これって束縛?彼氏が「女友達」と飲みに行くのは許せない!
 彼氏に対して束縛したくないし、めんどくさい女とも思われたくない……。  し、しかしですよ。 「女友達と飲みに行く」...
若林杏樹 2022-11-30 06:00 ラブ
“はずれ夫”を引いちまった!結婚を後悔させる男の賢い対処法
 結婚が決まったら、誰もが幸せな生活を想像するでしょう。しかし、実際の結婚生活は思った以上に難しいもの。一緒に生活したら...
恋バナ調査隊 2022-11-30 06:00 ラブ
クロ確定の証拠入手先は? ツメ甘男の浮気を見抜いたエピ3選
 あなたは「私の彼は絶対に浮気しない」と言い切れますか? もしかしたら彼は、うまく隠しているだけで、今まさに浮気中かもし...
恋バナ調査隊 2022-11-28 06:00 ラブ
子作りの最後の機会でも…離婚→再婚を迷う女性の2つの悩み
「冷酷と激情のあいだvol.118〜女性編〜」では、不倫相手である菜摘さん(38歳・仮名)が「離婚する」と言いながら一向...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
子なし女とプチ遠距離不倫に悩む男「いつまで待たされる?」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-11-26 06:00 ラブ
「パイパイほしいでちゅ」妻号泣!夫⇔不倫女のアウトなLINE
 世間を騒がす芸能人や著名人の不倫報道。いざ自分の身に降りかかったらあなたはどうしますか?  今回は信頼していた...
恋バナ調査隊 2022-11-26 06:00 ラブ