コロナ禍で判明した男の素顔に幻滅…再婚を悔やむ女性の叫び

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-02 09:28
投稿日:2021-01-02 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、再婚直後にコロナ禍に突入し結婚を後悔している女性の叫びをお届けします。

年下男性の告白に即OK

(写真:iStock)
(写真:iStock)

 Rさんは30代で結婚と離婚を経験した40代女性。コロナ禍に突入する直前に、交際1年の2歳年下男性と再婚をしました。

「夫とは、飲み会で知り合いました。最初はそこまで惹かれなかったのですが、LINEを交換して、何度かやりとりをしているうちにデートをする流れになって。二人きりで会ってみたら、思ったより気が合うなぁと好感をもちました。

 そのころの私は、再婚願望はあったものの積極的に婚活をしていたわけではなかったこともあり、夫から『結婚前提に付き合ってほしい』と言われ、即OKしたんです」

見え始めた男の本性

失敗だったかもしれない(写真:iStock)
失敗だったかもしれない (写真:iStock)

 月に数回のデートをする関係を経て、交際1年を迎える直前に、なんとなくふたりとも「そろそろ結婚しようか」という流れになり、入籍をしたのだそう。結婚式も予定していましたが、再婚直後にコロナ禍に突入したため、延期をしたまま今に至ります。

「それまで同棲をしていなかったこともあり、共同生活を送り始めた最初のうちは、楽しかったんです。コロナ禍で外出しにくい社会になりましたが、最初はラブラブ気分のほうが強かったから、ふたりで家にいるのも楽しかったんですよ。

 でも、コロナ禍が長引くにつれて、夫の欠点ばかりが目につくようになってしまって……。年下だから、ある程度は仕方ないって自分に言い聞かせていますが、夫にも婚歴があるわりには、家庭生活とはどんなものかというのが、あまりにわかっていない気がします」

 顔を合わせる時間が積み重なるにつれ、お金のことや家事のこと、夜の営みのことなどで不協和音が大きくなったと語るRさん。コロナ禍になって1年を迎えようとする今は「この再婚は失敗だった」と思い始めてしまったのだそう……。

口先ばかりの夫にウンザリ

いい歳して夜中にスナック菓子って(写真:iStock)
いい歳して夜中にスナック菓子って (写真:iStock)

「話し合いを何度しても、だめ。夫は、なんでも口先ばかりで頼りないんです。むしろ言うことだけは立派だけど、行動が伴わないって感じですね。

 収入を増やす努力もしない、家事も“やるやる”って言いながら適当にしかしない、テレワークなのをいいことに、家でぼーっとテレビを見て昼寝をして……ってだらしない生活を繰り返している夫を見ていて、だんだんと嫌悪感しかなくなってきてしまいました。

 ひどいときは、夕食を作っても『めんどくさいから後で食べるね』と言ってテレビに夢中だったり、昼寝ばかりするものだから夜中にゴソゴソ起き出してスナック菓子を食べていたり。夫にはたいした稼ぎもないので、まるで中学生が家にいるみたいでウンザリします」

 夫への気持ちが冷めた原因としては「経済的なことが大きい」と断言するRさん。「家庭に貢献できていないのに、態度だけが大きい夫を見てウンザリした気持ちになる」のだそうです。

今すぐ離婚したい

夫と顔を合わせないよう外で仕事を(写真:iStock)
夫と顔を合わせないよう外で仕事を (写真:iStock)

「それでも、家事を積極的にしてくれればよかったけど、それもないし」と、Rさんはため息をつきます。

「実はもう、夫への気持ちは完全に冷めています。入籍をしたことは、勤務先とごく親しい人しか知らないので、このままこっそり離婚してしまおうかなって考えています。

 コロナ禍はまもなく明けると思うのですが、そこで夫への気持ちが復活する自信がありません。

 今は、顔を見るのも嫌なので、私はテレワークなのに、朝から夕方まで近所のカフェや喫茶店を何軒か回って外で仕事をしています。夫と同じ空間にいるのが苦痛で仕方ないんです。

 本当のことを言うと、いますぐ離婚したいです」

 何度か夫に対して「このままだと離婚だから」と伝えているというRさん。それでも態度が変わらない夫に対して、もはや嫌悪感が強まるばかりだとか。しかし夫であるTさんの真意はまったく別のところにあるようで……。

 次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ