離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-09 06:06
投稿日:2021-01-09 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しました。では、Hさんの元妻であるCさんの真意は…?

苦手な「年下」だけど大丈夫だと思った

失敗だった(写真:iStock)
失敗だった (写真:iStock)

「Hとの結婚生活は、短期間ながらも、とにかく苦痛にまみれたものでしかありませんでした…。もともと年下の男性が苦手だったけれど、交際中のHは年下とは思えないくらいに頼もしく、何でも私をリードしてくれたし、相談にも乗ってくれて頼り甲斐がありました。

 けれど、結婚した直後から、そういった私が好きだった面はすべて消えてしまって、“姉さん女房”である私に、経済的な面から家事、料理に至るまですべて“おんぶにだっこ”に切り替わったのです」

 Hさんとの結婚前にも婚歴があるCさんは、Hさんとの再婚当時には「バツ2になるのは勘弁だから、今度は絶対に離婚しない相手と結婚したい」という思いから、悩んだ末にHさんからのプロポーズを了承したとのこと。

「実は、年下っていうのが最後まで、引っかかっていました。だけど、交際中のことを思えば、Hなら、大丈夫かもって思えたので、結婚を決めたんです。交際期間は1年ほどでした。

 一緒に暮らし始めて、1週間もしないうちに、Hは本性を出し始めましたね。私が年下嫌いなのを知っているくせに、わざと自分が年下であることを事あるごとにアピールし、甘えた声を出しながら、なんでも私にやらせようとするのです。

 そんな様子を見るたび、年下嫌いの私のイライラが募り……。それでも、結婚を決めたのは自分なのだから、という責任だけで我慢しようと努力しました」

離婚に至った2つのエピソード

「そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?」(写真:iStock)
「そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?」 (写真:iStock)

 料理は趣味でもあるのでCさんにとって苦痛ではなかったものの、掃除や洗濯などもすべて自分に任せっきりで、手伝おうともしない元夫に、毎日苛立ちを感じたというCさん。テレワークだったこともあり、そんな元夫に苦言を呈する機会が増えるたび、どんどん自分の気持ちが冷めるのがわかったと言います。

「いろいろ不快なことだらけでしたけど、私が『ありえない、もう無理だ』と思った瞬間は2回ありました。

 1回目は、元夫の独身の友人たちに、食事を作って冷凍して宅急便で送るよう頼まれたとき。ちょうど、1回目の緊急事態宣言が出ている時期で、友人でひとり暮らしをしている人たちがかわいそうだと元夫が言い出し、料理を作って冷凍にして、宅急便で送るよう頼まれたんです。

 そのときは渋々ながらも応じましたが、私に相談もなくそんな話をしてきて、しかもその食費も元夫ではなく私の負担だし、ちょっと違うんじゃないのって違和感しかありませんでした。

 そして2回目は、家事を一切しないことに文句を言ったら『そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?』ってニヤニヤしながら言われたとき。年下が苦手だって話を散々してきた私に、それをニヤつきながら言うなんて……って愕然としました。その瞬間、私の中では『あ、無理だ』ってなったんです」

 そのときの元夫のニヤニヤした顔には、強い嫌悪感を覚えたというCさん。それまでは「バツ2になるのは親を悲しませるから」と我慢していた感情も一瞬にして消え、「この人とこれ以上一緒にいるのは無理」「この結婚は失敗だった」としか思えなくなってしまったのだそうです。

後悔は一切ない

「もう無理」(写真:iStock)
「もう無理」 (写真:iStock)

「そして、同じ空間にいるのも苦痛になり、とにかく家を出ようと決めました。親友には、それまでもずっと元夫のことを相談していたので、電話をすると『いますぐ来ていいよ』と言ってもらえたので、衣類や化粧品など身の回りのものをまとめて、すぐに行きました。

 離婚の意思はずっと迷いながらも頭のどこかにあったので、元夫に切り出すのは思っていたよりも負担ではありませんでしたね。むしろ、Hとの結婚は間違いだったという気持ちのほうが強かったし、だから離婚した今でも後悔は一切ありません。

 バツ2になりましたけど、思ったよりそこも負い目には感じないものですね(笑)。Hとの結婚を決めたのは自分ですけど、やっぱり最初から引っかかるところがあるのに、そこに目を瞑って結婚するのは、絶対に良くないなってつくづく思いました」

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“モテるけどクズ”な男子を好きになる女子が言いがちなセリフ
 古今東西、モテる男子には理由があるもの。そして、モテる男子ばかり好きになってしまう女子にも、理由があるものです。あなた...
ミクニシオリ 2021-01-23 06:00 ラブ
天使?小悪魔?“隠れ肉食系女子”の特徴&出会った時の接し方
「肉食系女子」や「草食系女子」という言葉は、誰でも聞いたことがありますよね。しかし最近、「隠れ肉食系女子」という新たなカ...
恋バナ調査隊 2021-01-23 06:00 ラブ
本性はココに出る!付き合うべきではない男のLINE語尾3選
 LINEに表れるちょっとした“癖”に注目すると、送り主の本性が垣間見えるケースも少なくありません。少し気になっている男...
並木まき 2021-01-22 06:00 ラブ
彼氏と連絡が取れない…考えられる理由5つ&効果的な対処法
 いつも通りのデートを楽しんだはずなのに、その後急に彼氏と連絡が取れなくなったら、「何かあったのだろうか?」と心配になる...
恋バナ調査隊 2021-01-22 06:00 ラブ
婚活アプリで見つけた こじらせ中年男性3タイプの傾向と対策
 恋活・婚活アプリも多様化の時代。中高年が大勢登録しているところには、ややこじらせている男性の姿も。どんな感じのこじらせ...
内藤みか 2021-01-21 06:00 ラブ
LINEで告白を成功させる方法♡切り出し方やセリフも紹介
 好きな男性に告白するのは、誰でも勇気がいりますよね。そんな時にふと、「LINEで告白しちゃおうかな」と考える人も多いで...
恋バナ調査隊 2021-01-21 06:00 ラブ
共通の話題がなくても大丈夫!カレの心をつかむ恋愛心理テク
 気になる人ともっと仲良くなるには「共通の話題」があるとグッとお近づきになれるのですが、どうも趣味も職種も違って盛り上が...
若林杏樹 2021-01-22 17:37 ラブ
シャイな女性とは?6つの特徴と恋愛を成就させる方法
 恋愛に対してまじめで、男性人気が高い「シャイな女性」。しかし、シャイな性格ゆえに好きな人ができてもアプローチできず、恋...
恋バナ調査隊 2021-01-20 06:00 ラブ
70歳の彼が「結婚?大反対!」の親を説得するためにしたこと
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-01-19 06:01 ラブ
不倫がバレて“二度としない男”と“また繰り返す男”の違いとは
 近ごろ、芸能ニュースで「4年ぶり2度目の不倫」などとスクープされているのは記憶に新しいかと思いますが、これは芸能人に限...
田中絵音 2021-01-19 06:00 ラブ
もっと私に興味を持って!パートナーへの関心がなくなるナゼ
 私のパートナー、自分に関心を持ってくれていないかも……そう感じた経験はありますか? 離婚の原因は元パートナーの無関心が...
七味さや 2021-01-18 06:00 ラブ
彼氏に仕返ししたい! 効果的な方法6選&確認するべき気持ち
 好きな人と付き合いはじめたばかりの頃には、何をしていても楽しく、幸せに感じるもの。しかし、交際期間が長くなると構っても...
恋バナ調査隊 2021-01-18 06:00 ラブ
男性とLINEの会話が続かない…原因&会話を広げるコツ♡
 気になる男性とせっかくLINEを交換したのに、全然会話が続かなくて困っていませんか? 何回送ってもそっけない返事や同じ...
恋バナ調査隊 2021-01-17 06:00 ラブ
尽くし上手!九州出身女性の特徴&恋愛観や好みの男性タイプ
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向! 今回は、九州出身の女性についてリサーチしました。九州は、...
人生最悪の運気かも…そんな時に出会う人には注意すべき理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。身も心もボロボロの時に何かのキッカケで知りあった相手。その出会いで一時的に元...
山崎世美子 2021-01-16 06:00 ラブ
彼氏といちゃいちゃする6つの方法!サインを見逃さないで♡
恋人といちゃいちゃする時間は、とても幸せな時間です。どんなに付き合いが長くなっても、日々のいちゃいちゃタイムがあれば、マ...
恋バナ調査隊 2021-01-16 06:00 ラブ