離婚の裏に2つのエピソード…結婚1年で軌道修正した妻の激白

並木まき ライター・エディター
更新日:2021-01-09 06:06
投稿日:2021-01-09 06:00
「冷酷と激情のあいだvol.28〜男性編〜」では、わずか結婚1年で、年上妻から離婚された男性・Hさんの困惑をご紹介しました。では、Hさんの元妻であるCさんの真意は…?

苦手な「年下」だけど大丈夫だと思った

失敗だった(写真:iStock)
失敗だった (写真:iStock)

「Hとの結婚生活は、短期間ながらも、とにかく苦痛にまみれたものでしかありませんでした…。もともと年下の男性が苦手だったけれど、交際中のHは年下とは思えないくらいに頼もしく、何でも私をリードしてくれたし、相談にも乗ってくれて頼り甲斐がありました。

 けれど、結婚した直後から、そういった私が好きだった面はすべて消えてしまって、“姉さん女房”である私に、経済的な面から家事、料理に至るまですべて“おんぶにだっこ”に切り替わったのです」

 Hさんとの結婚前にも婚歴があるCさんは、Hさんとの再婚当時には「バツ2になるのは勘弁だから、今度は絶対に離婚しない相手と結婚したい」という思いから、悩んだ末にHさんからのプロポーズを了承したとのこと。

「実は、年下っていうのが最後まで、引っかかっていました。だけど、交際中のことを思えば、Hなら、大丈夫かもって思えたので、結婚を決めたんです。交際期間は1年ほどでした。

 一緒に暮らし始めて、1週間もしないうちに、Hは本性を出し始めましたね。私が年下嫌いなのを知っているくせに、わざと自分が年下であることを事あるごとにアピールし、甘えた声を出しながら、なんでも私にやらせようとするのです。

 そんな様子を見るたび、年下嫌いの私のイライラが募り……。それでも、結婚を決めたのは自分なのだから、という責任だけで我慢しようと努力しました」

離婚に至った2つのエピソード

「そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?」(写真:iStock)
「そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?」 (写真:iStock)

 料理は趣味でもあるのでCさんにとって苦痛ではなかったものの、掃除や洗濯などもすべて自分に任せっきりで、手伝おうともしない元夫に、毎日苛立ちを感じたというCさん。テレワークだったこともあり、そんな元夫に苦言を呈する機会が増えるたび、どんどん自分の気持ちが冷めるのがわかったと言います。

「いろいろ不快なことだらけでしたけど、私が『ありえない、もう無理だ』と思った瞬間は2回ありました。

 1回目は、元夫の独身の友人たちに、食事を作って冷凍して宅急便で送るよう頼まれたとき。ちょうど、1回目の緊急事態宣言が出ている時期で、友人でひとり暮らしをしている人たちがかわいそうだと元夫が言い出し、料理を作って冷凍にして、宅急便で送るよう頼まれたんです。

 そのときは渋々ながらも応じましたが、私に相談もなくそんな話をしてきて、しかもその食費も元夫ではなく私の負担だし、ちょっと違うんじゃないのって違和感しかありませんでした。

 そして2回目は、家事を一切しないことに文句を言ったら『そんな俺に、母性本能がくすぐられるでしょ?』ってニヤニヤしながら言われたとき。年下が苦手だって話を散々してきた私に、それをニヤつきながら言うなんて……って愕然としました。その瞬間、私の中では『あ、無理だ』ってなったんです」

 そのときの元夫のニヤニヤした顔には、強い嫌悪感を覚えたというCさん。それまでは「バツ2になるのは親を悲しませるから」と我慢していた感情も一瞬にして消え、「この人とこれ以上一緒にいるのは無理」「この結婚は失敗だった」としか思えなくなってしまったのだそうです。

後悔は一切ない

「もう無理」(写真:iStock)
「もう無理」 (写真:iStock)

「そして、同じ空間にいるのも苦痛になり、とにかく家を出ようと決めました。親友には、それまでもずっと元夫のことを相談していたので、電話をすると『いますぐ来ていいよ』と言ってもらえたので、衣類や化粧品など身の回りのものをまとめて、すぐに行きました。

 離婚の意思はずっと迷いながらも頭のどこかにあったので、元夫に切り出すのは思っていたよりも負担ではありませんでしたね。むしろ、Hとの結婚は間違いだったという気持ちのほうが強かったし、だから離婚した今でも後悔は一切ありません。

 バツ2になりましたけど、思ったよりそこも負い目には感じないものですね(笑)。Hとの結婚を決めたのは自分ですけど、やっぱり最初から引っかかるところがあるのに、そこに目を瞑って結婚するのは、絶対に良くないなってつくづく思いました」

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ