失恋から立ち直る時間は人によって違う? 立ち直る8つの方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-04 06:00
投稿日:2020-08-04 06:00
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されることもあれば、小さな喧嘩が別れにつながることもあるでしょう。そんな失恋から、いつまでも抜け出せずにいる人もいます。そこで今回は、失恋から立ち直るのが早い人と遅い人の違いや、立ち直る方法をご紹介します。

失恋から立ち直るのが早い人と遅い人の違いとは?

 失恋は誰にとっても辛い経験です。彼への愛情が大きければ大きいほど、別れた後も引きずることになるでしょう。しかし、失恋から立ち直る早さには個人差があるため、数年経っても元彼を忘れられない人もいれば、中には数日で立ち直る人もいます。

 では、立ち直りの早い人と遅い人にはどんな違いがあるのでしょうか。

立ち直りが早い人の特徴

 失恋から立ち直るのが早い人は、もともと人に依存しない傾向にあります。どんなに好きな男性ができてもどっぷりと浸かることなく、自分自身を見失うことがありません。

 そのため、失恋したとしても立ち直りが早いです。もちろん、「悲しい」といった感情はありますが、自分で気持ちをコントロールすることができるのです。

立ち直りが遅い人の特徴

 失恋からの立ち直りが遅い人は、いわゆる「恋愛体質」と呼ばれる人が多いでしょう。そんなタイプの女性は恋人ができると、「彼がいないと何もできない」と精神的に頼り、依存することになります。

 そんな人は、失恋することで全てを失ってしまったような感覚になり、何も手につかなくなってしまいます。そして、元彼のことを思い続けることになるでしょう。 

辛い失恋から抜け出すには? 立ち直る8つの方法

 失恋からいつまでも立ち直れずにいると、自分自身に嫌気が差してしまうでしょう。しかし、辛さから抜け出した方が良いと頭では分かっていても、なかなか心がついてこないものです。そんな時には積極的に行動してみましょう。

1. 思い切り泣く

 辛い時には、誰だって泣きたくなるものですが、大人になると「泣くのは恥ずかしい」と自分自身の気持ちを抑えてしまう人が多いです。しかし、失恋で辛い時には気持ちをしっかりと整理し、前に進むためにも一度吐き出すことが必要。我慢せずに、思い切り泣きましょう。

2. 終わった恋を客観的に見つめ直す

 失恋をすると、「何がいけなかったのだろう?」と自分を責める人も多いでしょう。彼への気持ちが残っていればいるほど、その気持ちは強いはずです。

 そんな人は、終わった恋を客観的に見つめ直してみましょう。そうすれば、「無理をしていた」「彼のこんなところが嫌だった」など、自分の本当の気持ちに気づくことができるかもしれません。

3. 思い出の品を処分する

 恋人との間には、たくさんの思い出と共に思い出の品も多く残っているはず。失恋から立ち直りたいと思うのであれば、これらの品を処分することも大切です。なぜなら、見るたびに思い出し、辛くなってしまうでしょうから。

 処分する勇気がない人は、いったん目のつかない場所に片付けるなどして、思い出すきっかけをできるだけなくしましょう。

4. 誰かに話を聞いてもらう

 辛い時には、誰かに話を聞いてもらうことも必要です。信頼できる友人や同僚、家族でも構いません。

 誰かに話をするということは、あなた自身が客観的に自分の恋愛を見つめ直すきっかけにもなるでしょう。溜まっていた思いを打ち明けることで心がすっきりするだけでなく、別れに至ってしまった理由にも気づけるかもしれません。

5. 仕事に励む

 失恋で落ち込んでいる時には、「何もしたくない」と思ってしまうものです。やる気を失い、できることなら「ずっと、家にこもっていたい」と思うでしょう。

 しかし、こんな時こそ仕事に励みましょう。仕事に集中すれば「辛い」という思いを忘れることができますし、結果もついてきます。そうなれば、自分への自信も取り戻すことができ、立ち直るきっかけを掴むことができるでしょう。

6. 没頭できる趣味を見つける

 大人になってから趣味を持っている人というのは意外と少ないですが、趣味は失恋の時にも支えてくれる頼もしい存在です。

 趣味がない人は、この機会に「以前からやってみたかった」と思うことにチャレンジしてみましょう。没頭できる趣味が見つかれば、いつの間にか失恋の辛さが紛れます。趣味があることで自分の軸ができて、過度な依存や執着なども薄れていくでしょう。

7. 自分磨きをはじめる

 失恋は辛い経験ではありますが、別れた後というのは「悔しい」「彼を見返してやりたい」といった思いがあるため、自分磨きをする絶好のチャンスでもあります。

 そんな思いを、自分磨きのエネルギーに変えましょう。外側だけでなく内側も磨いていくことで、「別れなければよかった」と元彼を後悔させることもできるはずです。

8. 人と接する機会を増やす

 失恋後に一人で家にこもってしまうと、余計に元彼のことを思い出して心身を追い詰めてしまいます。こんな時こそ、人と接する機会を増やしていきましょう。

 今まで元彼以外の男性に興味がなかった人も、コミュニケーションが増えることで違うタイプの男性に魅力を感じたり、新たな出会いを見つけることができるかもしれません。

失恋から早く立ち直るためには努力が必要!

 失恋の辛さは、「時間が解決してくれる」と思っている人が多いでしょう。確かに、時間が経てば辛さは少しずつ薄れていきます。しかし、要する時間は人によって異なるため、立ち直るまで何年もかかってしまう人もいるでしょう。これでは、新たな恋のチャンスまで逃してしまうかもしれません。

 立ち直るためには、「前に進もう」と気持ちを切り替え、努力することも必要です。ぜひ、ご紹介してきた方法を取り入れて、新たな一歩を踏み出してくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?