結婚相手に経済力を求めて何が悪い?失敗と成功の境界線は…

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-02-18 20:32
投稿日:2021-02-09 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りする「40代50代の大人婚」です。

結婚、離婚、再婚に関係する「唯一の条件」

"金の切れ目が縁の切れ目"(写真:iStock)
"金の切れ目が縁の切れ目" (写真:iStock)

case7-2.藤森小夜子さん(仮名/48歳)

 神奈川県の湘南地域であるショップを経営している藤森小夜子さん(仮名/48歳)は、30歳のときに元旦那様と結婚。10年後の40歳で離婚。43歳で再婚しました。興味深いのが「ただ1つの条件」。元旦那様との結婚と離婚、そして、現在の旦那様と再婚に至るきっかけにもなったそうです。気になるその条件とは。

男女で賃金&経済格差があるという現実

本来は平等であるべきはずが…(写真:iStock)
本来は平等であるべきはずが… (写真:iStock)

「経済力です。私が20代の頃は、自立して1人で食べていく女性はいましたが、まだ少数派だったかもしれません。しかも私の職業自体も、昔も今もこの仕事のみでは、余裕ある暮らしは難しいんです。ありがたいことに、私は生活できていますが。でも、イヤらしい考え方かもしれませんが初婚のときは、結婚によるランクアップを狙いました。配偶者の経済力によって、自動的にステータスがアップできる時代だったんです」

 筆者は小夜子さんの結婚に対する価値観を、「イヤらしい」とは否定できません。なぜなら厚生労働省が「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」の通称で「男女雇用機会均等法」を制定したのは、1985年。小夜子さんは10代前半の少女でしたが、独立前に就職した企業で男女間に賃金格差や男女により扱いが違っていた過去は、想像に難くないからです。

 厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」によると、平成29年は、男性の所定内給与(所得税、社会保険料、組合費、購買代金等を差し引く以前の総額)が34万8400円。対して女性は26万3600円。その差は8万4800円となっていて、現在でも大差があります。

 たとえば小夜子さんが成人時の1992年は「男女雇用機会均等法」制定から7年後。現在でも男女には給与格差があるというのに、たった7年では改革の「か」の字にもたどり着いていなかったと思われます。

経済力のあった元夫となぜ離婚するハメに?

「金の切れ目が縁の切れ目」とはよくいったもので…(写真:iStock)
「金の切れ目が縁の切れ目」とはよくいったもので… (写真:iStock)

 筆者が10年以上前に、小夜子さんと同年代の独身女性に取材したときのこと。当時アラフォーだった彼女は言っていました。

「女性は簡単な仕事しか任せてもらえず、結婚したら寿退社をするのが暗黙の了解でした。女性社員は、男性社員の花嫁候補として入社するんです。職場や取引先が出会いの場ともいえましたし、実際、出会いには困らない時代でしたが、私のようにそこで出会えないと苦戦します。高年収の男性社員を飽きるほど間近で見てきているので、稼ぐ男性としか結婚は考えられないんです。今は最低でも、年収800万円以上の男性をターゲットに婚活中です」

 年収800万円と聞いて、筆者は「えーっ!? 独身男性はほぼいませんよ?」とのけぞりそうになりましたが、金銭の価値観は世代により異なります。小夜子さんや件の彼女の考え方は、時代によってつくり上げられた価値観といっていいのかもしれません。

 価値観はアップデートしていかなければいけないという説もありますが、小夜子さんは相手への希望を「経済力」の一点にしぼり、初婚に至りました。それでも離婚してしまった経緯を聞くとーー。

「元夫が事業に失敗したからです。元夫はアパレル企業に勤務していて、社内では“王”として君臨していたようで、高級車にも乗っていました。だから『結婚しても安泰した生活が送れるかな』と思ったのですが、経営の才能はまったくありませんでした。

 結婚と同時に独立して起業したのですが、経営状況は悪くなる一方で。『彼はいつか成功するだろう。だから今は私が頑張ろう』と、自分の預金通帳を渡し、生活費も出していたのですが、家計は常に火の車。

「金の切れ目は縁の切れ目」は真なり

 それでも彼は、生活のランクを落とせなかった。私服はコムデギャルソンや HERMESなど、ブランド品ばかり。食材の買い物は、成城石井や紀ノ国屋で求めたがる。バブル期に青春時代を謳歌して、『誰でも成功できる』という幻想に囚われてしまったのでしょうね。経済破綻する前に、私から離婚を切り出しました」

「金の切れ目は縁の切れ目」は真なりと筆者は考えています。

 小夜子さんは経済力を失った元旦那様をすぐ見捨てるのではなく、財産のほぼ全額を投じてから離婚を選択したのです。それ以上、支え続けていたら、ご家族を巻き込む“大事故”に発展していたかもしれません。

 とくに今のコロナ禍では、収入が減少する人は珍しくありません。収入に応じて生活レベルを変えられない人との結婚は、考え直したほうがいいという一例です。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ