既婚男性が口を揃えて「妻から言われたら一番怖い言葉!」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-22 14:40
投稿日:2020-12-15 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

15歳差の大人婚でも夫婦仲がビミョー…?

この結婚、失敗?
この結婚、失敗?

case5-1.武田翔平さん(仮名/48歳)

「俺ね、奥さんとは本気で結婚する気がなかったの。だから今まで何度も言ってるもん。『一緒に生活するのは限界だから離婚したい』って。でもね、『はあ!? 誰が離婚するつもりで結婚するんだよ! 私は絶対に離婚しません!!!』って毎回、押し切られて終わり。ケンカって、断固たる決意を持っているほうが勝つんだよね、きっと」

 大人婚連載初の、夫婦仲が芳しくないパターンを話してくれたのは、武田翔平さん(仮名/48歳)。筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます。翔平さんは35歳で独立しバーを開店。40歳のときに、15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。

 翔平さんは元格闘家の魔娑斗さんに似た、「超」がつく男前。ジムへは行かず、空き時間に自重筋トレをしているだけあり、適度な筋肉質の体型をしています。バーは筆者の夫が行きつけのお店なので、初回は夫とともに訪問。初めて会った瞬間、「この人、絶対にモテモテのはず! 女性が放っておくわけがない!!」という印象を抱きました。

 印象は間違っていなかったようで、翔平さんの隣に座っていた男性常連客が頷き話してくれました。「このバーは、翔平さん狙いの女性が本当に多かったんですよ。結婚してから人数は減ったけど、今でも何人かいます」と。「いやいや……」と翔平さんは否定しますが、筆者は納得。以前お話しを伺った長瀬康太さんのケースで「男は視覚で、女は耳(相手の声)で恋愛する傾向にあるらしい」とお伝えしましたが、そうとは限らず、女性も端正な顔立ちに惹かれることはままあると実感した経験があるからです。

“男前野郎”の心をつなぎ止めるのは至難の業

イケメンに目が行きがちだけど(写真:iStock)
イケメンに目が行きがちだけど (写真:iStock)

 数年前に、筆者が男女2対2の合コンをセッティングしたときのこと(筆者は女性メンバーの中に入っていません)。男性2人をAさん、Bさんと仮定します。Aさんは男前。Bさんはごく普通のルックス。2人はAさんを見た途端色めき立ち、Aさんとばかり話をし始めたのです。まだ本人の中身を知らないにもかかわらず、です。

 美しい人やモノに惹かれるのは、人間として当然なのかもしれません。ですが、外見ばかりにとらわれるのは危険です。外見で恋愛対象になるか否かを見極めてしまいがちな人は、林真理子先生の小説『綺麗な生活』のご一読を。ちなみに合コン開催後、Aさんは女性関係にとてつもなくだらしない男性だと発覚しました。

 男前でモテすぎる人は、心とカラダを自分のみにつなぎ止めておくのが難事というのが定説とのことです。翔平さんも、「生涯で結婚したいと思ったのは1人だけ」と言いますが、その彼女との5年半に及ぶ同棲期間中も「遊び」は止まらなかったようで――。お相手は、どのような女性だったのでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ