既婚男性が口を揃えて「妻から言われたら一番怖い言葉!」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-22 14:40
投稿日:2020-12-15 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

15歳差の大人婚でも夫婦仲がビミョー…?

この結婚、失敗?
この結婚、失敗?

case5-1.武田翔平さん(仮名/48歳)

「俺ね、奥さんとは本気で結婚する気がなかったの。だから今まで何度も言ってるもん。『一緒に生活するのは限界だから離婚したい』って。でもね、『はあ!? 誰が離婚するつもりで結婚するんだよ! 私は絶対に離婚しません!!!』って毎回、押し切られて終わり。ケンカって、断固たる決意を持っているほうが勝つんだよね、きっと」

 大人婚連載初の、夫婦仲が芳しくないパターンを話してくれたのは、武田翔平さん(仮名/48歳)。筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます。翔平さんは35歳で独立しバーを開店。40歳のときに、15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。

 翔平さんは元格闘家の魔娑斗さんに似た、「超」がつく男前。ジムへは行かず、空き時間に自重筋トレをしているだけあり、適度な筋肉質の体型をしています。バーは筆者の夫が行きつけのお店なので、初回は夫とともに訪問。初めて会った瞬間、「この人、絶対にモテモテのはず! 女性が放っておくわけがない!!」という印象を抱きました。

 印象は間違っていなかったようで、翔平さんの隣に座っていた男性常連客が頷き話してくれました。「このバーは、翔平さん狙いの女性が本当に多かったんですよ。結婚してから人数は減ったけど、今でも何人かいます」と。「いやいや……」と翔平さんは否定しますが、筆者は納得。以前お話しを伺った長瀬康太さんのケースで「男は視覚で、女は耳(相手の声)で恋愛する傾向にあるらしい」とお伝えしましたが、そうとは限らず、女性も端正な顔立ちに惹かれることはままあると実感した経験があるからです。

“男前野郎”の心をつなぎ止めるのは至難の業

イケメンに目が行きがちだけど(写真:iStock)
イケメンに目が行きがちだけど (写真:iStock)

 数年前に、筆者が男女2対2の合コンをセッティングしたときのこと(筆者は女性メンバーの中に入っていません)。男性2人をAさん、Bさんと仮定します。Aさんは男前。Bさんはごく普通のルックス。2人はAさんを見た途端色めき立ち、Aさんとばかり話をし始めたのです。まだ本人の中身を知らないにもかかわらず、です。

 美しい人やモノに惹かれるのは、人間として当然なのかもしれません。ですが、外見ばかりにとらわれるのは危険です。外見で恋愛対象になるか否かを見極めてしまいがちな人は、林真理子先生の小説『綺麗な生活』のご一読を。ちなみに合コン開催後、Aさんは女性関係にとてつもなくだらしない男性だと発覚しました。

 男前でモテすぎる人は、心とカラダを自分のみにつなぎ止めておくのが難事というのが定説とのことです。翔平さんも、「生涯で結婚したいと思ったのは1人だけ」と言いますが、その彼女との5年半に及ぶ同棲期間中も「遊び」は止まらなかったようで――。お相手は、どのような女性だったのでしょうか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ