既婚男性が口を揃えて「妻から言われたら一番怖い言葉!」

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-22 14:40
投稿日:2020-12-15 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

15歳差の大人婚でも夫婦仲がビミョー…?

この結婚、失敗?
この結婚、失敗?

case5-1.武田翔平さん(仮名/48歳)

「俺ね、奥さんとは本気で結婚する気がなかったの。だから今まで何度も言ってるもん。『一緒に生活するのは限界だから離婚したい』って。でもね、『はあ!? 誰が離婚するつもりで結婚するんだよ! 私は絶対に離婚しません!!!』って毎回、押し切られて終わり。ケンカって、断固たる決意を持っているほうが勝つんだよね、きっと」

 大人婚連載初の、夫婦仲が芳しくないパターンを話してくれたのは、武田翔平さん(仮名/48歳)。筆者がたまにお伺いするバーのマスターなので、翔平さんのコメントはお友達口調とさせていただきます。翔平さんは35歳で独立しバーを開店。40歳のときに、15歳年下の美香さん(仮名)と結婚しました。

 翔平さんは元格闘家の魔娑斗さんに似た、「超」がつく男前。ジムへは行かず、空き時間に自重筋トレをしているだけあり、適度な筋肉質の体型をしています。バーは筆者の夫が行きつけのお店なので、初回は夫とともに訪問。初めて会った瞬間、「この人、絶対にモテモテのはず! 女性が放っておくわけがない!!」という印象を抱きました。

 印象は間違っていなかったようで、翔平さんの隣に座っていた男性常連客が頷き話してくれました。「このバーは、翔平さん狙いの女性が本当に多かったんですよ。結婚してから人数は減ったけど、今でも何人かいます」と。「いやいや……」と翔平さんは否定しますが、筆者は納得。以前お話しを伺った長瀬康太さんのケースで「男は視覚で、女は耳(相手の声)で恋愛する傾向にあるらしい」とお伝えしましたが、そうとは限らず、女性も端正な顔立ちに惹かれることはままあると実感した経験があるからです。

“男前野郎”の心をつなぎ止めるのは至難の業

イケメンに目が行きがちだけど(写真:iStock)
イケメンに目が行きがちだけど (写真:iStock)

 数年前に、筆者が男女2対2の合コンをセッティングしたときのこと(筆者は女性メンバーの中に入っていません)。男性2人をAさん、Bさんと仮定します。Aさんは男前。Bさんはごく普通のルックス。2人はAさんを見た途端色めき立ち、Aさんとばかり話をし始めたのです。まだ本人の中身を知らないにもかかわらず、です。

 美しい人やモノに惹かれるのは、人間として当然なのかもしれません。ですが、外見ばかりにとらわれるのは危険です。外見で恋愛対象になるか否かを見極めてしまいがちな人は、林真理子先生の小説『綺麗な生活』のご一読を。ちなみに合コン開催後、Aさんは女性関係にとてつもなくだらしない男性だと発覚しました。

 男前でモテすぎる人は、心とカラダを自分のみにつなぎ止めておくのが難事というのが定説とのことです。翔平さんも、「生涯で結婚したいと思ったのは1人だけ」と言いますが、その彼女との5年半に及ぶ同棲期間中も「遊び」は止まらなかったようで――。お相手は、どのような女性だったのでしょうか。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「マチアプで知り合った女と人生歩めます?」肉体関係を拒む50男の疑念
「冷酷と激情のあいだvol.190〜女性編〜」では、マッチングアプリで知り合った50歳の恋人と、1年にもわたって肉体関係...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
淡泊すぎて蛇の生殺し…マチアプ交際1年、肉体関係ゼロな彼に悩む46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-13 06:00 ラブ
イワクラ×オズワルド伊藤も破局復縁おかわり 時間を無駄にする男女なぜ
 お笑いコンビ「蛙亭」のイワクラ(34)が、9日放送の冠バラエティー「イワクラと吉住の番組」(テレビ朝日系)で、恋人であ...
「推し活の私が韓国男子と交際?」アラフォー女性が告白 #1
 2024年1月からオンエアされ話題となったドラマ「Eye Love You」にハマった女性も多いだろう。  心の...
蒼井凜花 2024-04-12 10:18 ラブ
お育ちのいい男を見極めるポイント6つ 好物件は絶対に逃がしちゃダメ!
 今回は育ちのいい男を見極める基準を解説します。育ちのいい男は自分のことも周りの人のことも大切にするので、結婚するといい...
恋バナ調査隊 2024-04-12 06:00 ラブ
ママ活で小遣い稼ぎする男性が増殖中!彼氏が沼って稼いだらどうする?
「彼氏がママ活のやり取りをしてるかも!?」と悩む人が増えています。熟女と会う日程を決めようとしているメッセージを見つけて...
内藤みか 2024-04-11 06:00 ラブ
職場のバツイチ男性を好きになっちゃった! 社内恋愛成就の最大のコツ
 社内で好きになった男性が、実はバツイチだった…。社会人をしていれば、こんなこともあるでしょう。  今回はバツイチ男性...
恋バナ調査隊 2024-04-11 06:00 ラブ
40代女性実家暮らし「やばい」認定は当然? 恋愛・結婚“対象外”のワケ
 40代女性で、実家暮らしをしている人はたくさんいますよね。でも実は恋愛面においては、「40代女性の実家暮らしはやばい」...
恋バナ調査隊 2024-04-10 06:00 ラブ
離婚後にイチから恋愛できるモチベ残ってる? 年々臆病になる自分に喝を
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  夫との長年の...
まめ 2024-04-09 06:00 ラブ
正論で返してくる彼氏への対抗策 愚痴や不満をこぼすのも許されない…
 彼氏は心を許している身近で特別な存在。そんな彼に、日々の愚痴や不満をこぼすときもあるでしょう。でも、彼氏が正論しか言わ...
恋バナ調査隊 2024-04-09 06:00 ラブ
妻が怒り狂う夫の呆れた浪費先4選 家計は家族みんなのものでしょ!
 今回は「夫の無駄遣い」をテーマに、女性たちの怒りや不満を集めてみました。  使う金額こと以上にその使い道に納得がいっ...
恋バナ調査隊 2024-04-08 06:00 ラブ
2年前の48歳まで処女として過ごした“こじらせ恋愛観”の根源
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかったよもやま話を綴っていま...
mirae.(みれ) 2024-04-08 06:00 ラブ
課長「なにが楽しみで会社に?」の業務LINEで崩壊!不倫きっかけは些細
 不倫カップルがいつどうやって一線を越えたのか気になりませんか? 「ダメだ」と分かっている中、なにがきっかけで盛り上がっ...
恋バナ調査隊 2024-04-07 06:00 ラブ
処女バレは絶対回避!必死過ぎる見栄を張ったあの頃の私たち
 女性なら共感すること間違いなし! 今回は、女性が処女バレしないように見栄を張るときの、あるあるエピソードを紹介します。...
恋バナ調査隊 2024-04-06 06:00 ラブ
モラハラ夫って本気ですか? 再婚妻の態度に我こそ被害者だと主張する男
「冷酷と激情のあいだvol.189〜女性編〜」では、新婚1年にして、すでに夫との離婚を真剣に考えている42歳の美香さん(...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ
「夜のアッチも前妻と比較され…」再婚1年で離婚を覚悟した42歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-04-06 06:00 ラブ