28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-01 09:41
投稿日:2020-11-24 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

大人婚と不妊治療の“現実”

「運命の男」はどこにいる?
「運命の男」はどこにいる?

case4-1.橋本杏奈さん(仮名/45歳)

 橋本杏奈さん(仮名/45歳)は、40歳のときに未来の旦那様となる同い年の彼と出会い、41歳のときに同棲を開始。42歳で結婚。43歳で男児を出産。積極的に不妊治療はしていなかったものの、「結婚した年に流産を経験しているので、妊娠がわかったときも『また流産してしまうのでは……』と不安で、手放しでは喜べませんでした。だから、元気に生まれてきてくれただけで嬉しかった」と言います。

 厚生労働省の発表によると、「不妊治療を巡っては、年齢が上がるにつれて妊娠する確率が下がり、流産の確率が上昇する。厚労省研究班の調査によると、不妊治療を受けた女性が出産できる確率は39歳で10.2%。42歳で3.7%、45歳で0.6%に低下するとされる」とのこと。「無理をしてまで子どもをつくらなくてもいいのではないか」と不妊治療をせず、自然妊娠でお子さんを授かった杏奈さんは、稀有なケースかもしれません。筆者のように出産や子育てを結婚の目標としていない女性以外には、うらやましい例ともいえるでしょう。

結婚イコール出産ではない

 杏奈さんが「絶対に子どもがほしいと思っていたわけではありません」と語るように、大人婚は結婚イコール出産ではありません。以前インタビューした長瀬康太さん(仮名/47歳。ご本人は初婚、同い年の奥様は再婚)、椎名さとみさん(仮名/50歳。46歳のときに50歳の旦那様と再婚。ともに再婚)、佐伯京香さん(仮名/46歳。今月、同い年の方と入籍予定。ご本人は初婚、お相手は再婚)は、「夫婦2人で生きていく」という人生を選択し、実際にお話しを伺ってもとても幸せそうに見えました。

「28歳が若いなんて思うのは大間違いよ!」

いくら優良物件でも…(写真:iStock)
いくら優良物件でも… (写真:iStock)

 ですが、親世代の価値観は異なるようで。杏奈さんは20代後半の頃、お母様のツテで、2人の男性とお見合いしたといいます。1人目のお相手は?

「母の知り合いの、仲人さんに紹介していただきました。当時の私が28歳で、相手は一回り上の40歳。日本の三大重工業にお勤めで高収入。ご実家から車で5分ぐらいの場所に建てた、3階建ての持ち家に住んでいました。ご両親が資金を援助したのかもしれませんが、住宅ローンはなし。将来は義両親との同居も必要ないとのことでした。世間でいう“優良物件”だったかもしれません。

 第一印象はやさしくてマジメで、『いい人』でした。でも、彼は女性慣れしていないのか、話をしていても楽しくなくて、お断りしました。仲人さんからは、『28歳が若いなんて思うのは大間違いよ! 彼を逃したらアナタは行き遅れるわよ!』と嫌味を言われましたが、どうしても無理だったんです(笑)」

 杏奈さんの言葉で、筆者は2つの大事なポイントを見つけました。

1. 女性がお断りする代表例である、「話がつまらない」は言い訳では? 深部はもっと別の部分にあるのではないか、自身に問うてみるべき。

「話がつまらない」、「会話のキャッチボールができない」。交際をお断りした経験がある女性からよく聞くワードです。ですが、それがお断りする真の理由なのか。筆者は杏奈さんに尋ねました。「本音では、生理的に“それ以上の関係に進みたくない”と思ったのでは?」と。

「そうかもしれません」と、杏奈さん。「彼とは、手をつなぐことすら想像できませんでした」とのこと。

 婚活市場では男性は年収や肩書き、女性は年齢にウエートを置かれがちですが、筆者はたとえ自身が何歳であろうとも「生物としての嗅覚」をスルーしてはいけないと考えています。

“その先の想像ができない”相手とは、結婚生活も円満に営むことはできないと思うからです。結婚は、するもしないも選べる時代。理屈ではなく本能で「この人とは難しい」と感じたのであれば、無理をして縁をつなげる必要はないのではないか、と。

 相手を自分より下に見るという意味ではなく、条件抜きにして自身の「生物としての嗅覚」を信じる。だからこそ杏奈さんも、今の旦那様と出会えたのだと思います。

2. 仲人さんを介したお見合いを視野に入れてみては。もしくは、既婚者から独身者を紹介してもらう方法もアリ!

 杏奈さんは「私は仲人さんの紹介では結婚できませんでしたが」と前置きしつつ、「彼女のような“世話焼きおばさま”的な人が身近にいれば、マッチング数は上昇するかもしれませんね」と言っていました。先述の佐伯京香さんも、仲人さんを介して旦那様と出会っています。

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ