28歳で優良物件男とお見合いしたが、どうしても無理だった。

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-12-01 09:41
投稿日:2020-11-24 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

大人婚と不妊治療の“現実”

「運命の男」はどこにいる?
「運命の男」はどこにいる?

case4-1.橋本杏奈さん(仮名/45歳)

 橋本杏奈さん(仮名/45歳)は、40歳のときに未来の旦那様となる同い年の彼と出会い、41歳のときに同棲を開始。42歳で結婚。43歳で男児を出産。積極的に不妊治療はしていなかったものの、「結婚した年に流産を経験しているので、妊娠がわかったときも『また流産してしまうのでは……』と不安で、手放しでは喜べませんでした。だから、元気に生まれてきてくれただけで嬉しかった」と言います。

 厚生労働省の発表によると、「不妊治療を巡っては、年齢が上がるにつれて妊娠する確率が下がり、流産の確率が上昇する。厚労省研究班の調査によると、不妊治療を受けた女性が出産できる確率は39歳で10.2%。42歳で3.7%、45歳で0.6%に低下するとされる」とのこと。「無理をしてまで子どもをつくらなくてもいいのではないか」と不妊治療をせず、自然妊娠でお子さんを授かった杏奈さんは、稀有なケースかもしれません。筆者のように出産や子育てを結婚の目標としていない女性以外には、うらやましい例ともいえるでしょう。

結婚イコール出産ではない

 杏奈さんが「絶対に子どもがほしいと思っていたわけではありません」と語るように、大人婚は結婚イコール出産ではありません。以前インタビューした長瀬康太さん(仮名/47歳。ご本人は初婚、同い年の奥様は再婚)、椎名さとみさん(仮名/50歳。46歳のときに50歳の旦那様と再婚。ともに再婚)、佐伯京香さん(仮名/46歳。今月、同い年の方と入籍予定。ご本人は初婚、お相手は再婚)は、「夫婦2人で生きていく」という人生を選択し、実際にお話しを伺ってもとても幸せそうに見えました。

「28歳が若いなんて思うのは大間違いよ!」

いくら優良物件でも…(写真:iStock)
いくら優良物件でも… (写真:iStock)

 ですが、親世代の価値観は異なるようで。杏奈さんは20代後半の頃、お母様のツテで、2人の男性とお見合いしたといいます。1人目のお相手は?

「母の知り合いの、仲人さんに紹介していただきました。当時の私が28歳で、相手は一回り上の40歳。日本の三大重工業にお勤めで高収入。ご実家から車で5分ぐらいの場所に建てた、3階建ての持ち家に住んでいました。ご両親が資金を援助したのかもしれませんが、住宅ローンはなし。将来は義両親との同居も必要ないとのことでした。世間でいう“優良物件”だったかもしれません。

 第一印象はやさしくてマジメで、『いい人』でした。でも、彼は女性慣れしていないのか、話をしていても楽しくなくて、お断りしました。仲人さんからは、『28歳が若いなんて思うのは大間違いよ! 彼を逃したらアナタは行き遅れるわよ!』と嫌味を言われましたが、どうしても無理だったんです(笑)」

 杏奈さんの言葉で、筆者は2つの大事なポイントを見つけました。

1. 女性がお断りする代表例である、「話がつまらない」は言い訳では? 深部はもっと別の部分にあるのではないか、自身に問うてみるべき。

「話がつまらない」、「会話のキャッチボールができない」。交際をお断りした経験がある女性からよく聞くワードです。ですが、それがお断りする真の理由なのか。筆者は杏奈さんに尋ねました。「本音では、生理的に“それ以上の関係に進みたくない”と思ったのでは?」と。

「そうかもしれません」と、杏奈さん。「彼とは、手をつなぐことすら想像できませんでした」とのこと。

 婚活市場では男性は年収や肩書き、女性は年齢にウエートを置かれがちですが、筆者はたとえ自身が何歳であろうとも「生物としての嗅覚」をスルーしてはいけないと考えています。

“その先の想像ができない”相手とは、結婚生活も円満に営むことはできないと思うからです。結婚は、するもしないも選べる時代。理屈ではなく本能で「この人とは難しい」と感じたのであれば、無理をして縁をつなげる必要はないのではないか、と。

 相手を自分より下に見るという意味ではなく、条件抜きにして自身の「生物としての嗅覚」を信じる。だからこそ杏奈さんも、今の旦那様と出会えたのだと思います。

2. 仲人さんを介したお見合いを視野に入れてみては。もしくは、既婚者から独身者を紹介してもらう方法もアリ!

 杏奈さんは「私は仲人さんの紹介では結婚できませんでしたが」と前置きしつつ、「彼女のような“世話焼きおばさま”的な人が身近にいれば、マッチング数は上昇するかもしれませんね」と言っていました。先述の佐伯京香さんも、仲人さんを介して旦那様と出会っています。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


マンネリ? 彼じゃない感? 「理由ないけど別れたい」4つのフシギ
「浮気された」「喧嘩が絶えない」など、カップルが別れるにはきっかけや原因があるもの。ですが、「理由はないけど別れたい」と...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
旦那の帰りが早い時は「ママ友とホムパ中♪」と嫌がる系をぶっ込んで操縦
 世間には旦那の帰りが遅くてストレスを抱える女性もいる一方、旦那の帰りが早いことでつらい気持ちになる人もいるようです。 ...
恋バナ調査隊 2024-05-26 06:00 ラブ
大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ