婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-02-09 14:35
投稿日:2021-01-26 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

20年以上前(!)に出会い系サイトを活用

「ネットでの出会いを成功させるには…」(C)コクハク
「ネットでの出会いを成功させるには…」 (C)コクハク

case7-1.藤森小夜子さん(仮名/48歳)

 藤森小夜子さん(仮名/48歳)は、高校2年生のときに将来の仕事を決めて、現在は神奈川県の湘南地域であるショップを経営して夢を叶えています。小夜子さんの就活時期はバブル崩壊期間(1991年から1993年まで=平成3年3月~平成5年10月まで)にあたり、「正社員を募集している企業が少なかった」と言いますが、若年での将来設計が功を奏したのかもしれません。念願だった企業への就職を決めます。

 将来設計は仕事のみならず、結婚観にも発揮したようで。「同業者は女性が多いから結婚相手を見つけられない」と判断した小夜子さんは20代後半から、パソコンの出会い系サイトで結婚相手を探すようになりました。小夜子さんが20代後半といえば、20年以上前。1990年代です。2000年に初めて、ノートパソコンがデスクトップパソコンの出荷台数を上回った時代より少し前の話。筆者は、「一家に一台パソコン」という時代ではなかったと記憶しています。その当時に出会い系サイトを活用するとは、時代を先取りしています。情報強者です。

元旦那、今旦那ともに出会いの発端はネット

ブログが結んだ夫との縁(写真:iStock)
ブログが結んだ夫との縁 (写真:iStock)

「私がネット婚活を始めたのはたしか、『Microsoft Windows 98』が発売された頃だったと思います。当時はサイト数も少なく、3~4行の文字のみのプロフィールしか掲載できず、お互いに気に入ればメールでやり取りをする流れでした。

 出会い系サイトにいち早く参戦してきた男性の大半は、パソコンに強いSE関係者。2~3人と会いましたが運命の人とは思えませんでした。その後に出会ったのが、元夫です」

 小夜子さんは30歳で元旦那様と結婚。10年後の40歳で離婚していますが、その理由は後述します。43歳で再婚した今の旦那様とも、出会いはネットが発端だそうです。

「私が職業を全面に出さず、名前も伏せて仕事や日常を書いていたブログに、夫がアクセスしてきてくれたんです。ブログに載せていたメールアドレスを通じて、メールを交換するようになりました。

 ブログに掲載していた写真が正面ではなく斜めというか、自分なりに精一杯に美人に見える角度で撮影したことが成果につながったのかもしれません(笑)。10歳年上の夫とは実際に会うまで1年ほどメールでのやり取りが続きましたが、SNSを発信していてよかったと思っています」

お見合いパーティーも並行して参加したが…

日本の婚活市場は“若い女性至上主義”(写真:iStock)
日本の婚活市場は“若い女性至上主義” (写真:iStock)

 現・旦那様とメール交換をすると同時期に、お見合いパーティーへの参加や婚活サイトにも登録したとのこと。お見合いパーティーでの成果は?

「正直、40代という自分の年齢は、婚活市場において最大のネックだとわかっていながらも参加しました。女性は年齢で区切られるとわかっていましたが、私が最高齢だったかもしれません。結果は予想と同じ。フリータイムに誰も来てくれず、心が折れました……。取引先にもいないような、コミュ障の男性からも見向きもされない。当時は『40代以上限定』などのパーティーが開催されていなかったので足を運んでいましたが、3回で断念しました」

日本の婚活市場の残酷な実態

 婚活市場では女性は年齢で、男性は年収で足切りされる現実。人間、誰しも老いるし現代は会社員として働いていても年収が不安定な時代なのに、筆者は「判断するポイントはそこ!?」と疑問を覚えます。

 とくに、女性の年齢問題。小夜子さんは40代前半で、20代や30代の女性も参加可能な婚活パーティーに行っていたとのこと。多くの女性はおわかりだと思いますが、この行為は自己評価をみずから貶めてしまいます。

 アラサーの定義は、25~34歳。アラフォーは35~44歳。「アラフォー婚活」に参加したとしても、44歳の女性が35歳には勝てないのが現実。さらに若い20代女性が参戦していたとすれば、敗北は免れないのが“若い女性至上主義”の、日本の婚活市場です。

「自分の狩り場」発見が成婚への近道

年上男性とのデートで“求めれられる経験”を(写真:iStock)
年上男性とのデートで“求めれられる経験”を (写真:iStock)

 女性を年齢だけで判断しないでほしい。筆者は風潮を変えることができないので、同年代と大人婚をしたい40歳以上の女性にはこう伝えています。

「50代、60代の、大人の男性から求められる経験をしてみては。カラダの関係を持たずにデートだけしていれば、浮気にはなりません。結婚相談所も同時に複数人とデートする過程を踏むので。

 求められる経験を経ると、人には心の余裕ができます。その心の余裕が男性にとっては、『早くアプローチしないと』という決め手になるのです。『いま口説いておかないと、ほかの誰かにとられてしまう』という焦りが、男性の情熱を煽るのではないでしょうか」と。

 ちなみに、筆者個人の見解ですが。異性から求められるためには、自身の“狩り場=どんなタイプの男性から好かれやすいか”の把握が鉄則だと考えています。

 ご自身の過去を振り返ると、おのずと傾向が見えてくると思います。“狩り場”という表現は下品かもしれませんが、筆者も経験した婚活市場は、戦場のごとく感じました。

 狩られるのを待っているだけでは成果は得られません。みずから狩りに行くぐらいの姿勢でいないと成婚には結びつかないので、あえて“狩り場”と記させていただきました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ