婚活アプリとお見合いパーティーを並行して痛感したこと

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2021-02-09 14:35
投稿日:2021-01-26 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、ご本人に迫り、赤裸々に語っていただく「40代50代の大人婚」です。

20年以上前(!)に出会い系サイトを活用

「ネットでの出会いを成功させるには…」(C)コクハク
「ネットでの出会いを成功させるには…」 (C)コクハク

case7-1.藤森小夜子さん(仮名/48歳)

 藤森小夜子さん(仮名/48歳)は、高校2年生のときに将来の仕事を決めて、現在は神奈川県の湘南地域であるショップを経営して夢を叶えています。小夜子さんの就活時期はバブル崩壊期間(1991年から1993年まで=平成3年3月~平成5年10月まで)にあたり、「正社員を募集している企業が少なかった」と言いますが、若年での将来設計が功を奏したのかもしれません。念願だった企業への就職を決めます。

 将来設計は仕事のみならず、結婚観にも発揮したようで。「同業者は女性が多いから結婚相手を見つけられない」と判断した小夜子さんは20代後半から、パソコンの出会い系サイトで結婚相手を探すようになりました。小夜子さんが20代後半といえば、20年以上前。1990年代です。2000年に初めて、ノートパソコンがデスクトップパソコンの出荷台数を上回った時代より少し前の話。筆者は、「一家に一台パソコン」という時代ではなかったと記憶しています。その当時に出会い系サイトを活用するとは、時代を先取りしています。情報強者です。

元旦那、今旦那ともに出会いの発端はネット

ブログが結んだ夫との縁(写真:iStock)
ブログが結んだ夫との縁 (写真:iStock)

「私がネット婚活を始めたのはたしか、『Microsoft Windows 98』が発売された頃だったと思います。当時はサイト数も少なく、3~4行の文字のみのプロフィールしか掲載できず、お互いに気に入ればメールでやり取りをする流れでした。

 出会い系サイトにいち早く参戦してきた男性の大半は、パソコンに強いSE関係者。2~3人と会いましたが運命の人とは思えませんでした。その後に出会ったのが、元夫です」

 小夜子さんは30歳で元旦那様と結婚。10年後の40歳で離婚していますが、その理由は後述します。43歳で再婚した今の旦那様とも、出会いはネットが発端だそうです。

「私が職業を全面に出さず、名前も伏せて仕事や日常を書いていたブログに、夫がアクセスしてきてくれたんです。ブログに載せていたメールアドレスを通じて、メールを交換するようになりました。

 ブログに掲載していた写真が正面ではなく斜めというか、自分なりに精一杯に美人に見える角度で撮影したことが成果につながったのかもしれません(笑)。10歳年上の夫とは実際に会うまで1年ほどメールでのやり取りが続きましたが、SNSを発信していてよかったと思っています」

お見合いパーティーも並行して参加したが…

日本の婚活市場は“若い女性至上主義”(写真:iStock)
日本の婚活市場は“若い女性至上主義” (写真:iStock)

 現・旦那様とメール交換をすると同時期に、お見合いパーティーへの参加や婚活サイトにも登録したとのこと。お見合いパーティーでの成果は?

「正直、40代という自分の年齢は、婚活市場において最大のネックだとわかっていながらも参加しました。女性は年齢で区切られるとわかっていましたが、私が最高齢だったかもしれません。結果は予想と同じ。フリータイムに誰も来てくれず、心が折れました……。取引先にもいないような、コミュ障の男性からも見向きもされない。当時は『40代以上限定』などのパーティーが開催されていなかったので足を運んでいましたが、3回で断念しました」

日本の婚活市場の残酷な実態

 婚活市場では女性は年齢で、男性は年収で足切りされる現実。人間、誰しも老いるし現代は会社員として働いていても年収が不安定な時代なのに、筆者は「判断するポイントはそこ!?」と疑問を覚えます。

 とくに、女性の年齢問題。小夜子さんは40代前半で、20代や30代の女性も参加可能な婚活パーティーに行っていたとのこと。多くの女性はおわかりだと思いますが、この行為は自己評価をみずから貶めてしまいます。

 アラサーの定義は、25~34歳。アラフォーは35~44歳。「アラフォー婚活」に参加したとしても、44歳の女性が35歳には勝てないのが現実。さらに若い20代女性が参戦していたとすれば、敗北は免れないのが“若い女性至上主義”の、日本の婚活市場です。

「自分の狩り場」発見が成婚への近道

年上男性とのデートで“求めれられる経験”を(写真:iStock)
年上男性とのデートで“求めれられる経験”を (写真:iStock)

 女性を年齢だけで判断しないでほしい。筆者は風潮を変えることができないので、同年代と大人婚をしたい40歳以上の女性にはこう伝えています。

「50代、60代の、大人の男性から求められる経験をしてみては。カラダの関係を持たずにデートだけしていれば、浮気にはなりません。結婚相談所も同時に複数人とデートする過程を踏むので。

 求められる経験を経ると、人には心の余裕ができます。その心の余裕が男性にとっては、『早くアプローチしないと』という決め手になるのです。『いま口説いておかないと、ほかの誰かにとられてしまう』という焦りが、男性の情熱を煽るのではないでしょうか」と。

 ちなみに、筆者個人の見解ですが。異性から求められるためには、自身の“狩り場=どんなタイプの男性から好かれやすいか”の把握が鉄則だと考えています。

 ご自身の過去を振り返ると、おのずと傾向が見えてくると思います。“狩り場”という表現は下品かもしれませんが、筆者も経験した婚活市場は、戦場のごとく感じました。

 狩られるのを待っているだけでは成果は得られません。みずから狩りに行くぐらいの姿勢でいないと成婚には結びつかないので、あえて“狩り場”と記させていただきました。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ