付き合ったらヤバい男性が送るLINEの特徴&見抜く方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-11 06:00
投稿日:2021-01-11 06:00
 世の中には、かっこいい顔をしていながらも、浮気男やマザコン、サイコパス男、ストーカーなど、中身がヤバい男性が存在します。そんな男性と付き合って痛い目にあわないためにも、事前に見抜いておきたいですよね。そこで今回は、LINEの特徴からヤバい男性を見抜く方法をご紹介します。

タイプ別!ヤバい男性が送るLINEの特徴5つ

1. 「サイコパス男」は衝動的&不安定

「サイコパス男」とは、無慈悲で冷酷、他人を傷つけても心が痛まないような性格が特徴。最初は社交的で人当たりがよく、デートには最高のプランを用意して、彼女を虜にする天性のセンスを持っている人も多いようです。

 あなたが自分に虜になったと判断した場合、急に態度が変わり、衝動的に激しく感情が変化したり、不安定な言動になることもあるので、しっかりLINEの文章から察知しましょう!

2. 「受け身な男」は何でも“任せるよ”

 デートや日常のちょっとした決断の話をLINEでしている時、何でも「任せるよ」と送ってくる男性にも要注意。恋愛に対して受け身である可能性が高いため、いざ付き合った時に疲れてしまうかもしれません。

 愛情表現もあまりしないですし、なにより「傷つきたくない」「失敗したくない」という思っているため、重大な決断もあなた任せになってしまうかも。男らしい人が好きなら、避けたほうが良いタイプです。

3. 「浮気男」はやたらと実家に泊まりで帰る

「浮気男」は、やたらと実家や友人の家に泊まるという連絡をしてくるのが特徴。月に2回以上こういった連絡がきたら、浮気男である可能性が否めません。実家なら、あなたが確認をとることができないことをわかっている確信犯でしょう。付き合ったあとに、あの手この手で浮気をされないように気をつけましょう。

4. 「おバカ男子」“は”を“わ”にする

 時に可愛らしいとすら感じる「おバカ男子」。母性本能の強い女性なら、「私がいないとこの人はダメだわ」と、ズルズルお付き合いを続けてしまうことも多いようです。そんなおバカ男子は、年齢に関係なく「それゎダメぢゃない?」など、気軽にLINEでJK言葉を使おうとするのが特徴。

 楽しいことやノリが命で責任感があまりないため、結婚願望がある女性にとってはおすすめできない相手かも。世話を焼いている間に結婚適齢期を逃してしまった……なんてことがないように、注意したいタイプです。

5. 「メンヘラ男」はLINEを連投

 寂しがりやでかまってちゃんな「メンヘラ男」は、相手にされないと怒り出したり、心が不安定なのが特徴です。メンヘラ男のLINEでの大きな特徴は、とにかくLINEがマメで連投が多いこと。既読スルーしても無視して、次々にLINEを連投してくる男性には要注意です。

付き合ったらヤバい男性をLINEで見抜く方法

元カノの悪口めっちゃ言ってる…(写真:iStock)
元カノの悪口めっちゃ言ってる… (写真:iStock)

 続いては、付き合ったらヤバい男性を、LINEの文面から見抜く方法をご紹介しましょう。

友達に会わせようとした時の態度をチェック

 あなたの友達が来る集まりに、男性を誘ってみましょう。2人きりじゃない集まりだとわかると「ごめん、今回は忙しいからまた今度」と、毎回断ってくる場合は要注意。

 たとえば、妻子持ちであったり、彼女がいたりなど、隠し事がある可能性があるでしょう。あまりにも友達に会いたがらない場合には、少し様子を探ってみましょう。

元カノの話を聞いてチェック

 さらっと、元カノがどんな女性だったかを聞いてみましょう。そこで元カノを悪く言ったり、ひどく見下したような言い方をした場合、その男性は付き合うとヤバい男性かもしれません。別れた元カノといえ、人間として成熟している男性なら、関係のないあなたに軽々と悪口を言ったりはしないはずです。

 ひどい言い方をする男性は、人を恨みやすかったり、何事も人のせいにしたりする思考の人かもしれません。

ヤバい男性は付き合う前にLINEで見抜こう!

ヤバそうな男性とは早めにさよなら(写真:iStock)
ヤバそうな男性とは早めにさよなら (写真:iStock)

 付き合うとヤバい男性の多くは、人当たりが良いことが多いです。痛い目にあってからでは遅いので、出会いの最初にやりとりするLINEで彼の本性を見抜きましょう。

 深層心理は、LINEの文章の端々に表れるはず。小さな危険信号を見逃さないようにしてくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


大学生の一人息子にべったりな再婚妻。子離れと浪費癖改善を画策する夫
「冷酷と激情のあいだvol.196〜女性編〜」では、結婚後に“鬼夫”と化したマコトさん(仮名)に不快感が深まっている妻・...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
入籍後に本性見せたモラハラ鬼夫と離婚したい、でも…。躊躇する47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-25 06:00 ラブ
自宅の別室で“不倫未満”に溺れる夫。ギリギリ行動5つ、どこまで許せる?
 夫が不倫していたら「許せない!」と怒る女性がほとんどですよね。でも“不倫未満”の関係なら…⁉  あなたは夫のこんな行...
恋バナ調査隊 2024-05-25 06:00 ラブ
古希声優・古谷徹は37歳差…枯れ専通り越し、老け専女性が“おじいちゃん”を求める心理
 5月22日に『文春オンライン』に37歳年下女性・A子さん(33)との不倫が報じられた声優・古谷徹(70)。古谷は『機動...
年下男にモテるアラフィフ女達 褒めより気を遣う“たった1つ”のNG行為
 アラフィフでありながら、若い人と恋愛をする人がいます。有名人で10歳以上年下の男性と結婚するケースもあるので、「もしか...
内藤みか 2024-05-23 06:00 ラブ
サレ妻の“暴走投稿”は危険! 不倫されても泣きを見ない「5文字」の結論
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  最近、X(旧...
まめ 2024-05-21 06:00 ラブ
「家族なのに!」無関心な夫にブチ切れる前に…旦那の本音と有効な対策法
「家族なのにどうして無関心なの?」と、夫の態度に頭を抱えている女性もいるでしょう。無責任に見えて、イラッとするときもあり...
恋バナ調査隊 2024-05-20 06:00 ラブ
初めて自慰行為を知った日。母激怒、当時はセルフプレジャーなんて皆無
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-05-20 08:09 ラブ
押し広げて奥に進む! ハードな愛撫を求める上級者におすすめ
 ピストンバイブを試してみたいという女性は、ハードな刺激を求めているとみて間違いありません。  しかし、ハードとひ...
桃子 2024-05-19 06:00 ラブ
サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-24 15:14 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ