可愛くヤキモチをやく5つの方法&“嫉妬”に変わるNG行動!

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-02-18 06:00
投稿日:2021-02-18 06:00
 彼氏ができると、「ほかの女性に奪われたくない」という気持ちが強くなり、ヤキモチを焼いてしまう女性も多いでしょう。彼がモテる人であればあるほど、その気持ちは大きくなるものです。しかし、気持ちを伝える方法を間違えてしまうと、「重い」と思われて嫌われてしまうかも……。そこで今回は、可愛くヤキモチをやく方法&嫉妬と思われがちなNG行動をご紹介します。

愛しさを倍増させる♡ 可愛いと思わせる5つのヤキモチ方法

彼のペットに「いいなぁ」くらいがちょうどいい?(写真:iStock)
彼のペットに「いいなぁ」くらいがちょうどいい? (写真:iStock)

 ヤキモチは、愛情表現の一つ。相手にヤキモチをやかれることで、愛情を確認できることもありますよね。ただし、ヤキモチはあくまでも可愛いと思わせる範囲内であることがポイントです!

1. 女性芸能人を「可愛い」という彼にふくれっ面をする

 テレビや雑誌などを見ている時、女性芸能人に対して彼が「この子、可愛いよね」なんて、言うこともあるでしょう。当然、彼女としては彼がほかの女性を褒めるということ自体、気持ちが良いものではありません。「どこが?」と、突っ込みたくなることもあるでしょう。

 そんな時には気持ちをグッと堪えて、可愛くふくれっ面をしてみましょう。そうすることで、ヤキモチをやいていることを伝えるとともに、可愛さアピールをすることができます。

2. 飼っているペットにヤキモチをやく

 大好きな彼にとって、「私は1番でありたい」と思っている人が多いでしょう。そんな人は、彼にとって近い存在にヤキモチをやくのも効果的です。

 特に、彼がペットを飼っている場合には、「いいなぁ、いつもあなたと一緒にいられて」なんて、ペットにヤキモチをやくことがおすすめ。そんなことを言われた彼は、きっとキュンとしてしまうはずです。

3. 元カノを気にする

 ヤキモチをやく相手というのは、その時の状況や環境によっても変わるもの。そして、男性にとって可愛いヤキモチは、やいても仕方ない相手であることもポイントです。

 その一つが「元カノ」の存在。あなたにとっては永遠のライバルかもしれませんが、彼にとっては単なる過去の相手でしかありません。そのため、「元カノは、可愛い人だね」なんてヤキモチも、男性にとっては可愛らしく映るでしょう。

4. ヤキモチやいているのに「やいてない」と嘘をつく

 彼のことが好きすぎて、しょっちゅうヤキモチをやいてしまい、疲れてしまっている女性もいるでしょう。そんな女性の中には、プライドが高く、「やいているなんて、気づかれたくない」と思っている人もいるはず。

 でも実は、ヤキモチをやいているのに「やいていない」と嘘をつく姿も、男性にとっては可愛く思われるそう。強がっている姿が、男性にとっては愛おしく思えるのでしょう。

5. 二人きりになった途端、くっついてくる

 

 彼とのデート中、彼の異性の同僚や友達に会った時、ちょっとしたヤキモチをやく女性も多いのではないでしょうか? でも、途端に機嫌が悪くなるのはNG。これでは、「面倒くさい女」だと思われてしまいます。

 そんな時は、二人きりになった途端に「彼は、私の恋人なんだから」と言わんばかりにくっついてみましょう。積極的にスキンシップをとることで、ヤキモチをやいた気持ちと愛情を伝えられ、「可愛いな」と思わせることができるでしょう。

ヤキモチも「重い」と思われれば嫉妬に!気を付けたい3つのNG行動

こわーい嫉妬にならないように」(写真:iStock)
こわーい嫉妬にならないように」 (写真:iStock)

「可愛いヤキモチ」と聞くと、“ヤキモチは男性に可愛いと思ってもらえる行動”と思う人もいるでしょう。しかし、ヤキモチは行動一つ間違えれば「嫉妬」になってしまいます。難しいのが、嫉妬になった途端に彼は「重い」「面倒」だと思ってしまうこと。そこで、気を付けたい3つの行動について、ご紹介します。

1. 連絡頻度が過度

 彼にLINEや電話をして反応がないと、ついつい心配になってしまうものです。しかし、ここで何度も連絡をしてしまうのはNG。特に、彼の仕事中や友達と会っている時の、過度な連絡はやめましょう。彼の反応がなくても、しばらく数時間は待つことが、愛され彼女になるコツですよ。

2. 女友達を嫌う

 友達付き合いというのは、人によって異なるもの。同性の友達しかいない人もいれば、異性の友達がたくさんいる人もいるでしょう。

 もしもあなたが「異性の友達なんてあり得ない」と思っていても、彼に女友達がいることは受け入れなければいけません。嫉妬から女友達の悪口を言ったり、避けるようなことをすれば、あなたのほうが彼に嫌われることになるでしょう。

3. ヤキモチを焼いた途端、機嫌が悪くなる

 彼から「可愛いヤキモチ」と思われるためには、あくまでも彼を困らせない範囲であることが大切です。急に機嫌が悪くなったり、泣き出してしまっては、彼を戸惑わせることになります。

 ヤキモチをやき、「どうしてあんな女性と仲良くするの?」なんて問い詰めてしまっては、怖い嫉妬になってしまいます。注意しましょう。

嫉妬ではなく可愛いヤキモチで彼の心を虜にしよう♡

ヤキモチだって使いよう♡(写真:iStock)
ヤキモチだって使いよう♡ (写真:iStock)

 ヤキモチをやくということは、それだけ「彼のことが好き」ということ。そんな気持ちを知れば、彼だって嬉しいはずです。しかし、ヤキモチも度を越えてしまえば、厄介な嫉妬になってしまい、あなた自身も苦しむことになります。そうならないためには、可愛いヤキモチの範囲内で上手に彼に気持ちを伝えることが大切♡ ぜひ、参考にしてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...