独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-27 06:00
投稿日:2021-02-27 06:00
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共にしていつまでもお互いが愛情を持ち続けるのは、とても難しいことかもしれません。
 今回のテーマは、結婚しなければ良かったかも……と後悔する一番のこと。夫婦喧嘩の原因となり、夫たちが根に持つ「お金」の不満を知ることで、墓場結婚生活につながるリスクを減らしましょう。

夫の金銭的なホンネ

お小遣いアップしてくれ!(写真:iStock)
お小遣いアップしてくれ! (写真:iStock)

 世の夫たちの“お金に関する不満”は、ざっと以下のようなものがあります。

・パート代は妻だけのお金なのですか
・欲しい物はお願いしないと買えないのですか
・なぜ女性は財布の紐を握りたがるのですか
・貯蓄金額をきちんと明確にしてくれませんか
・節約もいいですがもう少し夫婦で楽しみませんか
・実家に帰るとお小遣いをもらえていいですね

自由になるお金が少なくて辛い

 新生銀行が20代から50代の会社員約2,700名を対象に「2020年サラリーマンのお小遣い調査」を実施。39,419円という結果が出ました。年ごとに金額の増減はありますが、私のカウンセリングルームのデータでも、夫のお小遣いは平均で3万〜5万円です。

 独身時代の年収が仮に350万円だとしたら、全額ひとりで使えたはずなのに、結婚して所帯を構えると、手元に毎月3万円前後のお小遣い。そして欲しいものがあると、奥さんにお願いしないと買うこともできません。

 年収のことを考えると少ない小遣いは仕方がありませんが、その我慢が限界を迎える時があります。妻だけが浪費しているという事実を知った時です。

自分にはお金を使っている嫁さん

妻だけ高価な買い物を楽しむ(写真:iStock)
妻だけ高価な買い物を楽しむ (写真:iStock)

「もう許せません。節約節約と言っているくせに……」

 食べ物の恨みも怖いですが、お金の恨みの方が実は怖いかもしれません。

 結婚7年目の会社員のAさん(35才)。幼稚園に通う男の子がいるので、週2度ほどのパート勤務をしている美人な奥様(33才)。典型的な日本のサラリーマン家庭です。

 Aさんのお小遣いは月3万円ですが、妻がお弁当を作れなかった時のランチ代も自分持ちだそうです。

「せこい話ですが、週に一回これをやられると、3000円近くは自腹なんですよ。俺にランチ代ぐらい渡せよって思いますね」

 明るく話すそんなAさんが、スマホを持ってお風呂に入っていた時のことです。

 妻のシャンプーが自分と息子の使っている物と違うことが気になり、ふと検索してみると、妻のシャンプーがなんと5000円近くする高額商品であることを知ったそうです。息子と自分用は1000円未満のものでした。

「そりゃあ、風呂から上がって一言も口を聞かず、すぐに寝ましたよ」

 女性だから少しは大目に見てあげなきゃと思うそうですが、せめてその半分でも自分に還元して欲しいということでしょうか。

なんで自分だけそんなに高いランチを…

自由に使えるお金はありません(写真:iStock)
自由に使えるお金はありません (写真:iStock)

 後日、午後からのテレワークのため帰路についていたAさんは、駅前の洒落たイタリアンの店から出てくる妻と、そのママ友たちとばったり会ったそうです。

「家に帰ってから聞くと、ママ友会でランチをしていたって言うじゃないですか。またすぐにランチ代をネットで調べると最低でも1500円はするんですよ」

 その事実を知ったAさん。

「自分はずっと我慢して節約している……というよりも財布にお金がありません。自由に使えません。今回はたまたま見かけましたが、月に何度かランチに行って、自分だけ自由にお金を使えるんです。納得がいかないんです。ずるくないですか」

 以来、奥さんに対してかなりの不信感が募ったようです。子供がいるので離婚はしないと言いますが、結婚って「我慢?」と時々思うのだとか。

 国税庁の調べでは年収1000万以上の割合はわずか約5%。多くの家庭で、Aさんの夫婦のように金銭的な我慢やストレスを感じているのかもしれません。

アメ(お金)とムチ(節約)を使い分ける

節約するなら夫婦で楽しく(写真:iStock)
節約するなら夫婦で楽しく (写真:iStock)

 こんな時の男性と女性の行動には大きな違いがあります。浮気発覚時も同じなのですが、すぐにそのことを問いただす妻が多いのとは逆に、夫はすぐに口にはせず一度飲み込む習性があります。

 ただ、何も言われていないから、不満がなかったり、何も知らないわけではありません。少しでも不満を減らすべく夫婦が仲良く歩み寄るためには、アメ(お金)とムチ(節約)の使い分けは必要です。

 給料日の1週間前にさりげなく、「パート代が多かったから」とか理由をつけてお金を渡してあげる。実家からお小遣いをもらったら半分っこする等、生活の中に旨みがないと楽しくないものです。

 時々、あめ玉を渡してあげませんか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ