独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-27 06:00
投稿日:2021-02-27 06:00
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共にしていつまでもお互いが愛情を持ち続けるのは、とても難しいことかもしれません。
 今回のテーマは、結婚しなければ良かったかも……と後悔する一番のこと。夫婦喧嘩の原因となり、夫たちが根に持つ「お金」の不満を知ることで、墓場結婚生活につながるリスクを減らしましょう。

夫の金銭的なホンネ

お小遣いアップしてくれ!(写真:iStock)
お小遣いアップしてくれ! (写真:iStock)

 世の夫たちの“お金に関する不満”は、ざっと以下のようなものがあります。

・パート代は妻だけのお金なのですか
・欲しい物はお願いしないと買えないのですか
・なぜ女性は財布の紐を握りたがるのですか
・貯蓄金額をきちんと明確にしてくれませんか
・節約もいいですがもう少し夫婦で楽しみませんか
・実家に帰るとお小遣いをもらえていいですね

自由になるお金が少なくて辛い

 新生銀行が20代から50代の会社員約2,700名を対象に「2020年サラリーマンのお小遣い調査」を実施。39,419円という結果が出ました。年ごとに金額の増減はありますが、私のカウンセリングルームのデータでも、夫のお小遣いは平均で3万〜5万円です。

 独身時代の年収が仮に350万円だとしたら、全額ひとりで使えたはずなのに、結婚して所帯を構えると、手元に毎月3万円前後のお小遣い。そして欲しいものがあると、奥さんにお願いしないと買うこともできません。

 年収のことを考えると少ない小遣いは仕方がありませんが、その我慢が限界を迎える時があります。妻だけが浪費しているという事実を知った時です。

自分にはお金を使っている嫁さん

妻だけ高価な買い物を楽しむ(写真:iStock)
妻だけ高価な買い物を楽しむ (写真:iStock)

「もう許せません。節約節約と言っているくせに……」

 食べ物の恨みも怖いですが、お金の恨みの方が実は怖いかもしれません。

 結婚7年目の会社員のAさん(35才)。幼稚園に通う男の子がいるので、週2度ほどのパート勤務をしている美人な奥様(33才)。典型的な日本のサラリーマン家庭です。

 Aさんのお小遣いは月3万円ですが、妻がお弁当を作れなかった時のランチ代も自分持ちだそうです。

「せこい話ですが、週に一回これをやられると、3000円近くは自腹なんですよ。俺にランチ代ぐらい渡せよって思いますね」

 明るく話すそんなAさんが、スマホを持ってお風呂に入っていた時のことです。

 妻のシャンプーが自分と息子の使っている物と違うことが気になり、ふと検索してみると、妻のシャンプーがなんと5000円近くする高額商品であることを知ったそうです。息子と自分用は1000円未満のものでした。

「そりゃあ、風呂から上がって一言も口を聞かず、すぐに寝ましたよ」

 女性だから少しは大目に見てあげなきゃと思うそうですが、せめてその半分でも自分に還元して欲しいということでしょうか。

なんで自分だけそんなに高いランチを…

自由に使えるお金はありません(写真:iStock)
自由に使えるお金はありません (写真:iStock)

 後日、午後からのテレワークのため帰路についていたAさんは、駅前の洒落たイタリアンの店から出てくる妻と、そのママ友たちとばったり会ったそうです。

「家に帰ってから聞くと、ママ友会でランチをしていたって言うじゃないですか。またすぐにランチ代をネットで調べると最低でも1500円はするんですよ」

 その事実を知ったAさん。

「自分はずっと我慢して節約している……というよりも財布にお金がありません。自由に使えません。今回はたまたま見かけましたが、月に何度かランチに行って、自分だけ自由にお金を使えるんです。納得がいかないんです。ずるくないですか」

 以来、奥さんに対してかなりの不信感が募ったようです。子供がいるので離婚はしないと言いますが、結婚って「我慢?」と時々思うのだとか。

 国税庁の調べでは年収1000万以上の割合はわずか約5%。多くの家庭で、Aさんの夫婦のように金銭的な我慢やストレスを感じているのかもしれません。

アメ(お金)とムチ(節約)を使い分ける

節約するなら夫婦で楽しく(写真:iStock)
節約するなら夫婦で楽しく (写真:iStock)

 こんな時の男性と女性の行動には大きな違いがあります。浮気発覚時も同じなのですが、すぐにそのことを問いただす妻が多いのとは逆に、夫はすぐに口にはせず一度飲み込む習性があります。

 ただ、何も言われていないから、不満がなかったり、何も知らないわけではありません。少しでも不満を減らすべく夫婦が仲良く歩み寄るためには、アメ(お金)とムチ(節約)の使い分けは必要です。

 給料日の1週間前にさりげなく、「パート代が多かったから」とか理由をつけてお金を渡してあげる。実家からお小遣いをもらったら半分っこする等、生活の中に旨みがないと楽しくないものです。

 時々、あめ玉を渡してあげませんか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ