嫌なオンナになってない?自分を振り返る12のチェックリスト

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-20 06:00
投稿日:2021-02-20 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。子供のころは見たまま感じたままを口にできます。でも、大人になるとなかなか本音って言えないもの。当たり障りのない会話で傷つくことも減りますが、親しい関係だと思っていたのに何度誘ってもやんわりと断わられたり、気が付けば疎遠になったような経験はありませんか。
 自分を客観的に見るのは難しいのに、大人になればなるほど誰も真実を言ってくれません。“自分”について一度考えてみましょう。

内面からあふれ出る素敵

自分の顔に自信ある?(写真:iStock)
自分の顔に自信ある? (写真:iStock)

「男は40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と語ったのは、第16代米国大統領リンカーン。「30歳を超えたら自分の顔に責任を持とう」とも聞いたりもします。

 さて、女性に特化すればどうでしょうか。私的には「女は35歳を過ぎたら……」あたりで性格や心の成長ぶりなどが表れてくると感じています。顔の造作がすごく整っていても、話しているうちにちっとも美人に見えなくなる人も少なくありません。

 内面からあふれ出る「素敵」が少ない人です。

 話をするときにガサツな身振りと怖い目つきで語っていたり、笑い方に品がない人、立ち振る舞いがすでにおばちゃんの人、電車で足を組んだりして周りに迷惑をかけているのに気づかないイタイ人。

 そんなところに気づかない人は顔立ちがよくても、見る人が見れば美人だと言わないはずです。

IKKOさんに学ぶ内面の「素敵さ」

 私がお会いして感動した芸能人の一人に美容家のIKKOさんがいます。何度かお仕事でご一緒したのですが、物腰も柔らかく他人への気配りや優しい笑顔、抜群の香水のつけ方の塩梅。さすがなものです。

 失礼な言い方かもしれませんが、素は男性の容姿であることをすっかり忘れてしまうほど、素敵があふれ出る素晴らしい方でした。

 なので、若いころ美人だと言われていたのに、今現在あまり言われなくなった人は、ただ老けたとか年齢が……の問題ではないかもしれません。そこも含めて他人は本音を言ってくれないのです。

 時々社交辞令で言われる「〇〇さんは美人だから~」の言葉を鵜呑みしてはいけません。とりあえず昔きれいだったという雰囲気の人には適当に「美人」と言っておこうという、おだてオトナ女子は多いのです。

親友との付き合いにこそ礼節がいる

辛いときはそっと寄り添う…そんな関係に(写真:iStock)
辛いときはそっと寄り添う…そんな関係に (写真:iStock)

礼節」とは敬意や慎みの心をもって、度を越さない適度な程合いという意味なのですが、「親友って無茶が言えてケンカもできて……そんな関係を言うんじゃない?」と考えるのも一つでしょう。

 ですが、子供のころはそんな付き合い方だったとしても、大人になると変えていかねばなりません。

 相手に尊敬の気持ちを持ち慈しむ。

 そのような気持ちを持てない関係は、ただの友人か知り合いです。本当にいい友達として長らく付き合いたいと望むなら、程よい距離感を持ちましょう。

 べったりと一緒にいる関係だけが親友ではありません。必要な時には寄り添い、相手の心の痛みをわかるような人に自分もなりたいものですね。

いい人と嫌な人の定義

もしかして私“嫌なやつ”だったのかも(写真:iStock)
もしかして私“嫌なやつ”だったのかも (写真:iStock)

 どんなに良い人と呼ばれている人でも、100%完璧な人間はいないはずです。では、何を基準に性格の“いい人”“悪い人”とすみ分けしているのでしょうか。

 それは品格や性格や癖を含む人間性を、良くも悪くも10項目あげてみたとしましょう。悪い点が6項目あれば性格の悪い人と呼ばれやすく、いい点が6項目あれば良い人と呼ばれるはずです。

 人はパーフェクトではありません。マイナス箇所が多ければ嫌な人だと思われるなら、歯列矯正のように性格も矯正してみましょう。

 人受けが良くなると周りにも不快な思いをさせなくていいですし、自分もきっと疎外感や孤独感から解放されて生きやすくなるはずです。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...