嫌なオンナになってない?自分を振り返る12のチェックリスト

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-20 06:00
投稿日:2021-02-20 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。子供のころは見たまま感じたままを口にできます。でも、大人になるとなかなか本音って言えないもの。当たり障りのない会話で傷つくことも減りますが、親しい関係だと思っていたのに何度誘ってもやんわりと断わられたり、気が付けば疎遠になったような経験はありませんか。
 自分を客観的に見るのは難しいのに、大人になればなるほど誰も真実を言ってくれません。“自分”について一度考えてみましょう。

内面からあふれ出る素敵

自分の顔に自信ある?(写真:iStock)
自分の顔に自信ある? (写真:iStock)

「男は40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」と語ったのは、第16代米国大統領リンカーン。「30歳を超えたら自分の顔に責任を持とう」とも聞いたりもします。

 さて、女性に特化すればどうでしょうか。私的には「女は35歳を過ぎたら……」あたりで性格や心の成長ぶりなどが表れてくると感じています。顔の造作がすごく整っていても、話しているうちにちっとも美人に見えなくなる人も少なくありません。

 内面からあふれ出る「素敵」が少ない人です。

 話をするときにガサツな身振りと怖い目つきで語っていたり、笑い方に品がない人、立ち振る舞いがすでにおばちゃんの人、電車で足を組んだりして周りに迷惑をかけているのに気づかないイタイ人。

 そんなところに気づかない人は顔立ちがよくても、見る人が見れば美人だと言わないはずです。

IKKOさんに学ぶ内面の「素敵さ」

 私がお会いして感動した芸能人の一人に美容家のIKKOさんがいます。何度かお仕事でご一緒したのですが、物腰も柔らかく他人への気配りや優しい笑顔、抜群の香水のつけ方の塩梅。さすがなものです。

 失礼な言い方かもしれませんが、素は男性の容姿であることをすっかり忘れてしまうほど、素敵があふれ出る素晴らしい方でした。

 なので、若いころ美人だと言われていたのに、今現在あまり言われなくなった人は、ただ老けたとか年齢が……の問題ではないかもしれません。そこも含めて他人は本音を言ってくれないのです。

 時々社交辞令で言われる「〇〇さんは美人だから~」の言葉を鵜呑みしてはいけません。とりあえず昔きれいだったという雰囲気の人には適当に「美人」と言っておこうという、おだてオトナ女子は多いのです。

親友との付き合いにこそ礼節がいる

辛いときはそっと寄り添う…そんな関係に(写真:iStock)
辛いときはそっと寄り添う…そんな関係に (写真:iStock)

礼節」とは敬意や慎みの心をもって、度を越さない適度な程合いという意味なのですが、「親友って無茶が言えてケンカもできて……そんな関係を言うんじゃない?」と考えるのも一つでしょう。

 ですが、子供のころはそんな付き合い方だったとしても、大人になると変えていかねばなりません。

 相手に尊敬の気持ちを持ち慈しむ。

 そのような気持ちを持てない関係は、ただの友人か知り合いです。本当にいい友達として長らく付き合いたいと望むなら、程よい距離感を持ちましょう。

 べったりと一緒にいる関係だけが親友ではありません。必要な時には寄り添い、相手の心の痛みをわかるような人に自分もなりたいものですね。

いい人と嫌な人の定義

もしかして私“嫌なやつ”だったのかも(写真:iStock)
もしかして私“嫌なやつ”だったのかも (写真:iStock)

 どんなに良い人と呼ばれている人でも、100%完璧な人間はいないはずです。では、何を基準に性格の“いい人”“悪い人”とすみ分けしているのでしょうか。

 それは品格や性格や癖を含む人間性を、良くも悪くも10項目あげてみたとしましょう。悪い点が6項目あれば性格の悪い人と呼ばれやすく、いい点が6項目あれば良い人と呼ばれるはずです。

 人はパーフェクトではありません。マイナス箇所が多ければ嫌な人だと思われるなら、歯列矯正のように性格も矯正してみましょう。

 人受けが良くなると周りにも不快な思いをさせなくていいですし、自分もきっと疎外感や孤独感から解放されて生きやすくなるはずです。

ライフスタイル 新着一覧


保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 5月16日~5月22日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
妻たちよ、結婚後のめんどくさい親戚付き合いは諦めも肝心!
 大好きな人と結婚できたら「それだけで幸せ!」と、思っていた人も多いでしょう。しかし、結婚後は思いもよらないことが起こり...
イタリアンの有名シェフが“国民的調味料”と恋に落ちた!? 2022.5.14(土)
 黄色いキャップのキミは物心ついたときから、我が家の食卓にあったよねぇ~と親しみが湧く人は多いのではないでしょうか。 ...
「卓越下着術で見惚れました」職場仲間におもしろ誤変換LINE
 仕事でのやりとりにも使われるLINEですが、気軽に送れるぶん、さまざまなおもしろ誤変換が生まれているようです。特に、職...
愛され女に共通の秘訣!「返報性の原理」を巧みに使っている
 みなさんの周りに「あの人愛されてるな~」って感じる人はいませんか? 私はそんな人が羨ましくてたまらないのですが、周りか...
自分大好き「性悪女」の生態 こんなトラブルメーカーに注意
 人付き合いに悩んでいる人の中には、“性悪女”の存在に苦しんでいるケースもあるでしょう。職場にひとりでも性悪女がいると、...
親の負担軽減「おむつサブスク」が神だった 2022.5.12(木)
 この4月から、下の子(1歳5カ月)を保育園に入れて職場復帰をすることになったのですが、上の子の時にはなかった「おむつの...
極レア三毛“たまたま”パワーにあやかろう!穏やかなお顔も◎
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「東京って物価高い」メンタルを削るデパ地下通いの義母LINE
 義母って不思議な存在ですよね。家族とはいえ、ぶっちゃけ「赤の他人」じゃないですか。お互い笑顔で過ごしていても、イマイチ...
水族館の新アイドル「フウセンウオ」に遭遇 2022.5.10(火)
 みなさんは「フウセンウオ」を見たことがありますか? 小さくて丸いカラダのお魚なのですが、最近では水族館の密かなアイドル...
浪費癖をやめたい…脱出法5つ、クレカの持ち方にヒントあり
 金銭感覚は人によってそれぞれで、お金の使い方は大きく違います。計画的に貯蓄を増やしている人がいる反面、節約ができずにな...
あなたは受け恋?追い恋? 5月9日~5月15日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...