今では私が彼を追いかけている…好きが“逆転”してしまう理由

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-02-13 06:00
投稿日:2021-02-13 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。好きだ愛していると追いかけられて一緒になったはずなのに、ふと気がつけば愛が逆転した状態。彼は追いかけてくれるどころか背を向けている……。昔のように自分とちゃんと向き合ってほしくて頑張りますが、なかなか思うようにならないものです。
 なぜ気持ちが逆転してしまうのかを知ることで、もやっとした不安感を少しでも取り除くことができるはずです。今回はふたりの安定期(倦怠期)において、どのように心を調整するべきかレクチャーしたいと思います。

男にとって結婚は人生の通過点

私のこと愛してる?(写真:iStock)
私のこと愛してる? (写真:iStock)

 結婚の表現の一つにゴールインという言葉がありますが、男性にとって結婚は人生の通過点なのです。

 満面の笑顔の新婦と、はにかんで緊張の面持ちの新郎。女性の意識はゴールインですが、男性にとって結婚とは家族を持つという責任を背負うわけです。

 男と女の温度差はここからすでにスタートしています。この差を冷静に考えると、結婚に慎重になるのはむしろ男性の方なのです。釣った魚に餌をやらないという言葉がありますが、そのように言われる男性は、一緒にいるだけで十分幸せだと満足して愛情表現が少なくなるので、女性は物足りなくなってしまうのです。

「私のこと本当に愛している?」これを可愛く甘えて言えているうちは大丈夫ですが、不安だからと何度も聞くようになれば要注意です。毎回そんな状態だと男性は正直うんざりしてくるものです。

 本来なら何度聞いても、ちゃんと「愛している」と言ってくれればいいのですが、日本の男性はそのあたりは期待できません。わかりやすい愛情表現が減ってくると、追いかけられていた女性ほど相手のことが気になり、立場が逆転していきます。そんな時はどーんと構えて気にしないことです。

 あなたが好きだから結婚したのですから。

夫の浮気で知った自分の気持ち

まさか夫が浮気だなんて(写真:iStock)
まさか夫が浮気だなんて (写真:iStock)

 浮気問題は専門の筆者ですが、この浮気バレから意外や意外。「夫が好きだと再認識しました」という妻たちは多いのです。専業主婦の美人妻A子さん(41)のケースをご紹介しましょう。

 4つ年上の夫はごく普通のサラリーマン。年収は500万円前後で貯金をしたら贅沢はできないので、お小遣いも3万円しか夫に渡していませんでした。

「主人は結婚してから老けましたし、お腹も出てきていたし、お金も持たせていないのに、実は浮気していたんです」と相談に来られました。

 結婚生活15年。もうすぐ中学生の一人娘さんがいらっしゃいました。

 A子さんは夜の生活が面倒くさくなり、あれこれ理由をつけて断るようになったのは3年前からでした。

 いびきをかいて眠る夫に性的な魅力は全く感じなくなり、むしろ誘われなくなって気楽だと生活スタイルが定着した時のことです。これぞ女の直感というものでしょうか。夕食を食べ終えた夫が台所に食器を運んできた時に、ふっと……なぜか女性の気配を感じたそうです。

山崎世美子
記事一覧
男女問題研究家
「平成の駆け込み寺」として、人間関係、男と女をテーマとし、さまざまな悩みを抱える相談者に的確なアドバイスを送り、心のケア・親身なカウンセリングで一躍人気者となる。TV、ラジオ、雑誌、さらに講演会などからも依頼が多数。いま最も注目されている専門家である。YouTube「せみこの恋愛大学」毎週水曜配信中。
公式HPブログInstagramTikTok

関連キーワード

ラブ 新着一覧


あなたは何のため? 女性が入籍・結婚を望む5つの理由を考えてみた
「大好きな人とずっと一緒に過ごしたいから」「子どもが欲しいから」などなど、結婚したい理由は人それぞれ。あなたが結婚したい...
恋バナ調査隊 2023-11-29 06:00 ラブ
男の「よく食べる人が好き」発言に裏ナシ? “食好き女”アピる前に読んで
「好きな女性のタイプは?」という質問に対して、「よく食べる女の子が好き!」と答える男性って結構いますよね。でも、その言葉...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
家事をしない夫への「プチ仕返し」私ばっかりしんどいの、おかしくね?
 男女平等が常識になってきた現代ですが、まだまだ男女の差は存在します。その差が特に顕著なのが家庭の中。夫婦共働きであるに...
恋バナ調査隊 2023-11-28 06:00 ラブ
現在イイ感じの彼に「過去の恋愛」どこまで話す? 許容範囲はどこ
 男女が距離を縮めていく中で、話題になりやすい内容といえば“過去の恋愛”。ですが、「どこまで話していいのか……」と、迷っ...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
「一生独身でいいかも…」推し活で満足する40代独女の心理とよぎる心配
 好きなキャラクターやアイドルなどを追いかけて応援する「推し活」。40代独女の中には最近では「推し活」だけで満足してしま...
恋バナ調査隊 2023-11-27 06:00 ラブ
スイカから保険金殺人に発展!? 夫が戦慄する妻の「ヒス構文」LINE3選
 皆さんは「ヒス構文」を知っていますか? 「ヒス構文」とは、お笑い芸人のラランドさんのネタから生まれた言葉で、ヒス...
彼の人間性を疑ったあり得えない4つの言動、不信感を抱いた感覚は大事に
 彼氏や夫の言動に「そんな人だったの?」と引いた経験はありませんか? 人間性を疑うほどの出来事があると、大好きだった彼へ...
恋バナ調査隊 2023-11-26 06:00 ラブ
「入籍は餞別みたいなもん」30男が非モテ系彼女とのケジメ婚に悩むウラ
「冷酷と激情のあいだvol.170〜女性編〜」では、交際2年目で同棲をしている恋人が、風俗通いや浮気をすることに悩む理奈...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
風俗に職場女性とねんごろ…それでも年下男と別れられない34歳女の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-11-25 06:00 ラブ
恋愛ライバルが少ない「出会いの穴場」は? おすすめの趣味&業界
 良い恋愛をするには、素敵な男性と出会う必要があります。でも、現実には素敵な男性は彼女がいたり、既婚者だったりとなかなか...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
別居中の夫と復縁する方法…3カ月以内ならあり?チェック方法&きっかけ
 夫婦関係がうまくいかなくなった時、すぐに離婚するのではなく一旦別居する夫婦は多いですよね。でも、いざ別居すると相手の存...
恋バナ調査隊 2023-11-24 06:00 ラブ
マッチングアプリの既婚者男性、真の目的と女性が騙されない有効策を聞く
 恋活系マッチングアプリといえば、ほとんどの人は独身男女が恋人を見つけるために使うものだと考えるでしょう。けれど、その中...
内藤みか 2023-11-23 06:00 ラブ
適齢期ではあったけど…私が「元彼と結婚しなかった理由」
 アラサー・アラフォーになると、結婚を視野に入れた恋愛をする人がほとんど。そのときに交際している彼がいたら、彼との結婚も...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ
今どきは普通かも? 自分から彼にプロポーズする3つのメリット&注意点
 同棲中の彼がなかなかプロポーズしてくれないと悩んでいる人は多いですよね。女性は、妊娠出産などもあるので年齢は気になると...
恋バナ調査隊 2023-11-23 06:00 ラブ
知ってた?“オモシレ―女”が恋愛対象にならない理由と脱却法
「いつも友達以上にはなれない」 「なんで私は、いつも“いい人”で終わるの?」  彼氏が欲しいと思っていても、恋愛...
若林杏樹 2023-11-22 06:00 ラブ
私は“女優”さんか?「彼氏に嫌われたくない病」がもたらす3つの問題
 大好きな彼氏には「嫌われたくない」と思いますよね。でもその意識が強くなりすぎると、ある問題が生じます。  あなたは彼...
恋バナ調査隊 2023-11-22 06:00 ラブ