彼がそっけない…男性の恋愛感情が薄れる5つの理由&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-20 06:00
投稿日:2021-03-20 06:00
 ある日突然、「彼の恋愛感情が薄れてしまったのでは……」と、不安に感じる女性は少なくありません。あんなに「好きだ」と言ってくれたのに、彼の気持ちは変わってしまったのでしょうか。この記事は、男性の恋愛感情の変化について、じっくり考えていきたいと思います。

男性の恋愛感情が薄れるのはなぜ? 5つの理由と対処法

最近、そっけないよね…(写真:iStock)
最近、そっけないよね… (写真:iStock)

 これまで仲良しだったのに、気づけば最近彼がそっけない……。そう感じるのであれば、もしかしたら、彼の恋愛感情が薄れているサインかもしれません。ケースバイケースですが、よくありがちな理由と対処法を5つご紹介します。

理由1:付き合いはじめた頃は盲目だった

 彼が“盲目的”な状態で付き合いをはじめると、途中で急にそっけなくなってしまう場合があります。おそらくはじめの頃、「彼女はきっとこんな人だろう♡」という理想で満たされていたのでしょう。

 しかし、いざお付き合いを始めると、彼の理想の彼女と本当の彼女との間にギャップが生まれてしまい、恋愛感情が薄れることに……。彼の思い込みが起因している場合もあるので、一度話し合い、今の気持ちを確認する必要がありそうです。

理由2:彼女の嫌な面を知ってしまい、受け入れられない

 お付き合いするにつれて相手の嫌な面を知ってしまうのも、男性の恋愛感情が薄れる理由の1つでしょう。

 女性が男性に不満を抱くことがあるように、当然、男性も女性に対して不満を抱くことがあります。家事の仕方や仕事への価値観が違っていたりなど、小さな「違い」が大きな軋轢の火種に。

 この違いがあまりに大きければ、男性がそのうちに疲れて受け入れられなくなってしまうことも。日頃からお互いの嫌な部分を冷静に打ち明けつつ、改善していく姿勢がベターではないでしょうか。

理由3:“新鮮なときめき”を感じなくなってしまった

 お付き合い当初に感じていた“新鮮なときめき”を、月日の経過で感じられなくなってしまうこともあります。当初は「彼女のことをもっと知りたい!」と思う気持ちがあった彼も、時間が経った今、彼女のいろいろな面を見て自然に興味が薄まってしまったのかもしれません。

 このような場合は、2人で遠くに旅行に行ったり、いつもは行かないイベントに行ったりして、非日常を体験するのが一番。あなたの新しい一面を知ることで、彼は当初の“新鮮なときめき”を思い出せるかもしれません。

理由4:いつの間にか惰性で付き合っている

 気づかないうちに、お付き合いが惰性の関係になっている可能性もあります。もともと恋愛感情はあったはずですが、いつからか「この子なら好きでいてくれるだろう」と、彼が愛される努力をしなくなってしまうことも。

 一般的に、“人はお世話してくれた人よりも、自分からお世話をした人を好きになる”とも言われています。あなたが彼に尽くしすぎていなかったか、振り返ってみましょう。そして、彼が「尽くしたい」と思ってくれるような関係を、再構築してみてもいいのかもしれません。

理由5:恋愛感情が家族愛に変化した

 長く付き合っているカップルによくあるのは、「恋愛感情」が「家族愛」に変化してしまうケース。本来は結婚後に発生するような感情ですが、長い交際期間に発生する場合も。これは自然な変化なので、彼が肯定的に捉えることができれば、結婚へのステップにつながるかもしれません。

 ただし、彼がときめきを大切にするタイプなら、「あなたへの恋愛感情が冷めてしまった……」と思い込んでいる可能性もあります。あなたから“将来”の話をほのめかして、彼を再びときめかせてみてはいかがでしょうか。

彼の恋愛感情がこれ以上冷めてしまう前にできること

ステップアップの過程なのかも(写真:iStock)
ステップアップの過程なのかも (写真:iStock)

 上記の理由を見て、これまであなただけが彼に尽くしていたり、彼はあなたに関心が無い素振りを見せたりと、関係性に無理はありませんでしたか? また、あなた自身の生活や価値観、言動で彼を悩ませたりしなかったでしょうか? 今からでも遅くはないので、心当たりがあるなら、改善してみましょう。

 また、彼から「冷めた」と言われたわけでないのであれば、あなたのモヤモヤを優しく彼に打ち明けてみるのも良いと思います。もしかしたら、彼が抱いている感情が「恋」から「愛」へ変化しているだけなのかもしれません。

恋愛感情が薄れる?「恋」と「愛」について

 パートナーの関係性には、いろいろな段階があります。両思いになってイチャイチャするような恋人同士の段階、お互いを知って認め合った夫婦の段階、いずれ老夫婦のように一緒にいてお互いホッとするような段階へ。期間はどうあれ、このような心境の変化は男女問わず、どのカップルにも訪れると言われています。

 彼とあなたがお互いに“家族愛”を感じているなら、もしかしたら2人の関係性を「恋人」から「夫婦」へステップアップするべき段階なのかも。「恋が愛へ進化したんだ」と肯定的に捉えることで、かけがえのないパートナーになれる可能性もあるでしょう。

恋愛感情の変化を受け入れつつベストな選択を

幸せなサプライズもあるかも(写真:iStock)
幸せなサプライズもあるかも (写真:iStock)

「彼の恋愛感情が薄れたのでは……」と疑ってしまった時、はじめはきっとショックですよね。ぜひこの記事を参考にしながら彼の気持ちの変化を受け入れ、自分の反省点を見つけたり、話し合ってみましょう。そして、今後あなたが幸せになれるような、ベストな選択につなげてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ