彼がそっけない…男性の恋愛感情が薄れる5つの理由&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-03-20 06:00
投稿日:2021-03-20 06:00
 ある日突然、「彼の恋愛感情が薄れてしまったのでは……」と、不安に感じる女性は少なくありません。あんなに「好きだ」と言ってくれたのに、彼の気持ちは変わってしまったのでしょうか。この記事は、男性の恋愛感情の変化について、じっくり考えていきたいと思います。

男性の恋愛感情が薄れるのはなぜ? 5つの理由と対処法

最近、そっけないよね…(写真:iStock)
最近、そっけないよね… (写真:iStock)

 これまで仲良しだったのに、気づけば最近彼がそっけない……。そう感じるのであれば、もしかしたら、彼の恋愛感情が薄れているサインかもしれません。ケースバイケースですが、よくありがちな理由と対処法を5つご紹介します。

理由1:付き合いはじめた頃は盲目だった

 彼が“盲目的”な状態で付き合いをはじめると、途中で急にそっけなくなってしまう場合があります。おそらくはじめの頃、「彼女はきっとこんな人だろう♡」という理想で満たされていたのでしょう。

 しかし、いざお付き合いを始めると、彼の理想の彼女と本当の彼女との間にギャップが生まれてしまい、恋愛感情が薄れることに……。彼の思い込みが起因している場合もあるので、一度話し合い、今の気持ちを確認する必要がありそうです。

理由2:彼女の嫌な面を知ってしまい、受け入れられない

 お付き合いするにつれて相手の嫌な面を知ってしまうのも、男性の恋愛感情が薄れる理由の1つでしょう。

 女性が男性に不満を抱くことがあるように、当然、男性も女性に対して不満を抱くことがあります。家事の仕方や仕事への価値観が違っていたりなど、小さな「違い」が大きな軋轢の火種に。

 この違いがあまりに大きければ、男性がそのうちに疲れて受け入れられなくなってしまうことも。日頃からお互いの嫌な部分を冷静に打ち明けつつ、改善していく姿勢がベターではないでしょうか。

理由3:“新鮮なときめき”を感じなくなってしまった

 お付き合い当初に感じていた“新鮮なときめき”を、月日の経過で感じられなくなってしまうこともあります。当初は「彼女のことをもっと知りたい!」と思う気持ちがあった彼も、時間が経った今、彼女のいろいろな面を見て自然に興味が薄まってしまったのかもしれません。

 このような場合は、2人で遠くに旅行に行ったり、いつもは行かないイベントに行ったりして、非日常を体験するのが一番。あなたの新しい一面を知ることで、彼は当初の“新鮮なときめき”を思い出せるかもしれません。

理由4:いつの間にか惰性で付き合っている

 気づかないうちに、お付き合いが惰性の関係になっている可能性もあります。もともと恋愛感情はあったはずですが、いつからか「この子なら好きでいてくれるだろう」と、彼が愛される努力をしなくなってしまうことも。

 一般的に、“人はお世話してくれた人よりも、自分からお世話をした人を好きになる”とも言われています。あなたが彼に尽くしすぎていなかったか、振り返ってみましょう。そして、彼が「尽くしたい」と思ってくれるような関係を、再構築してみてもいいのかもしれません。

理由5:恋愛感情が家族愛に変化した

 長く付き合っているカップルによくあるのは、「恋愛感情」が「家族愛」に変化してしまうケース。本来は結婚後に発生するような感情ですが、長い交際期間に発生する場合も。これは自然な変化なので、彼が肯定的に捉えることができれば、結婚へのステップにつながるかもしれません。

 ただし、彼がときめきを大切にするタイプなら、「あなたへの恋愛感情が冷めてしまった……」と思い込んでいる可能性もあります。あなたから“将来”の話をほのめかして、彼を再びときめかせてみてはいかがでしょうか。

彼の恋愛感情がこれ以上冷めてしまう前にできること

ステップアップの過程なのかも(写真:iStock)
ステップアップの過程なのかも (写真:iStock)

 上記の理由を見て、これまであなただけが彼に尽くしていたり、彼はあなたに関心が無い素振りを見せたりと、関係性に無理はありませんでしたか? また、あなた自身の生活や価値観、言動で彼を悩ませたりしなかったでしょうか? 今からでも遅くはないので、心当たりがあるなら、改善してみましょう。

 また、彼から「冷めた」と言われたわけでないのであれば、あなたのモヤモヤを優しく彼に打ち明けてみるのも良いと思います。もしかしたら、彼が抱いている感情が「恋」から「愛」へ変化しているだけなのかもしれません。

恋愛感情が薄れる?「恋」と「愛」について

 パートナーの関係性には、いろいろな段階があります。両思いになってイチャイチャするような恋人同士の段階、お互いを知って認め合った夫婦の段階、いずれ老夫婦のように一緒にいてお互いホッとするような段階へ。期間はどうあれ、このような心境の変化は男女問わず、どのカップルにも訪れると言われています。

 彼とあなたがお互いに“家族愛”を感じているなら、もしかしたら2人の関係性を「恋人」から「夫婦」へステップアップするべき段階なのかも。「恋が愛へ進化したんだ」と肯定的に捉えることで、かけがえのないパートナーになれる可能性もあるでしょう。

恋愛感情の変化を受け入れつつベストな選択を

幸せなサプライズもあるかも(写真:iStock)
幸せなサプライズもあるかも (写真:iStock)

「彼の恋愛感情が薄れたのでは……」と疑ってしまった時、はじめはきっとショックですよね。ぜひこの記事を参考にしながら彼の気持ちの変化を受け入れ、自分の反省点を見つけたり、話し合ってみましょう。そして、今後あなたが幸せになれるような、ベストな選択につなげてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ